TOP

電話

'

タグアーカイブ: 予防歯科

よくある質問:Q&A

Q:検診とクリーニングをしてもらいたいのですが、できますか?

A:はい。

歯科検診とクリーニングは随時受付ておりますので、お電話にて待ち時間の少ない時間帯をご案内しご予約いただけます。定期健診も受け付けております。

クリーニングでは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、緑茶、ヤニ等の歯についた茶色い色素沈着を落とすことができます。ご自身の歯、本来の白さに戻します。(本来の歯の色よりさらに白くするのが歯のホワイトニングです。)虫歯による変色、詰め物の変色など、歯そのものの色は、クリーニングでは落とせませんが、他の方法があります。

一度、色素(ステイン)がつきますと、雪だるま式に、どんどんついてしまいます。きれいに落として、着色が気になる方には、着色しにくくなる処置も行っております。(ミネラルパックによるエナメル質の傷の修復:リナメル

歯石は、ハンドスケーラーまたは、超音波で浮かせて、取り除くことができます。超音波スケーラーは、メガネの汚れを洗浄するときの超音波と同じで、超音波の振動で歯石を浮かせてとります。超音波の振動の強さでお痛みがないように30段階の調整ができます。

歯石がついて腫れている歯ぐき:7.9 008(黒いのは歯石です)

歯石や着色を除去した歯:6.16 002

荻窪まうな歯科医院のよくある質問Q&Aはこちらをご覧ください

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, よくある質問 Q&A and tagged ,

電動歯ブラシと手磨きどちらがいいの?

当院のスタッフは、全員電動歯ブラシではなく、手磨きです。

手で磨いて、きちんと奥まで小刻みに動かせて、歯の隅々まで歯ブラシを当てることができれば、いつでもどこでも簡単に磨けて、問題ありません。手磨きで歯の汚れが取れないということはありません。手磨きで完璧に汚れを落とすことも可能です。手で動かすので、個人差が出ることがあります。

電動歯ブラシもいいことがあります。

電動なので、電気がいる、手磨きに比べ、大きく、重くなりますが、電動で細かく振動するため、当てればプラークがよく落ちます。

最近は、電動歯ブラシも進化しており、小型化し、携帯に便利なものも出てきています。イオンや、音波など、様々な機能が付加されており、進化し続けています。刷掃能力も上がってきているようです。

奥歯に当てられなければ、プラークは取り残されます。小さいヘッドのブラシを選び、上の歯の頬側まであてるよう、鏡を見ながら、ブラシをよく奥まで当てさえすれば、刷掃能力が高いので、手磨きよりもよく取れる方も多いと思います。小刻みに動かすのが苦手な方には、電動がおすすめです。きちんと当てればですが、早いという人もいます。

大切なことは、歯のすべての面にブラシを当てることです。

手磨きでも、電動歯ブラシでも、当たっていないところは磨けません。四角いところを丸く掃くと隅にごみが残るように、当てないところの汚れは残ってしまいます。

歯のすべての面にブラシを当てるためには、歯の形を知ることも歯みがき上達への近道です。歯ブラシの磨き方を知りたい方に、ブラッシング指導を行っております。一度歯みがきが上達すると、コツが分かり、磨けるようになります。

クリーニングについてはこちらをご覧ください

販売品はこちら。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

炭酸水を飲みはじめて1年。虫歯増加!?

炭酸水を飲み始めて虫歯がたくさん増えた!

炭酸水は健康増進効果をうたって流行っています。

炭酸水で、透明のノンアルコールビールなんかもあります。

炭酸水には、透明ですが、砂糖入りもの物も多く販売されています。

透明で、水感覚で飲めるのですが、砂糖が入っている炭酸水は、酸性で毎日飲むと虫歯のリスクが増大することがあります。

 

炭酸水には、以下のような様々な効果があると言われています。

1 胃腸の働きを整える:便秘症状の改善・ダイエット効果・食欲増進

2 美容面の効果:デトックス(毒だし)効果・美肌・美髪

3 血行促進作用:肩こり解消・疲労回復・ストレスを緩和

 

今、炭酸水を飲み始めた人が増加しているといいます。

1年前から甘い炭酸水を飲み始めたTさんは、上の前歯に複数の虫歯ができてしまいました

1年前は、虫歯はなかったのですが、飲み物が歯にいつも当たると、前歯に砂糖が常に付着し、プラークを形成し、細菌が砂糖を食べて酸を出すため、酸性になり、歯が徐々にとけて、虫歯ができてしまいました。甘い砂糖入りの飲み物を毎日、常時飲むことは、多数歯虫歯の原因になり、歯が欠けてきたり、歯を複数 失う原因にもなり、ハイリスクと言えます。炭酸水は元々酸性なので、砂糖を分解してさらに酸が出て、歯が容易に溶けます。

 

歯を強くするフッ素もいいですが、毎日砂糖入りの飲み物を取り続けるのは、おすすめできません。1年に数回、歯を溶かすものを飲んでも、石灰化で治せますが、毎日歯を溶かせば、石灰化は間に合わず、虫歯ができてしまいます。

毎日習慣的に飲むものは、砂糖の入っていない物をおすすめします。

歯を強くするフッ素についてはこちらから。

定期健診については、こちらから。

荻窪まうな歯科医院/炭酸水・虫歯

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

がん治療前の歯科受診おすすめです

がん治療が始まると、様々な副作用が出ることもあります。

歯肉炎がひどくなり、出血が多くなったり、口内炎ができたり、炎症が急性化し、腫れたり、傷の治りが遅くなったりすることがあります。

がん治療を始める前に、お口のクリーニングや、簡単な虫歯の治療をしておくと、副作用が少なくなるなど、治療が快適にすすめられやすいといいます。

クリーニングで歯石を取っておくと、汚れがつきにくくなります。口内炎ができると痛く、食べられないこともあります。かむことにより、歯の面がこすれ、汚れがとれやすくなり、食べないときの方が細菌が増えると言いますので、食べないときも、お口の中を清潔にするよう、うがいや口腔ケアは行った方がよいです。

抗がん剤によっては、出血等で、歯を抜くなどの外科処置が難しくなります。免疫力が落ちて、歯の慢性炎症がひどくなることもあります。時間に余裕がある場合は、悪い歯は治してから、がん治療を開始しが方が理想的です。緊急な場合はがん治療を優先してください。小さな虫歯の治療は、がん治療と並行しても構いません。体調不良等で、歯科医院に通いにくくなる可能性がありますので、がん治療前の歯科受診は大変おすすめです。

荻窪まうな歯科医院/がん治療前に歯科受診を

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged ,

新発売:サプリメント歯磨きペースト

<クリンプロ歯磨きぺースト>

始めませんか? サプリメント歯磨きで、大人のむし歯予防。

◎虫歯にならないとっておきのお話。

唾液が少ないと、プラーク(虫歯菌)から発生した酸が、歯の成分を溶かしてしまいます。唾液は、溶けだしたミネラル成分(リン・カルシウム)を再び結晶化して歯に戻します(再石灰化)。

唾液

唾液+フッ素でパワーアップ! (フッ素は唾液と一緒に歯の修復効果を促進し、酸からのダメージを受けにくい歯にします。)

 

 

◎お口をいつも健康に保ちたい方へ。

歯の健康に役立つ成分(唾液成分)配合のサプリメント歯磨き。フッ素・リン・カルシウムで歯を守るクリンプロ® 歯みがきペースト。再石灰化に着目した、新発想の歯みがきです。
クリンプロ トゥースクリーム <<歯科医院専売品>> 高濃度フッ素配合クリンプロNEWクリンプロ

 

◎<ご自宅でのケア>:クリンプロ トゥースクリーム(ホームケア)がおすすめです。3Mの最新技術でフッ素とミネラル成分(リン・カルシウム)の配合に成功クリーニング&サプリメント効果で、むし歯の進行を抑え、発生を予防します。

◎<歯科医院でのケア>:必要に応じて、家庭では使えない歯科用の高濃度フッ素を塗布してもらいましょう。

フッ素やミネラル(リンやカルシウムなど)の補給で歯を強くしましょう。

高濃度フッ素になってさらにパワーアップした新パッケージになりました。

着色しにくくするリナメルについてはこちら→>>

 クリンプロ 歯みがきペースト/荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, 販売品(まうな歯科医院) and tagged ,

患者さん日記:学校検診で乳歯の抜歯が必要

まうな歯科医院 患者さん日記:小学校の検診で、むし歯はなかったのですが、乳歯の後ろから永久歯が生えてきているため、乳歯の抜歯が必要と言われたとのことで、女医さんが小児歯科を行っていると同級生に聞いて、まうな歯科医院に来院されました。検診では、歯ぐきの炎症も見てもらうように記載があったとのことでした。

お口の中を拝見しみてますと、右上の奥から3番目の乳歯の下から、永久歯が生えてきていました。下に永久歯が生えてきているのに、乳歯がいつまでも抜けないと、永久歯が、曲がって生えてしまったり、歯並びが悪くなる不正咬合の原因となることもあり、抜けない乳歯を抜歯する必要があります。

バナナの香りの表面麻酔を塗り、時間をおいてから少し麻酔をしました。その後は、すぐに乳歯はとれました。少し出血するので、ガーゼをかんで止血確認して終了となります。

乳歯の根っこが片側だけ残っていたりしますと、根の無い方に永久歯が傾いていき、曲がって生えてしまうことがあります。

歯ぐきの炎症は、プラークがべっとりついていましたので、まうな歯科医院の歯ブラシで、専門の歯科衛生士さんと一緒に磨き方を練習し、クリーニングをし、歯石や着色をきれいに落としました。歯ブラシ指導のときは、新しい歯ブラシの色を選んでいただき、使用後は差し上げています。

定期検診はこちら>>

mauna dental clinic  ogikubo maunashika

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

高濃度フッ素配合 歯磨き粉の時代

厚生労働省は、フッ素濃度1000ppm以上で、1500ppm以下の製品を医薬部外品として2017年3月に承認しました。それまで国内で販売できる歯磨き粉は、ISO国際標準化機構の基準値1500ppmを大きく下回る 1000ppm以下に規制されていました。

8020達成者が51.2%と多数の歯が残る高齢者が急増しており、新しい高濃度フッ素配合の歯磨き粉は、虫歯予防に心強い助けとなります。20年前は8%しか達成者がいなかったことを考えると大きく改善されてきていることが分かります。

1970年代から80年代、フッ素が入っている歯磨き粉が普及してから、先進国では子供たちの虫歯が急減するという傾向がみられました。日本では、1996年47%のとどまっていたが、2016年フッ素入りの歯磨き粉のシェアは、91%に達しました。

今回の承認にともない、国内で、1450ppmの高濃度フッ素配合の歯磨き粉が新しく発売されました。

フッ素は歯を強くし虫歯になりにくくします。

虫歯は虫歯の菌が出す酸で歯がとけて穴があきます。フッ素の作用で歯の耐酸性が増す(酸にとけにくい歯になる)ことで、虫歯につよい歯になります。

フッ素について詳しくはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

定期的なクリーニングのすすめ

歯磨きをしているのに、虫歯になると悩んでいる人がいる。

自分の歯磨きだけでは取り除けない歯垢(しこう)や細菌の膜(バイオフィルム)がある。

虫歯を個人の努力不足と攻めるのは酷で 予防には歯科医院での定期的なケアが必要だ。

定期的なケアでは、専門家が器具を使って歯の表面をきれいにする。

水を出しながら、超音波の振動を当てる他、回転ブラシや細かいところに対応している器具を使用することもある。

一流のケアで歯石や磨き残しのプラークを取り除いてもらう。

自分では取り除けないプラークは、月日が経つほど成熟し、細菌の数が多くなる。

☆定期的に口の中を掃除することで、細菌数を減らせ、歯周病予防効果及び、虫歯予防効果が期待できます。

歯ぐきの腫れについてはこちら>>

メール相談・予約はこちらから

荻窪南口まうな歯科医院/痛くないクリーニング/定期健診/スケーリング/歯のそうじ/まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:クリーニング, 予防歯科 and tagged ,

食後の再石灰化をうながし、う蝕予防効果を高めるのは?

歯科大手の株式会社モリタからのお知らせです。

たったそれだけで?

う蝕予防の効果を高めるサイクルとは?

*************************************************************

Answer:

フッ素入りデンタルガム だそうです。

フッ素で行うウショク予防サイクルをうながし、セルフケアになるとのことです。

POs-Ca成分 水溶性カルシウムが、唾液に溶けるカルシウムで、ウショク菌が分解して酸を出せない成分なのが特徴です。

食後に、歯磨きができないときに、セルフケアとして、唾液の分泌を促し、再石灰化を期待できるフッ素入りデンタルガムをかむと、ウショク予防の効果を高める習慣につながると考えられています。

歯磨きがいらなくなるわけではありませんが、外出中など、セルフケアの補助として、フッ素入りデンタルガムがあるとのことです。

食事で、糖分や甘いものを摂取したあと、何もしないよりは、唾液を分泌することによる、自浄作用・唾液緩衝作用を促し、フッ素、水溶性カルシウムによる歯の再石灰化を期待します。

砂糖入りガムを噛んでしまいますと、砂糖をミュータンス菌が分解し、酸を出し、歯をとかし、虫歯の原因になりますので、注意が必要です。あめも、砂糖入りは、虫歯の原因になりますので、毎日食べるのは、むし歯発生のリスクが高いと言えます。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

患者さん日記:虫歯になりにくい予防治療をしたい

まうな歯科医院 患者さん日記:奥歯が虫歯になりにくいようにしたいとのことで、予防治療を行っている荻窪南口まうな歯科医院に来院されました。痛いところはありませんが、歯の溝が黒くなっているところがあり、気になっているそうです。

お口の中を拝見してみますと、プラークの酸によって、歯が黒く着色している溝がありました。まだ削るほどの虫歯にはなっていませんが、このまま歯が磨けないと、まもなく虫歯に移行しそうでした。

奥歯には、かむ面に深い溝があり、食べ物がその溝に沿って流れよく噛めるのですが、深い溝は、不潔域といって、歯ブラシも入らず、生えたての奥歯では虫歯の好発部位となります。溝を超音波の機械で清掃して、フッ素のコーティングをして、溝に食べかすや、プラークがつき、虫歯になるのを防ぐ予防処置があります。予防治療は、虫歯になってから歯を削って虫歯の菌を取り除くのではなく、虫歯になる前に、虫歯になりにくい歯にしたり、よく磨くよう指導したりします。歯を削らないためにも、定期的検診と予防処置をおすすめします。

フッ素のコーティング(シーラント)処置は、成人の方でもご希望の方にはしておりますが、特に生えたての永久歯に有効です。

レーザーによる歯質強化治療や、3DSによる口腔内除菌もあります。

深い歯の溝をうめるシーラント処置はこちらから>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約