TOP

電話

'

タグアーカイブ: 予防歯科

むし歯予防のポイントは?

むし歯予防は歯みがき・食べ物・食べ方から

歯みがき:分かってるよ。やってるよ。→自分の磨き残しの場所を知っていますか?誰でも磨き癖があるものです。そこを知ると、より歯ブラシが上手くなります。

食べ物:砂糖は虫歯の原因になるので、果物や焼き芋などから、天然の甘味をおすすめします。砂糖は、口腔内の細菌が分解し、不溶性グルカンという、うがいなど水では溶けないねばねばをすぐつくってしまい、酸を出し、歯を溶かします。不溶性グルカンはなかなかとれにくく、ついたままにしておくと、むし歯ができます。

食べ方:甘いお菓子を食べ続けると、口の中の酸性度が高まり、歯が溶け出すと言われます。砂糖入りのガムも、砂糖を細菌が分解し、酸を出し、むし歯の原因になります。ガムや飴は、シュガーレスがあります。

甘い飲み物:長時間かけて飲むことも、砂糖を細菌が分解する時に酸を出し、常に酸性になり、虫歯が多発しやすいので要注意です。甘い炭酸飲料はもともと酸性で、砂糖を多量に含むため、特に虫歯になりやすい飲み物です。スポーツ飲料なども砂糖を含むので、毎日飲む場合は虫歯の多発に注意が必要です。毎日飲むのは、水やお茶を。

甘い物を食べてはいけないのではなく、日常の生活習慣をよくしておけば、たまには甘いものを食べてもいいと思います。甘いものを食べたら磨くのも予防の一つです。毎日、甘い食べ物と甘い飲み物を生活習慣にしていると、むし歯の危険度が高いと言えます。

虫歯予防/まうな歯科医院

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

患者さん日記:クリーニング

当院の歯科衛生士のご家族の方がクリーニングご希望で来院されました。

定期的なクリーニングの重要性と有効性については、日々、歯科衛生士から聞いておられたので、よく理解されていました。

前歯の着色が気になり、細かなパウダーで、歯を傷つけずにステイン(着色)だけを除去することができる最新機器のプロフィーメートで、着色をすばやく除去しました。着色は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、カレーなどの色素の食べ物でついてきます。

歯の着色は、つきやすい人と、つきにくい人がいます。着色しやすい人には、エナメル質の細かな傷を修復するリナメルがおすすめです。リナメルホームケアペーストはご自宅で使えます。リナメルは歯を削るのではなく、ミネラルパックで、歯にミネラルを補給することで、微細なでこぼこをなめらかにし、ツルツルな歯にします。

歯石は、大唾液腺という唾が出てくる出口の下の前歯や上の奥歯につきやすく、超音波の振動で歯石が細かく砕かれ自然にはがれて取れます。最新の超音波スケーラーは、振動が優しく、30段階に調整ができるので、痛くなく快適です。

クリーニングについてはこちら>>

杉並区荻窪南口まうな歯科医院/荻窪女医の歯医者

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

フッ素

フッ素は、歯の表面を強くします。虫歯菌が出す酸に抵抗ができ(耐酸性)、歯が溶けにくくなり、虫歯予防の効果が期待できます。生えたての歯は、まだ歯の表面が成熟しておらず(幼若乳歯)虫歯になりやすい状態です。唾液に触れ、歯の表面にミネラルを取り込んでいくと、だんだん硬い歯になり酸に強くなります。

フッ素を取り込むと、より酸に強くなります。歯のエナメル質の主成分ハイドロキシアパタイトにフッ素がつくと、フルオロアパタイトに変化し、耐酸性が増し強くなります。

できれば、まだ歯磨きのできない年齢では砂糖を摂取しない方がいいのですが、砂糖は様々なものに入っています。虫歯になってしまっても、治療できる年齢まで待たなければならないこともありますし、フッ素塗布による、虫歯予防はおすすめです。

年齢により、シーラント(奥歯の溝をフッ素でコーティングするむし歯予防処置)などもしていきます。

至適濃度のフッ素は、歯質強化で、歯の表面の耐酸性が増し、歯が溶けにくくなり、むし歯に強くなります。1度塗っただけでも、強くなりますが、何回か定期的に塗布すると、歯が強くなります。

荻窪の歯医者/東京都杉並区荻窪まうな歯科医院フッ素/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし, 予防歯科 and tagged ,

PMTC 口腔ケア 講習会

「SPTを通して医院の総合力を磨く」 内山先生講演

~PMTC(専門的な歯の掃除)から口腔ケアまで~

中野にて

本日 講習会受講。

痛くなく歯の掃除をするのが大事。

定期健診の重要性。

セルフケア力(自分でできる口腔ケア)をUPさせる。

荻窪南口まうな歯科医院/クリーニング

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:クリーニング, 勉強会, 診療内容 and tagged

患者さん日記:定期検診に来ました:4歳

定期検診に通っているAちゃん、4歳で、ひとりで椅子に座り、今日は、もう慣れてきて、大人と同じ超音波で、小さな歯石を取ることができました。

「お口を開けて」とこちらが言う前から、自分で、あーんとお口を開けて待っていてくれました。ちょっと音と水の出る超音波ですが、歯石を砕いて歯の表面からはがすことができるので、歯ブラシでは取れない歯石が簡単にとれます。超音波は振動だけなので、歯は削れません。ご安心ください。

お掃除が終わると、リラックマのコップでうがいをして、今度は、美味しいフッ素を塗りました。リラックマのコップ(子供用)は気に入った方には、差し上げています。虫歯はありませんでしたので、また定期検診でお待ちしています。

小さいころからきちんと定期検診に通って、むし歯の予防処置をしていきます。年齢により、奥歯の溝をうめるシーラントや、清掃、ブラッシング指導、フッ素塗布を行います。もし虫歯になっても、初期ですと、痛みなく、1回で白い詰め物でおわり大事にはいたりません。

永久歯の生え変わりも観察して、予防処置をしていきます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:フッ素塗布希望

患者さん日記

1歳の男の子がフッ素塗布希望で来院されました。

特に気になるところはないとのことでしたが、先週 杉並区の1歳半検診に行ってから、フッ素による虫歯予防処置を希望され、杉並区の小児歯科を検索して来院されました。

お母さんと一緒にいすに座って、甘い味のフッ素を塗布しました。フッ素を塗るだけであれば、すぐ終わります。<<フッ素の治療例はこちらから→>>

お口の中を拝見してみると、むし歯はありませんでした。奥歯が上下左右、一本ずつ生えていました。犬歯(糸切り歯)はまだ生えていませんでした。奥歯は、磨きにくく、ものが詰まりやすいので、むし歯のリスクがあります。

フッ素は、歯の表面を強くします。虫歯菌が出す酸に抵抗ができ(耐酸性)、歯が溶けにくくなり、虫歯予防の効果が期待できます。生えたての歯は、まだ歯の表面が成熟しておらず(幼若乳歯)虫歯になりやすい状態です。

できれば、まだ歯磨きのできない年齢では砂糖を摂取しない方がいいのですが、砂糖は様々なものに入っています。虫歯になってしまっても、治療できる年齢まで待たなければならないこともありますし、フッ素塗布による、虫歯予防はおすすめです。

年齢により、シーラント(奥歯の溝をフッ素でコーティングするむし歯予防処置)などもしていきます。

東京都杉並区荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

予防医学:口内菌の管理

Bacteria Therapy バクテリアセラピーで口内菌管理始めませんか?

予防医学の先進国からやってきたバクテリアセラピーのご紹介です。

バクテリアセラピーとは、ヨーロッパで新しく誕生した予防医学で、優れた善玉菌を摂取することにより、体の中にいる菌のバランスを変え、体質を変えていく細菌療法の事を言います。世界63カ国と地域の医療機関に導入されています。

もともとヒトの体に住んでいる善玉菌を摂取していただきますので、副作用などの体に害を与えることのない、体に優しい治療法です。

通常の歯科治療やメインテナンスに加えて、善玉菌(L.ロイテリ菌)を摂取していただくだけで、お口や体全体が健康になっていきます。

L.ロイテリ菌とは、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌です。天然の抗菌物質を産生すると同時に、ヒト免疫システムの調整を行いながら、様々な疾患の予防・治療に働きかけます。

L.ロイテリ菌を続けて摂ると、こんないいことが・・・。

虫歯の原因菌を減らす:2週間の連続摂取で、虫歯の原因菌が約80%減少

歯周病の原因菌を減らす:歯科医院での専門的ケアと組み合わせで効果は倍増、歯周病菌が90%減少

胃のピロリ菌を減らす

口臭を減らす:1週間の摂取で不快感(ベタベタ感など)が軽減、口臭が気にならなくなったと実感できたとのこと。

⑤アレルギー症状を軽減

摂取方法:ラムネのようなタブレット錠剤でイチゴ味やミント味があり、お菓子感覚で食べられます。シュガーレスですので、虫歯のリスクはありません。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

予防歯科

日本ヘルスケア歯科学会では、予防ケアとメインテナンスの大切さを説明します。悪くなってからの治療では、治療を繰り返すだけです。

小さい虫歯は、1回で詰めるだけで終わりますが、神経まで達したむし歯は、根の治療になり、被せるため歯を削る量が増えたり、治療回数や費用もかなり違います。大きな虫歯を放置すると、神経が死に、根の先に膿がたまると、1か月から3カ月くらいの治療が必要なこともあり、ますます負担が増えます。歯を残せなくなるリスクも出てきます。それをさらに放置すると、歯を失い、インプラントまたはブリッジ、入れ歯などの欠損歯の治療になります。

歯肉炎や軽度歯周病の段階で治療しておくと、骨があまり減っていないので、根の露出も少なく、歯ブラシによる清掃も簡単にすみます。容易に掃除ができるので、悪化することも少ないです。

一度悪くなり、骨が溶け、歯の根が出てしまうと、歯の根というのはかむ力を支えるため、湾曲した複雑な形をしているため、清掃は、一段と難しくなります。精巣が難しいため、プラークが残り、炎症がおこりさらに悪化するという悪循環におちいることもあります。

予防は、歯を末永く残すために、実は 重要な役割を果たしています。

歯を削る前に、歯を強くしたり、クリンプロの再石灰化歯磨き剤を使って、初期の虫歯を修復したりします。歯槽膿漏になる前に、定期的にお掃除をすることで、歯の周りの骨が溶けるのを防ぎます。

定期健診に通っていない方がいたら、すぐ歯科医院の予約をおすすめします。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

お母さんと一緒に来院

お母さんと一緒に2歳の男の子が来院し、お母さんの治療を、横で見ていて、続いて、自分の番になると、一人で診療台に座って、お母さんのまねをして、大きくアーンと口をあけてくれました。きれいな白い歯が生えていました。もうすぐ生えそろうね。といいながら、歯を強くするフッ素を塗布しました。

永久歯は、1歳半から11歳くらいまでに歯の頭の部分が作られるので、歯を作っている時期に、フッ素をとると、フッ素の影響で、酸に強い永久歯が作られます。2歳ですと、顎の骨の中で、永久歯の一部を作り始めています。

歯の表面だけでなく、歯を作る時に、血液中からフッ素がとりこまれます。

フッ素には最適濃度があります。

時々、遊びに来て下さいね。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:症例集 and tagged ,

朝の歯磨きは、食後?食前?(歯のはなし12)

<<朝の歯磨きは、食前か食後のどちらがいいのでしょうか?>>

夜、寝ている間に、細菌数は増え、朝にはピークに達すると言われています。

お口の中に菌が沢山いるのに、菌を食べてしまうのは、あまり好ましくありませんから、朝起きたら、歯磨きをして、菌数を減らしてから朝食をとった方がいいでしょう。朝食前に、せめてうがいはした方が気持ちいいと思います。

★歯磨きは、いつしたらいいのでしょうか?

答:毎食後です。食べたら磨いて、砂糖、しょ糖、食べカスは、落とした方がいいでしょう。

朝食後も、歯みがきをした方が好ましいと思われます。

どちらか1回しか磨けない方がいたなら、食後の方が、虫歯予防・歯周病予防の点からすると好ましいです。食前は、うがいまたは、軽くブラッシングをして、食後は、しっかり歯ブラシを使って糖分を磨き落とすといいですね。

砂糖がついていると、細菌が分解して、酸を出し、歯を溶かしたり、口臭の原因になったりします。虫歯・歯槽膿漏(歯周病)の原因になってしまいます。

〒167-0051東京都杉並区荻窪5-28-4Bosco荻窪1F/荻窪駅南口徒歩1分/0歳から120歳までご家族一緒に通える歯医者/荻窪まうな歯科医院

Mauna Dental Clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

メール相談・予約