TOP

電話

神経を残す治療

神経を残す治療 ~Save Pulp療法~

神経まで達する深い虫歯は
通常神経をとりますが、
3Mixを使用し、神経を残す治療です。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法を使うと、神経を抜かないで済む確立が高くなります。

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに神経を残せる確立が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

※ 適応がありますので、 詳しくはご来院時におたずね下さい。

3種類の抗生物質を
混ぜて使用する治療法(3Mix法)

虫歯の菌は、多数の菌の集まりで、歯垢1ミリ中に何億も棲息すると言われており、それらを淘汰するため、複数の抗生物質を使用します。

メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロキサシンという3種類の抗生物質を混ぜて使用する治療法(3Mix法)です。

3Mixは、お口の中の全ての細菌を淘汰させる効果があると言われています。

3Mix法は、虫歯菌に効果的に効き、虫歯菌に侵された歯の象牙質の再石灰化を促します。

虫歯が大きく、虫歯を全て取ると神経が出てしまう時、特殊なお薬を使って殺菌し、神経を保護し、新たな象牙質ができるのを待って治療します。

3Mix法の特徴

*3Mix法は必要以上に歯を削らないので、あまり痛みを感じにくいです。

*3Mix法は、抗菌剤で患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が増します。

*3Mix法は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質を抗菌剤で殺菌することにより、象牙質を再石灰化する可能性が高いです。

メール相談・予約