TOP

電話

根管治療

歯の根の治療(神経の治療)

根の先に膿が溜まり、神経が死に腐ってしまった場合は、根の細い管の中がきれいになるまで薬で消毒しながら掃除します。膿が止まるまでの回数は個人差があり、最も時間がかかることが多い歯科治療です。

神経が生きている場合、もしくは根の先に膿がない場合の根の治療は、2,3回で終わることが多く、治療の予後も良好な場合がほとんどです。

しかし、治療を中断してしまった場合は、根の先に膿が沢山溜まってしまったり、仮の詰め物がとれて長期間放置すると、歯の中心部から虫歯が進み、歯を抜かなければならないことも見受けられます。

根の治療の中断だけは、せっかく歯を残す根の治療ですが、残せなくなるリスクが伴いますので、注意していただきたいです。来院できなくなるときは、必ず担当医に伝えてください。
私たちは、歯を残すために治療しているのです。

メール相談・予約