TOP

電話

'

タグアーカイブ: 予防歯科

失敗しない歯ブラシの選び方

失敗しない歯ブラシの選び方

歯ブラシ選びのポイントをご説明します。

1、大きすぎないこと

2、硬すぎないこと

の2つが特に重要です。

歯ブラシのヘッドの大きさ:大きすぎると、歯ブラシが奥や、隅々まで入らないため、奥や端に届きませんので、奥の頬側などが、磨けなくなり、常に磨き残しがある状態になりやすいです。口に合わせて、歯ブラシのヘッドは小さめの方がよいでしょう。届かないものは、がんばっても磨けません。歯ブラシがどこにでも届きやすいように、歯ブラシの毛のついている部分(ヘッド)は小さいものを歯科医師は推奨しています。

 

歯ブラシの硬さ:普通または、やわらかいものをおすすめします。硬すぎると、歯ぐきを傷つけてしまい、歯肉退縮と言って、歯茎が下がってしまう原因にもなります。歯茎が傷がつくと、口内炎になってしまったり、歯ブラシを当てると痛くなり、歯ブラシ自体ができなくなることもあります。もし歯茎を傷つけてしまったら、傷が治るまで、歯茎の傷の部分に歯ブラシが当たらないようそっとしておいて傷が治るのを待ちましょう。痛みや以上を感じたら、歯科医院へ行って薬を塗ってもらうなど、歯科医院の受診をおすすめします。

 

その他、お好みでいいのですが、いくつか参考に記載しておきます。

歯ブラシの柄は、持ちやすい細さのものを好みで選んでください。

色は、モチベーションを上げるのならば、好きな色を選び、交換して気分を変えるのも楽しみになりいいかもしれません。

毛先が極細のものも出ています。

ロングネックといい、歯ブラシの毛のある部分の下、ネックが細く長く、歯ブラシを動かしやすい設計のものもあります。

天然の毛は歯ブラシには、あまりよくないと講義で聞きました。市販では、GUMは使いやすいと思いました。歯科医院専用歯ブラシも販売しています。

重要ポイントを押さえたら、あとはお好みで大丈夫です。

もう一つ大切なことは、力を入れて磨かないでください。力を入れず、優しく軽く、小きざみに歯ブラシを動かします。

クリーニングについてはこちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

患者さん日記:矯正後のボンドが歯についたまま

まうな歯科医院 患者さん日記

歯のお掃除をしてほしいと友人に紹介されて、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、下の前歯の裏側など、歯石が多くついていました。

昔、歯列の矯正治療をしたそうで、その時に保定(矯正治療後、歯が動かないように保つ)のためつけたワイヤーが十年近く、取れたままになっていました。ワイヤーを歯の裏につけていた接着剤だけが、前歯の裏に かなり出っ張ってついていました。その接着剤の上に歯石がついて、歯茎が炎症をおこしていました。

矯正治療をした後の装置についていたボンドがそのまま歯についたままになっている方をたまに拝見します。見つけると、すぐ、除去して、元の歯の状態にします。透明のボンドで見えにくいため、ついたまま数年経っている方も意外に多いです。矯正のボンドは専用の器具ですぐに取れますが、ご自分では取ることができません。出っ張りが何か忘れている方もおられます。黄色く変色していることもあり、残っていたボンドを完全に外して、歯が出てきますと、歯がつるつるし、白い歯に戻ることもあります。

下の前歯の裏側についていた10か所のボンドをすべて外し、超音波振動のスケーラーで歯石を除去しました。舌触りが変わり、大変驚かれました。

10年も我慢していたのですが、定期検診を受けて、歯の異常は、早めに解決すると、快適に過ごせます。

歯のクリーニングについてはこちら>> 

Tokyo ogikubo mauna dental clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

定期健診に通って

「半年に1回メインテナンスに通っていました」という患者さんがいました。

Q1、どこに歯周病菌がいてどこで悪さをするのか?

Q2、どこに気をつけないといけないか?

Q3、虫歯になりやすいところはどこか?

など、自分自身のお口の状況を全く知らずにただ通うより、理解していただいて毎日のブラッシングがしっかりできていた方が、歯の寿命ものびるのではないかと思われます。

誰でも歯を磨く順番や磨き方により、磨き癖があるものなので、多かれ少なかれ磨き残しがあることが多いです。

それを知るだけで、プラークの量がぐんと減ります。毎日の歯磨きの効果がアップする参考になればと、効果的になると思われる部位を、できるだけお伝えするようにしております。

次に来院していただいたときに、前回あったプラークがきれいにとれていると、うれしいです。また上手くプラークがとれていなくても、メインテナンスに通われていれば、そこは、むし歯のリスクが高いため、注意深く、むし歯の検診を行うことができます。上の歯の一番後ろの裏側など、初期のむし歯で治療し、磨けていない部分を覆うように詰めておけば、今後のむし歯予防にも効果的です。

むし歯のリスクの高い方には、ご希望により、フッ素による歯質強化も行っております。

荻窪南口まうな歯科医院

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:クリーニング and tagged

歯の歯質強化

歯の表面を強くし、耐酸性を高めることで、歯が溶けにくくなり、歯を丈夫にします。

レーザーを併用することで、フッ素の取り込みをよくすることも期待します。 歯のエナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトがフルオロアパタイトに変化することで、酸に強くなります。

虫歯になるかどうかは、酸によって歯が溶けている時間が長いか、再石灰化で、歯を修復している時間が長いかで決まります。間食が多いと、常に歯が溶けている状態になり、とてもリスクが高まります。間食という程ではないのですが、砂糖入りのガムや砂糖入りの飴を常になめている方はご注意です。代替甘味料などの、砂糖なしの物でしたら、菌が分解できず、酸が産生されないため、虫歯にはなりにくいです。運転中の眠気覚ましなどで、習慣的にアメやガムを食べる方はシュガーレスがおすすめです。今は、シュガーレスでもとても甘いキシリトールのアメやガムが多数発売されています。買うときは、砂糖をチェックするといいです。

毎日、家で塗布できるホームケア用品もご用意しております。

ホームケア用品:

フッ素ジェル、フッ素配合コンクール、フッ素入り歯磨き粉、

歯を艶やかにするミネラルパックのリナメル(リナメルについてはこちら>>

ミネラルとフッ素を補給し再石灰化を助ける新製品(クリンプロはこちら>>)

もあります。

荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:クリーニング and tagged

シーラントとは?

奥歯の深い溝には、歯ブラシの届かない不潔域があります。このため奥歯の溝の深いところから虫歯が始まりやすいです。虫歯予防のため深い溝を埋め、フッ素コーティングするのが、シーラント処置です。

l02-08 生えたての永久歯や乳歯に高い効果が期待されます。

<処置>:まず歯の表面をきれいにおそうじします。フッ素の入った樹脂を溝だけに細く流し、光を照射して固めて終了です。

歯を削ることはありませんので、簡単に終わります。個人差はありますが、4歳頃から始められます。大人の方の奥歯や親知らずの虫歯予防のためのシーラント処置も行っております。

フッ素についてはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:予防歯科 and tagged ,

販売品 歯ブラシ

まうな歯科医院 院長のおすすめ歯ブラシ

プリート・アイ 歯ブラシです。受付に見本がありますので、触ってみてください。

おすすめ歯ブラシPulito i  (medium)

超極細の両テーパード毛。
毛の根元は適度なコシ。
携帯に便利な専用キャップ付。

プリート アイ

どんないい歯ブラシでも、力を入れずに、ソフトに小刻みにお願いします。力を抜いてくださいね!

失敗しない歯ブラシの選び方についてはこちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:販売品(まうな歯科医院) and tagged

歯科医院で行うプラークコントロール

歯周病が進むと、歯と歯ぐきの間に溝(歯周ポケット)ができ、プラークや歯石がたまります。

歯周ポケットの中のプラークや歯石は、歯ブラシでは取れないので、歯科医院で除去します。

歯科医院では「抗菌薬で歯周ポケットの中を洗浄する」

「歯磨きで取りきれない歯の表面のプラークなどを落とす」

「正しい歯磨き法の指導」

「その人の磨き癖や磨き残しやすいの部位の指導」などを行います。

歯科でのプラークコントロールを定期的に受け、口の中をよい状態に保つことが、歯周病の治療にも大切です。

昔は歯は50年持てばよかったのですが、今は、寿命が延び、100年でももたせたいと期待がふくらみますので、定期的なお掃除をして、歯の寿命ものばすメインテナンスが必要になります。50歳ではほとんどの歯が残っています。2017年では、80歳で20本歯がある人は51%です。歯の寿命を延ばし、健康寿命を延ばすことに貢献していきたいです。

荻窪駅南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:クリーニング, 予防歯科 and tagged

むし歯予防のポイントは?

むし歯予防は歯みがき・食べ物・食べ方から

歯みがき:分かってるよ。やってるよ。→自分の磨き残しの場所を知っていますか?誰でも磨き癖があるものです。そこを知ると、より歯ブラシが上手くなります。

食べ物:砂糖は虫歯の原因になるので、果物や焼き芋などから、天然の甘味をおすすめします。砂糖は、口腔内の細菌が分解し、不溶性グルカンという、うがいなど水では溶けないねばねばをすぐつくってしまい、酸を出し、歯を溶かします。不溶性グルカンはなかなかとれにくく、ついたままにしておくと、むし歯ができます。

食べ方:甘いお菓子を食べ続けると、口の中の酸性度が高まり、歯が溶け出すと言われます。砂糖入りのガムも、砂糖を細菌が分解し、酸を出し、むし歯の原因になります。ガムや飴は、シュガーレスがあります。

甘い飲み物:長時間かけて飲むことも、砂糖を細菌が分解する時に酸を出し、常に酸性になり、虫歯が多発しやすいので要注意です。甘い炭酸飲料はもともと酸性で、砂糖を多量に含むため、特に虫歯になりやすい飲み物です。スポーツ飲料なども砂糖を含むので、毎日飲む場合は虫歯の多発に注意が必要です。毎日飲むのは、水やお茶を。

甘い物を食べてはいけないのではなく、日常の生活習慣をよくしておけば、たまには甘いものを食べてもいいと思います。甘いものを食べたら磨くのも予防の一つです。毎日、甘い食べ物と甘い飲み物を生活習慣にしていると、むし歯の危険度が高いと言えます。

虫歯予防/まうな歯科医院

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

患者さん日記:クリーニング

当院の歯科衛生士のご家族の方がクリーニングご希望で来院されました。

定期的なクリーニングの重要性と有効性については、日々、歯科衛生士から聞いておられたので、よく理解されていました。

前歯の着色が気になり、細かなパウダーで、歯を傷つけずにステイン(着色)だけを除去することができる最新機器のプロフィーメートで、着色をすばやく除去しました。着色は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、カレーなどの色素の食べ物でついてきます。

歯の着色は、つきやすい人と、つきにくい人がいます。着色しやすい人には、エナメル質の細かな傷を修復するリナメルがおすすめです。リナメルホームケアペーストはご自宅で使えます。リナメルは歯を削るのではなく、ミネラルパックで、歯にミネラルを補給することで、微細なでこぼこをなめらかにし、ツルツルな歯にします。

歯石は、大唾液腺という唾が出てくる出口の下の前歯や上の奥歯につきやすく、超音波の振動で歯石が細かく砕かれ自然にはがれて取れます。最新の超音波スケーラーは、振動が優しく、30段階に調整ができるので、痛くなく快適です。

クリーニングについてはこちら>>

杉並区荻窪南口まうな歯科医院/荻窪女医の歯医者

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

フッ素

フッ素は、歯の表面を強くします。虫歯菌が出す酸に抵抗ができ(耐酸性)、歯が溶けにくくなり、虫歯予防の効果が期待できます。生えたての歯は、まだ歯の表面が成熟しておらず(幼若乳歯)虫歯になりやすい状態です。唾液に触れ、歯の表面にミネラルを取り込んでいくと、だんだん硬い歯になり酸に強くなります。

フッ素を取り込むと、より酸に強くなります。歯のエナメル質の主成分ハイドロキシアパタイトにフッ素がつくと、フルオロアパタイトに変化し、耐酸性が増し強くなります。

できれば、まだ歯磨きのできない年齢では砂糖を摂取しない方がいいのですが、砂糖は様々なものに入っています。虫歯になってしまっても、治療できる年齢まで待たなければならないこともありますし、フッ素塗布による、虫歯予防はおすすめです。

年齢により、シーラント(奥歯の溝をフッ素でコーティングするむし歯予防処置)などもしていきます。

至適濃度のフッ素は、歯質強化で、歯の表面の耐酸性が増し、歯が溶けにくくなり、むし歯に強くなります。1度塗っただけでも、強くなりますが、何回か定期的に塗布すると、歯が強くなります。

荻窪の歯医者/東京都杉並区荻窪まうな歯科医院フッ素/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:予防歯科, 歯のはなし and tagged ,

メール相談・予約