TOP

電話

小児歯科

お母さんへのメッセージ

キッズコーナー、化粧室にはベビーキープを備え付けてあります。
お母さんの治療の時も、是非お子さんと一緒にいらしてください。お子さんと一緒に治療することもできます。

お子さんの治療で注意すること、
トレーニング

当院では、小児歯科の専門医院で行っている練習方法を採用しているので、
生まれて初めての治療でも楽しくできるようになります。

将来のことを考えると、歯科恐怖症になってはいいことはありません。

焦らず、だんだん慣れていって、少しづつ一人一人のペースに合わせて診療を進めていきますのでご安心ください。
フッ素塗布やシーラント充填を活用し、歯の表面を強化し、お子様の大切な歯を虫歯菌から守ります。

虫歯菌の感染について

ご両親のお口の状態が悪いと、菌数が多くなりがちで、お子様への感染のリスクが高まります。最近治療してない方は、健診を受けてみて下さい。歯のクリーニングでも、菌数は減ります。

乳幼児の歯科検診、
染め出しについて

上手く磨けない部分を知っていただくため、必要に応じ、歯の汚れを染めだし、歯磨きの上達を促します。
お子様の歯は、成人に比べ虫歯の進行が早いです。
定期健診で、早期発見することにより、大げさな治療になる前に 痛みのない簡単な治療ですみ、ご負担が減ります。

フッ素は歯の再石灰化作用を促進し、
むし歯菌の働きを抑制します。

歯の主成分ハイドロキシアパタイトは、
フッ素を取り込みフルオロアパタイトになることで
耐酸性が増し、 むし歯になりにくい強い歯になります。

フッ素の開始時期

開始時期は、1歳半頃からです。
歯科医院で年に2~3回程度高濃度フッ素を塗布すると虫歯予防に効果的です。

シーラント

奥歯の深い溝には、歯ブラシの届かない不潔域があります。このため奥歯の溝の深いところから虫歯が始まりやすいです。虫歯予防のため深い溝を埋め、フッ素コーティングするのが、シーラント処置です。

子供のための歯みがき>> 

メール相談・予約