TOP

電話

'

タグアーカイブ: 歯を残す治療

荻窪患者さん日記:前歯のまん中が黒くなって気になる

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:上の前歯のまん中が黒くなってきて、気になるので、優しく、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口に中を拝見してみますと、前歯が黒ずんでいました。古い詰め物が変色して、虫歯にもなっていました。まず1番黒くなっている右側の前歯を1本新しい白い詰め物で1回で詰めなおし、きれいにしました。まん中の歯、2本は、裏から詰めてありましたので、表側はけずらず、裏から治療することになりました。裏から治療する方が、難しいのですが、表側を1度削ってしまうと、そのうち、詰め物が変色すると、歯が、つぎはぎしたように見え、審美性が劣るので、長期間美しさをできるだけ保てるよう、表側に虫歯がなければ、歯の裏から治療をしています。

前歯の上の方に、小さい豆のようなものがありました。これは、フィステル(ろうこう)と呼ぶもので、神経が死んでいる時にみられる事があります。レントゲンで確認してみますと、前歯の根の先に2本、黒い影(透過像)がうつっていました。前歯の神経が死んで、腐ってしまい、根の先に膿がたまり、膿の出口が、歯ぐきのところに豆のようにできていました。これは、歯の裏から根の治療をして、腐ってしまった神経の入っていた管を掃除して、消毒しきれいにします。膿がなくなると、歯ぐきの豆のようなもの(フィステル)も消失します。裏から、詰め物をして、治療完了となります。

神経が腐ってしまっていたのに、気づかずにいたのですが、歯科医院で見つかりました。神経が腐っていると、麻酔をしなくても、しみません。麻酔がなくても、全く痛みを感じない状態になっています。噛むと痛い等の症状が出る場合もあります。

まず、黒ずみの前歯の虫歯をきれいに治してから、歯の裏から、根の治療を開始しました。

できるだけ歯を削らない治療は、こちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:むし歯の前歯が腫れた

まうな歯科医院 患者さん日記:右上の折れていた前歯が腫れて痛い:30代女性

ひどい虫歯を放置していたところ、数年前に折れたままになっていた右上の前歯にひどい痛みが出てきて、ひどい虫歯の治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見すると、全体的にほとんどの歯が虫歯になっており、上の前歯の5本は虫歯で真っ黒になり、折れてしまい、歯がほとんどない状態でした。左上の1本の犬歯だけは、前歯の形はありましたが、虫歯で黒くなり、穴が開き始めていました。

右上の2番目の前歯は、神経が死んでしまい、歯の根が細菌に感染し、根の先に膿がたまったのが、原因で、右の頬まで腫れあがっていました。歯を残すためには、根の治療が必要です。歯の根の消毒をし、歯の細菌感染を取り除く治療をしました。ひどく腫れた歯の根の治療は、膿がなくなるまで、回数がかかることがあります。治療が進むと、腫れは引き、膿が次第に減っていきます。根の治療は途中で中断すると、新たに細菌が入り、難治性の菌が感染しますと、歯を残すことが困難になり、抜歯が必要なこともあります。

歯の根の治療は、手作業で細い器具を使い、大変な治療ですが、歯を残すために行っています。根の治療は、中断しないようにすることが、歯を残すために、非常に重要です。

できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

まうな歯科医院/歯の根の治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

吉祥寺ウォーカーで東京都杉並区荻窪まうな歯科医院が紹介されました

吉祥寺ウォーカー紹介クリニック2015年発売の吉祥寺ウォーカーに、東京都杉並区荻窪2015年新規オープンのまうな歯科医院が紹介されました。

 

「女医さんによる大人も子供もリラックスできる快適クリニック」、「歯を残す治療」で当院が紹介されました。

 

2015年荻窪にOPEN!:生涯の生活の質を高める「長期安定治療」がコンセプト。極力、歯を削らない、抜かない治療が魅力の歯科医院。

◎荻窪駅南口徒歩1分の好アクセス

◎全員女医のリラックスできる快適空間

 

〒167-0051東京都杉並区荻窪5-28-4Bosco荻窪1F/荻窪駅南口徒歩1分/0歳から120歳までご家族一緒に通える歯医者/荻窪まうな歯科医院

Mauna Dental Clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, 情報 and tagged

患者さん日記:右下の歯ぐきが腫れた

7歳女の子:右下の歯ぐきが腫れた

右下奥の乳歯の歯ぐきの外側が腫れて、治らないとのことで、来院されました。

根の先に膿がたまっていると、瘻孔(ろうこうFistel)という膿の出口が歯ぐきに出っぱり豆のように膨れることがあります。つぶすと膿が出て、またしばらくすると豆のようにプクリと腫れます。見た目のわりに、歯にはほとんど痛みはありません。

膿の出口ができているので、歯の中の圧力(内圧)が高まらないので、痛みが出にくい状態です。しかしながら、自然になおることはあまりありません。神経が死んで腐り、根の先に膿がたまっている場合には、根の中を掃除し、消毒する「根の治療」が必要になります。歯の根の治療はこちらから>>

 

今回は、乳臼歯にできましたが、成人の歯でもできることはよくあります。豆のような膿の出口が歯ぐきにできているのですが、ご本人が気づいていない場合もあります。知らないうちに神経が死んでしまった歯や、以前に神経の治療をした歯にできることがあります。

膿が出続けている状態ですので、可能ならば、根の治療をした方がよいです。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

荻窪駅南口患者さん日記:神経をこれ以上とりたくない

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:他院で神経を1本とられてしまい、後悔して、これ以上神経を取られるのではないかと不安になり、転院されました。少し痛かった歯なのですが、こういう状態の時は神経取りますので、とりました。と、後から言われたそうです。

前の医院で事前に神経を取ると説明してほしかったという思いが強く、不安になってしまったとの事でした。検診を受けた1週間後に歯が痛み、神経をとられたので、他にも虫歯がないか診てほしいとの事でした。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥から4番目の歯が、仮の詰め物になっていました。レントゲンで確認しますと、神経はとってあり、根の治療はきちんと終わっているようでした。この後は、土台を立てて、かぶせものをするように、歯が削ってありました。痛みはありませんでした。

 

お口の中のクリーニングをして診査しますと、左下の親しらずの横側に小さな虫歯の穴ができていました。汚れの下にあってはじめは見えない虫歯でした。親知らずの虫歯でしたが、小さい虫歯でしたので、神経を取ることなく、つめて、親知らずを保存できました。まっすぐ生えている親知らずでしたので、必ずしも抜歯をする必要はありません。まだ小さな虫歯だったので、治療して親知らずを残すことができました。

親知らずの治療はこちらから

できるだけ歯を削らない治療についてはこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右下の歯がかけた

20代男性:一昨日、右下の奥の歯が欠けてしまい、荻窪駅前でできるだけ歯を残す歯医者を調べて、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見し、レントゲン検査をしたところ、右下の奥から3番目の歯の後ろ側、歯と歯の間に虫歯があり、むし歯で、歯が溶け柔らかくなり弱くなっていたため、かんだ時に、歯が鋭角にかけてしまっていました。虫歯の大きさは、かなり大きく、進んでいましたが、レントゲンで確認したところ、神経までは達していないようでした。できるだけ歯を削らないためにも、できる限り神経を残すように、むし歯の菌に感染してしまった歯質を染め出しながら、そっと除去していきました。

虫歯の菌に感染しているところだけを赤く染め出し、健康な歯質は、染まらないので、悪いところだけを除去することができる虫歯専用の染め出し液を使用しています。感染した歯質が染まらなくなるまで、むし歯をしっかり取りきって、神経を保護するお薬とセメントを詰めました。神経の近くまであるむし歯を取り除いた後は、痛みが出やすいのですが、痛みが落ち着けば、神経を残すことができます。神経を残せれば、全体をかぶせることなく、型を取り、詰め物だけで治すことができます。

できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:前歯の詰め物がとれた

柿を食べたときに前歯の詰め物がとれてしまい、荻窪で女性歯科医師(女医)のいる歯医者を検索し、ホームページをみてまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の歯がとれてしまい、歯の根が1本残っていました。土台ごとかぶせ物がとれているようでした。

レントゲン検査で診てみると、左下の根は、2本あり、1本は見えていますが、もう一つ奥の歯は、小さすぎて、歯ぐきの中に隠れて見えないところにありました。

歯が小さく、歯ぐきの下まで虫歯が達していると、通常歯を残すことは困難です。手前の歯は、むし歯をとると、歯の一部が歯ぐきより下になるため、歯ぐきを下げる処置(クラウンレングスニング)をして、歯の土台をたてて、かぶせ治すことをご希望されました。歯ぐきの下になってしまった歯を残す方法は2つあり、歯を引っ張り出す方法と、歯ぐきの形を整えて、歯ぐきを下げることで、歯を出す手術をする方法(歯冠延長術)があり、どちらも適応があります。歯は一度抜いてしまうと戻せませんから、残せる可能性のある歯は、根の治療をして、できる限る残すよう尽力しています。

できるだけ歯を残す治療はこちら>>

荻窪南口歯医者まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:全体的なひどい虫歯

まうな歯科医院 患者さん日記  20代女性 全体的なひどい虫歯

高校生の時に虫歯の治療を中断してしまい、忙しく、そのままになっていて、むし歯が進み、何本かの歯が欠けてしまい、歯の見えている部分が折れて抜けてしまった歯もあり、恥ずかしくて歯科医院に行けなくなっていました。

まうな歯科医院は、全顎的なひどい虫歯の治療を行っていると聞き、歯科恐怖症にも対応しているため、勇気を出して、連絡を取ってみました。予約とをり、なんとか来院することができました。

お口の中を拝見してみますと、すでに歯が崩壊し、残せない歯も2本ありましたが、その他の歯は、残せそうでした。多数歯を失うと、固定式のブリッジが不可能になり、入れ歯かインプラントと選択肢が狭まります。残せる歯が少しでもあるよう、歯を保存する治療をすることになりました。神経を残せる可能性の高い歯も複数ありましたので、それを最優先に治療しました。できるだけ歯を削らない治療はこちらをご覧ください。

前歯など、ご本人が気になるところから、早速治療しました。麻酔もこわいとのことで、痛みに弱いので、緊張されていました。表面麻酔を使用し、麻酔液をあたため、刺入時にできるだけ痛みを感じないよう配慮しています。

無痛治療はこちら>>

東京荻窪まうな歯科医院/歯医者こわい20代女性/無痛治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左下の歯が黒い

鏡を見ると、左下の歯が黒いので、むし歯かと思って来院されました。とても詰まりやすく、食べるたびに詰まるのも困っていました。

お口の中を診査してみますと、左下の奥から2番目の歯に黒い点が2つありました。その歯は、白いかぶせ物がしてあり、かぶせ物の白い部分がすり減り、下地になっている金属が2か所見えてきていました。かぶせ物の奥のすき間がゆるくなっており、食べたものがすぐ詰まりやすくなっていました。かぶせ物を1本やり替えることで、緩くなっている隙間を、きつく治して、黒い色も改善できます。

神経のある歯でしたので、神経をできるだけのこし、できるだけ歯を削らないように慎重に古くなったかぶせを外しました。虫歯を染め出して、かぶせ物の中に虫歯がないか検査したところ、小さな虫歯が1か所ありましたので、神経を残すようにできるだけ削らないで、虫歯の治療をし、つめました。その後は、型を取って、新しいかぶせ物をいれ、詰まりやすいのも改善しました。できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

詰まりやすいところを、放置しますと、食べ物が歯ぐきに入り込み、歯ぐきが悪くなり、部分的に歯周病が進んで、ひどくなると、腫れたり痛みが出ることもあります。詰まりやすい場所は、早めに改善することをおすすめします。詰め物のやり替えで簡単に済むことも多いです。

荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:詰め物がとれた

詰め物が取れたとできるだけ削らない治療をしている歯科医院を探して、初診で来院されました。お口の中を拝見してみると、右下の奥から2番目の金属の詰め物がとれていました。この歯の金属の詰め物が取れるのは、3回目とのことで、今朝とれたので、古い金属の詰め物を持参していました。3回取れると、取れやすい詰め物で、またとれる可能性が高く、きちんと合うものに作りなおした方がいい場合があります。

外れた歯の穴は、黒くなっていました。中を超音波スケーラーで清掃し、古いセメントをとり、むし歯を染め出して、確認しましたが、大きな虫歯はありませんでした。

金属をそのままつけるか、詰め物の作りなおしか、白いコンポジットのレジンで詰めるかの選択肢がありましたが、そのままつけても取れてしまうと思われ、この歯の場合、詰め物が小さかったので、1回でつめられるレジンで治療することになりました。黒いところを、きれいにして、白くつめました。ほかに金属が入っていなかったので、この1本の金属がなくなっただけで、お口の中は、白色だけになり、印象が変わりました。

歯と歯の間まで達する大きな詰め物の場合は、型をとって、セラミックなどの詰め物にした方がいい場合があります。

白い詰め物の症例はこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約