TOP

電話

カテゴリ: まうな歯科医院 患者さん日記

来院された患者さんの日記です。

患者さん日記:歯の色が変わった

まうな歯科医院の患者さん日記: 歯がオレンジ色になった。 小学校5年生

前歯がオレンジ色になって、茶色もついてしまったのが気になり、歯の磨き方も分からないので教えてほしいとのことで、予防歯科のホームページを見てお母さんと、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、上の前歯6本の歯ぐきの際のところがオレンジ色になっていました。お茶などの着色もつき、下の方は茶色くなっていました。

新しい歯ブラシの好きな色を選んでいただき、まず、上の前歯の磨き方を指導しました。自分で歯ブラシを当ててみると、なんとオレンジ色は、自分で落とすことができました。いままで自分では取れなかったのですが、きちんと歯に当てられるようになると、オレンジ色は取れました。

お茶などに着色は、歯ブラシでは落とせないので、歯科医院の回転する専用ブラシで磨くと、もともとのきれいな白い歯に戻りました。標準の歯の色より白い、きれいな歯でした。その後、クリーニングをして、プラーク、歯石を取り除きました。クリーニングをすると、汚れの下から、虫歯が発見されました。左上の奥歯の内側にある小さい虫歯でしたので、白い詰め物で、1回で詰めました。

最後に、歯ブラシは差し上げています。

クリーニングについてはこちら>>

荻窪南口まうな歯科医院クリーニング/小学生/歯みがきの仕方/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯を抜きたくない

患者さん日記:40代 男性 歯を抜きなくない

数か月の間、複数の歯科医院で、歯を抜歯しなければならないと言われ、歯をできるだけ抜かない歯医者を検索して、まうな歯科医院に来院されました。

親知らずの他、臼歯も何本も抜歯しなければならないと言われたとのことでした。

重度歯周病の末期やむし歯で土台が立たないくらい小さくなってしまった歯は、修理不可能という意味で治療できず、抜かなければならない場合もあります。神経の治療をして、むし歯をとって残せる場合もあります。

歯ぐきより下になっている小さい歯は、基本的には通常抜歯の適応ですが、歯ぐきの下の歯を出して、土台がきちんと立てられれば、残せる場合があります。あまりにも小さい歯は、取れやすいのでリスクがあり、隣りの歯とつながなければならない場合があります。

抜かなければならないと言われた歯のうち、2本は抜歯がやむおえないむし歯でした。1本の親知らずは、まっすぐに生えており、むし歯もなく、すぐに抜歯しなくても保存可能と診断されました。ひどい虫歯の歯が、むし歯を取ってみて、ある程度、歯が残れば、土台を立てて、かぶせることが可能であると判断されました。

歯をできるだけ残す治療はこちらをご覧ください。

東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F荻窪まうな歯科医院/歯を抜きなくない/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

荻窪患者さん日記:左上と右上のつめものがとれた

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上と右上の詰め物がとれた (48歳女性)

左上の詰め物が取れてしまい、女医さんで検索して、ホームページを見て、歯科医師が全員女医さんのまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の一番奥の詰め物がとれていました。右上の詰め物も、2か月前にとれたままになっていたそうです。

左上の歯は、黒くなり虫歯になっていましたので、麻酔をして、型を取り、新しく詰め物をつくることになりました。神経を残す治療をご希望されていました。この歯の虫歯は、大きくなく、神経に達していませんでしたので、神経を残すことができました。

できるだけ歯を残す治療はこちらから。

右上のつめものが取れた歯の手前の歯は、抜いて無くなっていました。抜いたところに、以前入れ歯を入れたのですが、取り外しが面倒になり、使わなくなり入れ歯は無くしてしまったそうです。

無くなっている歯の両隣りの歯は、詰め物が入っていて、既に削ってある歯でしたので、詰め物を外して、型を取ることで、入れ歯ではなく、歯に固定するタイプのブリッジを装着することになりました。ブリッジは、入れ歯に比べ、違和感がなく、自分の歯のようにかめます。取り外す必要もありません。

痛くない麻酔等の無痛治療を心がけております。

ウェルデンツについてはこちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:左の唇の角が切れて治らない

 

東京 荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左の唇の角が切れて治らない。50代女性

左の唇の角が切れて痛く、1か月治らないので、荻窪南口駅前にあるまうな歯科医院に来院されました。

お口を拝見してみますと、左の唇の角の部分が切れて、かさぶたになり、また口を開けると切れてしまい、痛い状態になっていました。これは、口角炎です。ビタミンBの不足も原因の一つですが、炎症がいつまでも続くとつらいものです。疲れがたまった時や、乾燥する冬にもよくみられます。専用の薬を塗って、早く楽にします。時々、薬をつけると早くよくなります。あまり大きな口を開けないようにし、手で触らないようにして安静にします。炎症を抑え、傷の治りをよくします。

つらい、口内炎や口角炎は、早めに、歯科医院を受診することをお勧めします。

口内炎の治療はこちらから

口内炎や口角炎は自然に治ってしまうこともありますが、なかなか治らないときもあります。我慢せず受診して、薬を塗ってもらってください。休養が必要なサインでもあることもあります。ゆっくり休んで、ビタミンBの錠剤(チョコラBB®)の服用も併用するのもいいですし、できれば栄養と睡眠を十分にとれるといいです。

まうな歯科医院の症例集はこちら

よくある質問Q&A

トップページへ

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:左上の奥歯が時々腫れる

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の奥歯の内側の歯ぐきが、時々腫れて、腫れた時は歯みがきをすると痛いとのことで、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥歯には、金属のかぶせ物が入っていました。確かに内側の歯茎は、ぶよぶよとした感じで、最近腫れたあとがありました。

レントゲン検査をしてみますと、この歯は過去に神経の治療がしてあり、神経のない歯でしたが、根の先に黒い影がうつっており、根の先の骨が吸収してなくなっているため、膿がたまっている可能性がありました。根の先の膿が歯茎に出てくると、豆のように、膿の出口ができて、歯茎が腫れることがあります。その場合は、根の治療をやり治す根の再治療が必要になります。根の中の細い管を全て消毒して、感染源を除去することで、症状が改善します。根の形は複雑なため、このように、神経を取った後、歯茎から膿が出てくることもあります。根の再治療は膿がなくなるまで続けるため、何回かかかります。一度根の治療をしているのに、うまくいかなかった歯であるため、治療は困難なこともありますが、うまく膿がとまりますと根の治療が完了し、またかぶせます。

根の治療の症例はこちらから。

まうな歯科医院/根の治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記

患者さん日記:前歯に茶色いものがついてとれない

 

前歯に茶色い物が付着して、歯ブラシをしてもとれないと、クリーニング検診を行っている荻窪の歯医者を検索して、荻窪駅前南口まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、前歯のまん中の歯の両わきとその隣の歯の側面が茶色くなっていました。前歯の茶色いものとしては、次のものが考えられます。

①着色(コーヒー、紅茶、烏龍茶、赤ワイン、緑茶)

②古い詰め物の変色

③古い詰め物と歯の間の色素沈着

④虫歯

⑤歯石

クリーニングしても取れなければ、歯科医院での詰め物で改善することが多いです。

着色除去

 

歯の検診をしてから、まずは、クリーニングをすることになりました。

細かなパウダーの水流で歯ブラシではとれない着色を落としました。ジェット水流は、エナメル質を傷つけることのない最新式の優しいものを採用しております。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶などの茶しぶや色素がとれるので、全体に黄ばみ色素がついている場合は、本来のご自分の歯の白さに戻ります。

茶色い点がついていると、全体に濃い色に見えてしまい、一点の茶色がなくなるだけでも、すっきり清潔感のある歯にみえることがよくあります。

クリーニングについてはこちらから

それよりさらに白くしたいときは、薬液を使用するホワイトニングが適応になります。

ホワイトニングについてはこちらから

虫歯のチェックをすると、レントゲン検査で歯と歯の間の虫歯がみつかり、その歯1本は治療することになりました。歯と歯の間の虫歯は、直接見えないところから発生するので、分かりずらいのですが、神経まで達していないので、神経は保存することができ詰めるだけですみました。

前歯の白い詰め物は1回で簡単にできるものもあります。アステリア

アステリアは、色と耐久性に優れた詰め物です。アステリアについてはこちらから。

③の古い詰め物は、研磨するだけできれいになる場合も結構あります。研磨しても茶色が入り込んでいるときは、表面を詰めなおし白くします。簡単に白い歯に戻せる場合も多いですから、茶色い前歯で我慢しないでください。

症例集はこちらから

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

Q&Aよくある質問はこちらから

荻窪南口徒歩1分まうな歯科医院

トップページへ

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯を白くしたい

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:歯を今よりも白くしたいと思い、定期健診に通っているまうな歯科医院に相談しました。写真をとると、まん中の歯が黒く見え、周りにいる人の歯は皆白くて、きれいで、自分だけ、黒っぽい歯に見えました。写真の中で、自分だけ黒っぽい歯なのが、気になり、周りの人たちのように、もっと白い歯にならないだろうかと思いました。

まうな歯科医院の歯科衛生士さんに相談したところ、ホワイトニングで歯が今の自分の歯の色より白くなると聞きました。クリーニングすると、自分の本来の白さになります。さらに白くしたいときは、歯科医院専用のホームホワイトニングで、もともとの白さより、さらに白くなる場合があります。

ホームホワイトニングは簡単で、型をとり、次の来院時に、トレーとホワイトニング専用ジェルをお渡しします。ジェルを入れたトレーを夜にはめておけば、徐々に歯の色が明るくなります。白くなり方には個人差がありますが、1段階明るくなる人、2段階、3段階と色が明るくなる人もいます。ホワイトニングしたことがある人は、歯が通常より白いので、分かることがあります。

今回、荻窪まうな歯科医院のホームホワイトニングを試してみることになり、上と下の歯の型を取りました。海外の方は皆、歯が白く、集合写真で、黄色く見える歯にコンプレックスを持っていたのが、ホワイトニングをして、自信を持って笑顔で集合写真に写れるようになったビジネスマンもいます。

まうな歯科医院のホワイトニング/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

荻窪患者さん日記:歯を抜きたくない

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:歯を抜きたくない。

右下の一番奥の歯が、腫れて、近所の歯科医院に行ったところ、抜歯して、インプラントか、両側の歯を削ってブリッジにするしかないと言われ、できるだけ歯を残す治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右下の一番奥の歯に、金属のかぶせ物が入っていました。

レントゲン検査では、根の周りの、親知らずとの間、奥の方の骨がとけてなくなっていました。歯の周りに膿があり、歯の奥の方の骨が吸収してなくなっている状態でした。このままでは、歯の保存は難しい状態でした。かぶせを外して、根の中を消毒して、掃除する根の治療を行います。根の治療は、歯を残すための保存治療です。途中で中断すると、深いところから虫歯になったり、難治性の細菌が入り込んだりして抜歯になることもありますので、通える時にやるほうが良いです。根の治療は膿が止まるまで消毒と、清掃を繰り返します。膿がとまれば、早く終わることもあります。歯により、数回から、3か月くらいかかることもあります。

根の治療をして、歯がある程度の大きさがあれば、歯を保存することができる場合があります。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

根の治療の症例はこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:詰め物がとれたままになっている

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左下の詰め物が1年前にとれたままになっていて、旦那様の紹介でまうな歯科医院に来院されました。

右上の歯もかむと痛かったそうです。詰め物がとれた頃に、旦那様が骨折して、自分が歯科医院に行く余裕がなくなり、放置してしまったとのことでした。

お口の中を拝見してみますと、右上の一番奥の詰め物がとれて、黒くなっていました。取れたものは無くなっていました。右上の奥から4番目の歯は、たたくと響いて、痛みがありました。レントゲンで検査してみますと、右上の一番奥の歯は、虫歯になっていましたが、神経まで達していないため、神経は残せる可能性が高い歯で、型を取り、詰め物を作って治せそうでした。

右上の歯は、割れてしまっているため、抜歯の適応でした。歯茎が時々腫れ、膿が出ていて気になる状態でした。抜歯して、その後は、できるだけ他の歯を削らない方法をご希望されました。インプラントは、手術が必要です。ブリッジは簡単にできますが、前後の歯を削らなければならないのが欠点です。前後の歯が、すでにかぶせてある場合は、ブリッジが適応となります。前後のかぶせを外してまた被せなおすだけで、新たに歯を削らないので、問題になりにくいです。ブリッジにする時に、前後の歯の神経を残したままかぶせることもできますが、前後が2本とも天然歯の場合は、抵抗があります。

削らないブリッジと言われているウェルデンツは、取り外しのブリッジで、入れ歯との相違点は、ピンクの床の部分がない分、コンパクトであることと、外した時の見た目が、入れ歯ではなく、白い物です。小さい分、違和感も少ないです。一番後ろに歯がないと、できないので、中間部にある奥歯が1本だけない時や、単独の先天性永久歯欠損(永久歯が1本生えなかった)時に、喜ばれます。

ウェルデンツは、歯を削らず、手術もないので、後戻りのできる治療です。将来、治療の変更が可能です。迷っているときに、歯が倒れこんでこないよう、とりあえず入れて置き、いつか、インプラントにしたり、ブリッジにしたり、好きな治療法を選べます。もちろんそのままウェルデンツを使い続けることもできます。

荻窪南口まうな歯科医院/03-5335-7915

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:ドックベストセメント治療希望

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:1週間前に左上の奥歯の詰め物がとれてしまい、前からやりたいと思っていたドックベストセメント治療を希望され、虫歯治療でドックベストセメントを使用できる歯科医院をネットで検索して、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の一番奥の歯の詰め物がとれており、レントゲンでみますと、神経に近いところまでセメントがつめてあるようでした。神経には達していないようでしたが、神経が死んでいる可能性もありました。診査したところ、神経は生きていました。痛みもなく、この歯は、ドックベストセメント治療の適応だったので、ドックベストセメントを使用して、虫歯の治療をすることになりました。

ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

虫歯はあまり大きくなく、神経は残せました。古いセメントをすべて除去し、虫歯を染め出す検知液で確認し、虫歯を除去し、消毒して、一番深いところにドックベストセメントを詰めることで、弱い持続的な殺菌力が続くことで、再発を予防する目的で、神経を保護するようにドックベストセメントをつめました。その上に、硬いセメントと、樹脂で補強しました。痛みが出なければ、次回、型を取って、かぶせ物や詰め物を作って入れます。

できるだけ歯を削らない治療は、こちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約