TOP

電話

カテゴリ: まうな歯科医院 患者さん日記

来院された患者さんの日記です。

患者さん日記:前歯に穴があいた

前歯の真ん中に穴があいてしまい、ショックを受けて、ホームページで色と耐久性に優れた白い詰め物”アステリア”の症例写真を見て、電話にて予約をし、前歯の穴の治療をご希望され、来院されました。できるだけ神経を残したいのでカリソルブ治療と、前歯をきれいに詰めたいのでアステリア治療をご希望されていました。

お口の中を拝見してみますと、前歯の真ん中の歯の横側に穴があいていました。レントゲンで診査すると、むし歯はまだ神経まで達していないようでした。象牙質に達する前歯のむし歯でしたので、麻酔をしました。痛くない麻酔をご希望されており、表面麻酔など考慮した無痛治療の麻酔を施し、歯の表側のエナメル質を削らないよう、裏の古い詰め物の方からアクセスし、むし歯に感染している歯質を染め出しながら、丁寧にむし歯を取り除きました。前歯の表側のエナメル質は極力残し、色と耐久性にすぐれたアステリアでつめました。アステリアは、かぶせものと違って、歯を削る量が最小限で、型を取る必要がなく、最短1日で治療が完了します。

アステリアの治療はこちらから

よくある質問はこちらから

東京杉並荻窪駅前まうな歯科医院/荻窪審美歯科まうな歯科医院/吉祥寺から通える/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:ジルコニア クラウン

 

39歳女性 :ジルコニア(オールセラミックのかぶせ物)を多数やっている歯科医院を検索して、まうな歯科医院に来院されました。右上の奥から4番目の歯を、丈夫なセラミッククラウン(ジルコニア)でかぶせたいとのご希望でした。白いかぶせ物を入れたくて、いろいろ調べた結果、ジルコニアが一番いいと分かり、ジルコニアのかぶせ物で治療したいとご相談でした。

お口に中を拝見してみますと、右上の奥から4番目の歯は、むし歯で、歯の一部が欠けてしまっていました。まず、むし歯の治療を完了してから、型を取り、オールセラミックのジルコニアでのかぶせものが可能でした。

ジルコニアのかぶせ物は、オールセラミックで、金属を使わないメタルフリーの治療で、金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニアは、鉱石をCAD/ CAMで削りだして作ります。フルジルコニアは丈夫で、色も白く、審美性と強度を兼ね備えた新しい材料です。

以前のオールセラミックと違い、ジルコニアクラウンができてからは、強度が増し、丈夫なオールセラミックの治療が可能になりました。ジルコニアの鉱石から、正確に削り出して作成するCAD/ CAMの技術の進歩もあります。

審美歯科はこちら>>

東京荻窪まうな歯科医院/ジルコニアの治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

まうな歯科医院 患者さん日記:神経が死んだ前歯の変色が気になる

 

まうな歯科医院 患者さん日記:神経が死んだ前歯が変色した

1~2年前から、前歯が1本だけ、変色して、気になっていたところ、お母様の紹介で、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右のまん中の歯が、1本だけ、グレーと茶色に変色してしまっていました。1~2年前からですが、最近だんだん気になって来たとのことでした。

神経が死んでしまうと、歯の中の神経の入っている穴には、動脈、静脈、神経線維があり、血液で満たされているのですが、そのやわらかい組織が死んでしまうと、血液成分が腐って、歯の中に浸透し、黒く変色して、歯に沈着してしまいます。かなり黒く沢山沈着する時と、うっすら茶色くなるくらいのこともありますが、神経が死んだ場合は、すみやかに、腐ってしまった血液を含んだ組織を根の治療をして、掃除をし、取り除いたほうが、変色が少なくすみます。もし、前歯が変色したら、待たずに、すぐ、歯科医院に来院し、根の治療を早めに行うことをおすすめします。

神経が死んでしまう原因には、神経に近いくらいの大きめのむし歯があった歯や、転んで、外傷で、強い力が、根の先にかかり、根の先で神経が切れてしまった場合などに、神経が知らないうちに死んでしまうことがあります。神経の生きている歯の変色はあまりありません。

一度、色素が沈着してしまい、変色してしまった歯は、待っていても、だんだん変色が濃くなるだけです。

ホワイトニングをして、歯の中に入り込んだ血液成分や色素を、薄くしていきます。1本だけオフィスブリーチングと言って、歯科医院で、強い薬液を塗布し、光を照射し、色素を溶かして除去する方法があります。ホームホワイトニングは、全部の歯を白くしたい時に行います。ホワイトニングについてはこちらから。

ホワイトニングで完全に取れないときは、詰め物を併用することもできます。あとは、歯を削ってかぶせる方法がありますが、できるだけ削らない歯に優しい方法からおすすめしています。

荻窪南口ホワイトニングまうな歯科医院/ホワイトニングをしている歯医者/ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯茎の色が黒ずんでいて気になる

荻窪の歯医者荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:歯茎の色が黒ずんでいて、笑うと見えて気になる 30代女性

歯茎が笑うと黒く見えて気になっていたところ、「歯茎の黒ずみって、消えないんですよね?」と定期検診で荻窪まうな歯科医院に来院された時に質問されました。

歯茎の黒ずみは、ケミカルピーリングで、簡単にがピンクに変わることをお伝えしたところ、その場でやってみたいとの事で、施術しました。

麻酔もいらず、薬を塗るだけなので簡単で驚かれました。

薬を塗った後は、歯茎がいったんはじめは白っぽくなります。それから1日から3日で剥がれると、ピンクの歯茎になっています。1週間くらいで、きれいなピンク色になります。

ケミカルピーリングについて詳しくは、こちらをご覧ください。

煙草を吸うから黒くても仕方がないのかと、あきらめていたそうです。笑うと、黒い歯茎が見えてずっと気になっていたのですが、歯茎の黒ずみは、ほくろのようなメラニン色素沈着の場合がほとんどです。メラニン色素は、歯茎のピーリングで消えます。深さにより、1回で治療が終わる時と、2回かかる場合があります。いままでは、3回はかかりませんでした。1回5分ほどの治療です。

まうな歯科医院のケミカルピーリング/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:前歯が黄色い

荻窪の歯医者 荻窪まうな歯科医院患者さん日記:真ん中の前歯の右側の歯が黄色いのが気になり、奥歯の歯が無い部分にヒューマンブリッジが入るか相談したく思い、ネットで検索して、荻窪のまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、前歯の真ん中の歯が1本かぶせ物がしてあり、古くなり黄色く変色していました。右下と左下の奥から2番目の歯は、以前抜歯して、歯が無い状態でした。インプラントはお母さまが反対していて、あまり削らない方法でヒューマンブリッジができないかと考えていました。ヒューマンブリッジが向いているのは、前後の歯が削られていない天然歯で、平行性など適応があります。隣の歯がかぶせ物ですと、通常のブリッジですみ、適応になりません。

前歯が1本変色していましたので、診査すると、仮の歯が入っていました。仮歯を外してみますと、土台つきの仮歯で、まだ本物の最終的な土台が入っていませんでした。根の治療がしてあり、神経のない歯でした。変色してしまった仮歯を新しくきれいな歯にしたいとのことで、土台の型を取り、土台と新しい白い仮歯を同時に入れることにしました。土台が無いと、かぶせ物が入れられませんので、丈夫な土台が必要です。グラスファイバーの土台は、プラスチックのものより丈夫で、歯と同じ弾性係数(たわみ)なので、強い力が加わった時、歯にも優しいです。中央の前歯は、2本一緒にかぶせると、自然できれいなのですが、隣の歯を削りたくない場合は、上の中央の前歯は色合わせが難しいのですが、1本だけ単独でかぶせて、隣の歯を天然歯のまま残すこともできます。

ジルコニアセラミックのかぶせ物は、丈夫で、変色が無く、天然歯のような自然観が特徴です。今回は、上の前歯で、1番目立つ歯でしたので、グラスファイバーの土台とジルコニアセラミックのかぶせ物と、丈夫で、審美性の良いものを選択しました。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

荻窪患者さん日記:左下奥歯がじんわり痛い

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記: 30代 女性 左下の奥歯がじんわり痛い。

昨夜から、左下の奥歯がじんわり痛みがあり、インターネットで検索して、できるだけ歯を削らないで、歯を残す治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯は銀のかぶせがしてあり、歯ぐきが赤く腫れていました。かむと激痛がはしる状態でした。レントゲン検査をしてみますと、子供の頃、ひどい虫歯で神経をとってある歯ですが、根の先に膿がたまっていて、膿が急性炎症を起こし、痛みが出ている状態でした。根の先の膿を除去するには、かぶせと土台を外して、根の再治療を行います。根の中を消毒し、きれいにお掃除をしていきます。

レントゲンンで、根の2つに分かれている部分(分岐部)から根の先にかけての大きな膿がうつっていました。根の又の部分の透過像(黒くうつる部分)は、根に穴が開いてしまっている場合もあり、穴が開いていると抜歯になるリスクがあります。できるだけ歯を残すよう、根の治療の専門医にご紹介し、チーム医療で、専門的にハイリスクな症例でも対応できます。

根の治療についてはこちら

銀歯をそっと外してから、土台と、歯の中に深く埋め込んである心棒を少しづつ削って取り除きます。土台をとると、根の細い管の中にゴム質の以前治療した時の薬が入っているので、溶かして取り除き、消毒していきます。きれいに掃除をして、根の先まで届くよう薬をいれて仮のふたをします。急性炎症で、お痛みが強いので、抗生物質を服用します。

根の先の膿がなくなったら、再び、土台を立てて、かぶせ、歯を残すことができます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:左上の古い詰め物がとれた

まうな歯科医院 患者さん日記:左上の奥歯の古い詰め物がとれた。

左上の奥から2番目の銀歯がとれてしまい、友人の紹介でまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥歯が少し黒くなっていました。お持ちいただいたとれた銀歯を奥歯に戻してみますと、一番奥の端、歯茎側に、穴があいていました。

虫歯で詰め物と歯の間に、隙間ができてしまっていましたので、今回は銀歯をそのまま戻すことはできませんでした。型を取って、新しい詰め物をつめることになりました。レントゲン検査では、虫歯は比較的小さく、神経は残せそうでした。できるだけ神経を残す治療を行います。神経を保護するお薬を使用し、神経が痛みにくいように、虫歯が深い場合は、回転数の低速の器具も使用します。

銀歯が上下左右たくさん入っていました。

また銀歯にするかどうか伺うと、銀歯が多いので、だんだんと白い歯にしていきたいとのことでした。お話を伺うと、友人の銀歯が白くなり、笑顔がきれいになり、白くしてみたいとの事でした。白い歯は、オールセラミックのほかに、リーズナブルな値段のハイブリッドの詰め物でも、金属を使わず白いので、自然観が得られます。オールセラミックは、丈夫で、変色がないという利点があります。

笑うと見える目立つところから、白い歯にしていくことをご提案しています。すべてを白い歯にできなくても、1本でもかなり印象が変わる部位もあります。

銀歯を白い歯にした治療はこちら

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:乳歯の下に永久歯が生えてきた

10歳の女の子で、上の奥から2番目の歯の乳歯の下から、永久歯が生えてきているのに、乳歯が抜けずに残っていました。

そのままにしておくと、永久歯が曲がって生えたり、位置がいがんでしまって、歯並びが悪くなる原因にもなりますので、下から白い永久歯が見えたら、早めに抜歯した方がいいでしょう。

その日に乳歯の抜歯をご希望されたので、表面麻酔をたっぷり使用し、無痛麻酔(無痛治療)で、抜歯を行い、止血確認後、乳歯ケースに抜いた乳歯をお入れしてお渡ししました。

歯の生え変わりで心配や疑問があれば、適切な時期がありますので、早めに一度ご相談ください。抜かなくていい場合もありますし、お口の状況を診断してアドバイスいたします。

治療後は、がんばったお子様に、消しゴムのプレゼントがあるかもしれません。

東京都杉並区荻窪まうな歯科医院/永久歯への生え変わり/荻窪駅南口徒歩1分/小児歯科

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:ドックベストセメント希望

まうな歯科医院 患者さん日記

虫歯になってしまいましたが、できるだけ削りたくないため、ドックベストセメントを希望されて、ドックベストセメントを使用した治療を行っている まうな歯科医院に来院されました。

doc’s best cement (ドックベストセメント)は、銅イオンを豊富に含み、主に銅イオンの殺菌力で、むし歯が無菌化されるのを期待します。

お口の中を拝見してみますと、右下の詰め物が2本取れてしまっていました。2週間前に取れたとのことで、とれた詰め物をご持参いただきました。2本のうち、前の金属のつめものは、あい具合も良く、虫歯になっていなかったので、そのまま消毒して、装着しました。

後ろの方の詰め物は、虫歯になっており、詰め物を合わせると、歯と詰め物の間に大きな穴がありました。後ろの詰め物1本だけ、新しく作りなおすことになりました。

できるだけ歯を削りなくないとのことで、虫歯の治療をし、ドックベストセメントを使用して、むし歯の穴を封鎖しました。セラミックの白い詰め物をご希望されましたので、型を取り、セラミックの詰め物をつくり装着しました。神経を残せましたので、かぶせず、部分的な詰め物ですみました。痛みのある歯には使用できないなど、適応があります。ドックベストセメントは虫歯を全く削らない治療ではありません。

ドックベストセメントについてはこちら>>

まうな歯科医院/歯を削らないドックベストセメント/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左下のブリッジがとれた

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:40代女性 左下のブリッジがとれた。

左下に以前入れた古いブリッジがとれてしまい、荻窪で できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。左下のブリッジは、一番奥の歯とその隣のダミーの金属は取れずに残っており、奥から3番目の歯の詰め物だけが、ブリッジから折れて取れてしまいました。

ブリッジは3本で一つの塊につながっていますが、一番前だけが、折れて取れてしまいました。ダミーのところの歯ぐきの炎症が強く、一番奥の歯も揺れていました。ダミーのところの、金属を外して、一番奥の歯の負担を取りのぞき、ダミーの金属の下の炎症が治るのを待ってから、新しいブリッジの型をとり、作製します。

左下以外にも、気になるところがあり、右上の歯が腫れていました。右上の歯も、奥から3番目の歯が無いため、ブリッジの土台になっている歯でした。奥から2番目の歯がよく腫れてしまうとの事でした。お口の中を拝見してみますと、右上のブリッジは、適合が悪く、歯茎の腫れる原因となっていました。レントゲン検査でも、奥から2番目の歯の周りに黒い影がうつっていました。適合の悪い3本つなげられたブリッジは、歯ぐきの炎症を引き起こすリスクがあります。重度歯周病になると、抜かなければならないこともあり、適合の悪いブリッジは、早めの治療が必要です。

歯ぐきの治療も同時に行います。必要があれば、歯ぐきの骨再生治療を行います。

エムドゲインについてはこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記

メール相談・予約