TOP

電話

'

タグアーカイブ: しみる

患者さん日記:歯がしみる

東京都 杉並区

30代男性:知覚過敏

右上の奥のあたりの歯がしみるので、むし歯かと思い、歯をできるだけ削らない治療を調べて、まうな歯科医院のホームページをみて来院されました。

調べてみると上の歯の奥から3番目と4番目の歯が2本強くしみていました。

お掃除をしてきれいにプラークを取り除き、精査してみたところ、虫歯はありませんでした。歯ぐきの際の、根っこが露出したところだけが、強くしみる知覚過敏の症状でした。

i02-1-5知覚過敏:歯ぐきが下がって、歯の根の部分がでると、エナメル質がなく、象牙質が露出します。象牙質には象牙細管という細い目には見えない管が多数あり、その細い管を伝って刺激が神経に行き、痛みを感じてしまう症状です。歯の根っこが出たときには、象牙細管が開いているので、かなりしみる場合もあります。冷水、温水の刺激のほか、歯ブラシがあたった刺激でも痛みを感じることがあります。

治療法:まずは、しみ止めがよく効きます。

しみる

象牙細管にふたをして、刺激が伝りにくくする塗り薬を塗ると、しみなくなる方も結構いらっしゃいます。最近新しい薬が出てからよく効くようになりました。

東京都杉並区荻窪南口まうな歯科医院/まうな歯科医院/知覚過敏/まうな歯科医院/しみる/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:しみる

荻窪のまうな歯科医院 患者さん日記:全体がしみる。

寒い季節になると、口の中、全体がしみる感じがしてくるとのことで、歯周病も心配で、ご主人の紹介で、荻窪で歯周病治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、全体的に歯石やプラークがついており、歯茎の腫れもみられました。虫歯が出来ていて、しみる場合もありますが、プラークがついているとしみることもあります。虫歯が無くてしみる知覚過敏の可能性もあります。

プラーク(歯垢)や歯石がついていると、虫歯が隠れてしまって見えない場合がありますので、はのクリーニングをして、歯をきれいにして、虫歯がかくれていないか確認します。虫歯が無いのにしみている場合は、プラークが原因の場合があります。プラークが原因の場合は、クリーニング後、不思議としみなくなります。プラークは、ばい菌のかたまりですので、砂糖がくると、酸を出し、しみることがあります。

知覚過敏は、歯のエナメル質の下の象牙質が露出している場合に、虫歯と思うくらい、キーンときつくしみることもあります。知覚過敏の処置で、薬でコーティングすることでしみなくなることが多いです。しみるのが強い場合は、白い詰め物で、詰める方法もあります。

知覚過敏についてはこちらをご覧ください

歯周病の予防は、定期的なクリーニングを行い、、歯ぐきの下に歯石がたまっている場合は、歯肉縁下という歯ぐきの中の歯石をとる歯周病治療を行います。

知覚過敏/まうな歯科医院

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:下の奥歯がしみる

まうな歯科医院 患者さん日記:下の奥歯がしみて痛い

旦那さんのご紹介で、荻窪にあるまうな歯科医院に来院されました。

下の奥歯が右も左もひどくしみて、食べ物を食べても痛いそうです。

お口の中を拝見してみますと、右下奥から2番目の頬側に、虫歯がありました。左側には虫歯がみられませんでしたが、楔上(くさびじょう)欠損といい、歯のエナメル質がすり減り、象牙質が露出している歯が複数みられました。楔上欠損は、知覚過敏の原因にもなり、非常に強い痛みを感じることもあります。

右下の奥から2番目の歯は、虫歯治療をすることになりました。頬側の虫歯を取りのぞき、歯と同じ白い色の詰め物でつめて、1回で終わる治療でした。

左下は、歯のすり減りによる、知覚過敏でしたので、知覚過敏の薬を塗る知覚過敏の治療をしてから、楔上の欠損部、凹んだところに、白い詰め物をつめることになりました。

白い詰め物には、色と耐久性に優れた詰め物が選べます。

知覚過敏の治療は、比較的回数も少なく、歯を削らない治療で簡単に済む上、痛みが治まり、つらいしみから開放されます。我慢しないで、早めの来院をおすすめします。

虫歯があれば、治療しますし、知覚過敏でしたら、しみ止めの薬を塗ったり、コーティングしたりする 知覚過敏の治療をします。

荻窪まうな歯科医院/知覚過敏

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右上奥歯、アイスがしみる

まうな歯科医院 患者さん日記:アイスを食べたところ、右上の奥歯がキーンとしみてしまい、荻窪駅前にある歯医者を検索して、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右上の奥から3番目の歯の歯茎が下がって、歯の根の部分が見えていました。その歯には銀歯が入っていました。銀歯は見たところ、隙間や穴は見られませんでした。レントゲン写真で異常がなく、風をかけたところ、銀歯のところはしみませんでした。頬側の歯の根が出ているところに風をかけると、強い痛みがあり、しみました。虫歯ではないところがしみており、知覚過敏が認められました。知覚過敏は、歯の根のところの象牙質が露出することにより、つよいしみが出現し、知覚過敏の処置で、しみるのが治ります。虫歯が原因の場合は、知覚過敏の治療をしてもおさまりません。

歯の根の部分には、エナメル質がないため、象牙質が露出します。象牙質が露出すると、目には見えない細かい管である象牙細管が露出し、その管を伝って、冷たい刺激が神経に伝わり、猛烈にしみる場合があります。あまりひどくしみるので、虫歯だと思って来院される方が多くおられます。冷たいものが飲めなくなったり、アイスが食べられなくなったりします。象牙細管にふたをするしみ止めの薬を塗ると楽になります。

最近は、よく効く しみ止めの薬 が出ましたので、知覚過敏のしみ止め処置だけで、しみなくなる方もおられます。知覚過敏の治療後は、すぐご飲食できます。しみるのはましになりますが、まだしみが残っている方には、さらに、白い詰め物を貼り付けるように、歯は削らずにつめるだけで、さらにしみ止め効果が期待できます。知覚過敏の治療をすることで、最近は神経をとらずにすんでいます。

知覚過敏についてはこちらをご覧ください。

荻窪まうな歯科医院/知覚過敏/キーンとアイスがしみる

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:左上の親知らずがしみて痛い

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がしみると、痛くない歯科治療を行っているまうな歯科医院を家族に調べてもらって来院されました。一昨日から左上の歯が冷たい水を飲むとひどくしみるようになり、時々ズキズキ痛みがあるそうです。レントゲンで検査したところ、左下の親知らずに虫歯がみつかりました。親知らずとその手前の歯の間に風を当てると、ジーンと痛みました。手前の歯は、痛みがありませんでした。今回の痛みは親知らずが原因と分かりました。下の親知らずは無く、かみ合っていませんでしたし、虫歯の大きさが大きかったので、抜歯を希望されました。

親知らずの虫歯治療はこちらから。

痛みがあったので、早めに親知らずを抜くことになりました。上の親知らずで、まっすぐ生えていましたので、麻酔をしてまうな歯科医院で抜歯しました。麻酔が終わると、親知らずがすぐ抜けたのでびっくりされました。

抜歯後は、薬を入れ、滅菌したガーゼをかんで圧迫して止血します。

<抜歯後の注意>

当日はできるだけうがいをしないことです。うがいをすると血のかたまり、かさぶたがとれて、また血が出ます。抜いた歯と同じ大きさの穴があり、そこが血で満たされ、血が骨に代わって治っていきますが、うがいで血を全部洗い流してしまうと、痛みが出たり(ドライソケット)、治りが悪かったりします。当日は極力うがいをしない方がいいです。歯ブラシの時に1回だけとかいつもの回数なら大丈夫です。血が出た時は、うがいをするのではなく、抜いたところにガーゼがティッシュをギュッとあてて30分しっかりかんでください。ガーゼを外した時にうがいをするとまた血が出ますので、血が出ている時はうがいをしないでください。

血行がよくなると血が出やすくなるので、激しい運動、お酒、熱いお風呂に長くつかるのはさけたほうがいいです。シャワーやさっと入るくらいなら大丈夫です。

麻酔が効いていて感覚がありませんので、熱い物でやけどしないよう、ほほや唇をかまないように注意してください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯がうがいでしみる

まうな歯科医院 患者さん日記:歯が全体的にしみるようになった。

歯がしみてしまい、水道の水でうがいがつらいとのことで、しみるのを治す治療を、できるだけ歯を削らずに行っているまうな歯科医院を調べて、来院されました。

お口の中を拝見してみますと、歯の根の部分が露出して、しみやすそうなところが複数みられました。歯茎が下がると、歯の下の方、歯の根がみえて、象牙質が露出してしまい、ひどくしみる場合もあります。

全体にしみるとのことですが、実際に、どの歯がしみているのかを、診査して、記録していきます。虫歯は無く、知覚過敏でしみていました。しみている歯には、よく効くしみ止めを塗布し、光を照射します。このしみ止めは、治療後、すぐに食事できるタイプです。しみるのが1回で治ることもありますし、ひどいしみの場合も、しみるのが弱くなり楽になります。しみ止めでもしみる場合は、樹脂(プラスチック素材)を塗ったり、つめたりします。これらの治療は、象牙質にある象牙細管というしみている原因になっている目には見えない細い管を封鎖しています。

しみ止めについて詳しくみる>>

歯茎が下がる原因は?

1、歯ブラシが強い

2、食いしばりが強い

3、年齢とともに、少しづつ、歯茎が退縮する

4、歯周病で、歯の周りの骨が減り、その後、歯茎が下がった。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:舌の口内炎が痛い

まうな歯科医院 患者さん日記:舌の先に直径8mm程の大きな口内炎ができてしまい、痛くて食べるのもつらい状態で、口内炎の治療をしている歯科医院を検索して、来院されました。まうな歯科医院がレーザー治療を行っていることなども調べて来られました。

3日前に舌をかんでしまい、その後、口内炎が出きて、大きくなってしまいました。

自然に治ることもありますが、舌にできた口内炎は、小さいものでも、チクチクと強い痛みがあります。我慢せず、早めに受診して楽になってください。

口内炎によく効く薬を塗りました。この薬だけでも、

次の日には、半分くらいになり かなり楽になります。即効性があり、塗った時から痛みが軽減します。ご希望により、レーザーも当てます。つらい方には、さらに、塗り薬を上から塗り、家でもつけられる口内炎用の塗り薬を処方します。口の中に塗り薬をつけてもすぐ取れてしまうので、あまりお口を動かさない「寝る前」にしっかりぬるのがおすすめです。濡れていると取れやすいので、水分をふき取るなどして、綿棒等で、塗り薬をつけると、留まりやすいです。

口内炎の症例はこちら>>

東京都杉並区荻窪南口まうな歯科医院/荻窪の歯医者/口内炎

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左下奥歯がしみて痛い‼

まうな歯科医院 患者さん日記:50代男性

左下奥歯が朝起きた時、うがいをしようとすると、とても しみて痛く、しばらく動けなかったそうです。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯は、銀歯が入れてあり、一番奥の歯は、かけていました。風をかけて確認しましたが、あまりしみませんでした。水をかけてみましたが、やはり、あまりしみませんでした。超音波の機械で、水を出しながら掃除してみましたが、しみません。今朝、あんなにひどくしみたのに、今はそうでもないのです。歯の頬側の歯と歯茎の際のあたりに、歯が削れてくびれ(楔上の欠損)がみられました。

かみ合わせを調べ、ギューと強くかんで、ぎりぎりしていただくと、かみ合わせが強く、かみ合わせを調べる紙はすぐ破れてしまいました。何回か、ギューっと強くかんでいただいた後、水がかかると、「しみる!今朝の痛みは、これです!」と言われました。ジーンとしみてきたそうです。食いしばりにより、しみる方はよくおられるのですが、その場で、強くかんだだけで、しみ始めました。朝起きた時は、夜間の無意識の食いしばりや、歯ぎしり等がある可能性が大きいので、くいしばりにより、歯がしみていたと思われます。無意識ですので、夜寝るときに装着するマウスピース(ナイトガード)が有効です。

歯の際が削れてへこんでいるときは、しみ止めの薬や、歯を削ることなく、白い詰め物をつめることもできます。

マウスピースについては こちら>>

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯がしみる

まうな歯科医院 患者さん日記:83歳 女性

以前より歯があちこちしみていて、自宅からバスで通える歯科医院を探して、荻窪の駅前にある まうな歯科医院に来院されました。

右下の歯と、左下の歯と、左上の歯がしみるとのことで、お口の中を拝見してみますと、歯ぐきが下がって、歯の根の部分が露出しているため、しみやすい状態でした。年齢の割には、ほとんどずべての歯が残っており、歯周病で抜かなければならない歯もなく、長年、非常にいい状態を保っていると思われました。少し歯ぐきが下がって、根が露出したために、多数の歯が知覚過敏になっている状態でした。

歯ぐきは加齢で年齢とともに少しは下がるのですが、その他に歯ぐきが下がる原因は、3つあります。

①強い歯ブラシや、硬い歯ブラシ、広がった歯ブラシなどで歯ぐきが傷ついてさがる

②歯周病で歯の周りの骨が溶けたため歯ぐきも下がる

③強すぎるかみ合わせの応力が歯のくびれた部分にかかり、歯ぐきが下がる。

歯の根が出てきますと、象牙質が露出し、象牙細管という細い管を冷たい水などの刺激が伝わり、かなり強くしみることもあります。

しみ止めを塗りますと、露出した象牙細管を封鎖し、しみにくくなります。

知覚過敏についてはこちらから>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:右下の歯がしみる

右下の歯を磨くと、歯ブラシがあっただけで、ピリッとして痛い歯が1本あるとのことで、「まうな歯科医院に行ってみたらすぐしみるのがなおった」と、友達のご紹介で来院されました。

虫歯ではないかと心配されていました。

お口の中を拝見してみますと、右下の歯ぐきが下がって、歯の根の部分が露出していました。プラーク(歯の汚れ)がついていましたが、むし歯にはなっていませんでした。歯の根の部分には、エナメル質がないので、エナメル質の内側にある象牙質が露出し、象牙細管という目には見えない細い管がたくさんあり、その管から神経に刺激が伝わり、強い痛みを感じます。むし歯ではないのですが、知覚過敏はかなり痛い場合もあり、むし歯かと思って来院されます。放置すると、神経が過敏になったり、むし歯になりやすくなったりするので、しみ止めや、コーティングなどの処置で歯の根を保護します。

虫歯ではないのに、根が露出して触れるとピリッとくる知覚過敏の症状でした。

歯の根の部分が見えると、茶色い色なので、歯が黄ばんで見えるため、前歯の根元が黄色く見えてしまい、白いつめもので露出した根をカバーすると、歯も白くすっきりみえ、しみるのも防止できます。

知覚過敏についてはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約