TOP

電話

カテゴリ: 歯のはなし

電動歯ブラシと手磨きどちらがいいの?

当院のスタッフは、全員電動歯ブラシではなく、手磨きです。

手で磨いて、きちんと奥まで小刻みに動かせて、歯の隅々まで歯ブラシを当てることができれば、いつでもどこでも簡単に磨けて、問題ありません。手磨きで歯の汚れが取れないということはありません。手磨きで完璧に汚れを落とすことも可能です。手で動かすので、個人差が出ることがあります。

電動歯ブラシもいいことがあります。

電動なので、電気がいる、手磨きに比べ、大きく、重くなりますが、電動で細かく振動するため、当てればプラークがよく落ちます。

最近は、電動歯ブラシも進化しており、小型化し、携帯に便利なものも出てきています。イオンや、音波など、様々な機能が付加されており、進化し続けています。刷掃能力も上がってきているようです。

奥歯に当てられなければ、プラークは取り残されます。小さいヘッドのブラシを選び、上の歯の頬側まであてるよう、鏡を見ながら、ブラシをよく奥まで当てさえすれば、刷掃能力が高いので、手磨きよりもよく取れる方も多いと思います。小刻みに動かすのが苦手な方には、電動がおすすめです。きちんと当てればですが、早いという人もいます。

大切なことは、歯のすべての面にブラシを当てることです。

手磨きでも、電動歯ブラシでも、当たっていないところは磨けません。四角いところを丸く掃くと隅にごみが残るように、当てないところの汚れは残ってしまいます。

歯のすべての面にブラシを当てるためには、歯の形を知ることも歯みがき上達への近道です。歯ブラシの磨き方を知りたい方に、ブラッシング指導を行っております。一度歯みがきが上達すると、コツが分かり、磨けるようになります。

クリーニングについてはこちらをご覧ください

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

口臭の原因と予防法

口臭の原因は、90%がお口の中に原因があると言われています。その他、お口以外が原因となる胃腸・消化器系、医科の病気からくるもの、精神的な口臭、生理的口臭、耳鼻科系の疾患などがあります。ストレスで、胃腸の具合が悪いと、胃酸が上がってきて、一時的に口臭がある場合もあります。

お口の中が原因の口臭としては、

むし歯

歯周病

不適合補綴物(古くなったかぶせや詰め物)

舌苔(舌の汚れ)     などがあります。

重度歯周病は、歯周ポケットが深く、歯周ポケットの中に、歯周病菌が感染し、膿が出たり、口臭の原因となりやすいです。歯肉炎でも、プラークからの口臭もあります。

 

口臭の原因の成分は、揮発性硫化物(お口の中の不要になった たんぱく質を口腔細菌が分解して発生する)がメインとなります。

①メチルメルカプタン

②ジメチルサルファイド

③硫化水素

などのガスが混ざり合って、不快なにおいを発生させます。

 

 

☆クリーニングによる口臭予防法

プラークも菌の塊で、1gに1億匹の細菌がいると言われ、糖分を取ると、分解し、酸や臭いを発生させることがあり、歯石やプラークをきれいに除去すると、口臭が軽減されると言われます。

磨き残しであるプラークが、古くなり、成熟すると、細菌の数が増えると言われています。定期的クリーニングは、細菌の巣になるプラークをリセットし、口腔内環境を整えます。

クリーニングについてはこちらをご覧ください。

 

☆タブレットによる口臭予防法

歯周病口臭予防タブレット 乳酸菌TI2711 (歯科用オーラルヘルスタブレット)

デキストリン、エリスリトール、ソルビトール、マルチトール、生きた乳酸菌配合。

オーラルヘルスタブレットLS-1 乳酸菌TI2711 は、口中に生息する乳酸菌で、お口の中にすばやく広がります。

プロバイオティクス(体に好影響を与える生菌や微生物)です。

販売者:ライオン株式会社

 

☆歯科治療による口臭予防法

歯科的不適合補綴物を除去し、新しくします。

膿が出ている場合、膿の原因を治療します。根の治療、歯ぐきの治療など。

重度歯周病治療を行います。

虫歯の穴に入り込んで、臭う場合、虫歯の治療で、劇的改善がみられる場合もあります。

荻窪南口まうな歯科医院/口臭の原因と予防法/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

歯周病・歯槽膿漏とは

歯周病・歯槽膿漏は、完全に治らないと思われてあきらめていらっしゃる方が案外多いのですが、意外に、お口の中の条件が整い、適切な診断と総合的な治療をすれば、ひどい歯周病や歯槽膿漏も、実は良くなるのです。
歯周病とは、歯を支えている骨がいろいろな要因で少なくなり、次のような症状が出てくる歯茎の病気です。

1、歯ぐきの違和感が出る。(腫れている/柔らかい)

2、歯みがきをすると、歯茎から出血する

3、歯ぐきからが出る

4、口臭がするようになった

5、口の中がネバネバする

6、歯茎(歯肉)のが紫色になった(健康な人はピンク)

7、歯がぐらぐらゆれる

8、食べ物をかむと痛い

Young attractive woman with clean skin

多くの場合は、ほとんど自覚症状なく、進行してしまいます。早めの受診が、歯の保存につながります。

歯ぐきの特殊な治療になりますが、骨を再生して、ぐらぐらした歯の揺れが止まる場合もあります。

原因は、歯周病菌による感染です。そのため、感染源を除去する必要があります。当院の「痛くない歯石とり」をお試しください。

歯周病についてもっとみる>>

荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし, 歯周病 and tagged

フッ素

フッ素は、歯の表面を強くします。虫歯菌が出す酸に抵抗ができ(耐酸性)、歯が溶けにくくなり、虫歯予防の効果が期待できます。生えたての歯は、まだ歯の表面が成熟しておらず(幼若乳歯)虫歯になりやすい状態です。唾液に触れ、歯の表面にミネラルを取り込んでいくと、だんだん硬い歯になり酸に強くなります。

フッ素を取り込むと、より酸に強くなります。歯のエナメル質の主成分ハイドロキシアパタイトにフッ素がつくと、フルオロアパタイトに変化し、耐酸性が増し強くなります。

できれば、まだ歯磨きのできない年齢では砂糖を摂取しない方がいいのですが、砂糖は様々なものに入っています。虫歯になってしまっても、治療できる年齢まで待たなければならないこともありますし、フッ素塗布による、虫歯予防はおすすめです。

年齢により、シーラント(奥歯の溝をフッ素でコーティングするむし歯予防処置)などもしていきます。

至適濃度のフッ素は、歯質強化で、歯の表面の耐酸性が増し、歯が溶けにくくなり、むし歯に強くなります。1度塗っただけでも、強くなりますが、何回か定期的に塗布すると、歯が強くなります。

荻窪の歯医者/東京都杉並区荻窪まうな歯科医院フッ素/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:予防歯科, 歯のはなし and tagged ,

歯の寿命:乳歯と永久歯

乳歯が抜けはじめるのは、小学校に入る前くらいからです。

乳歯が生えるのは、生後6カ月頃から下の前歯が生え始めます。

乳歯は、0歳から2歳半までに生え、6から12歳くらいで抜けます。

平均して、乳歯は、5年から10年間使うことになります。

乳歯の後に続く永久歯がなかったりする(先天性欠損)と、40歳くらいで乳歯が抜けずに残っているのを確認することがあります。

顎の成長に伴い、歯のサイズや形が大きくかわり、歯もきれいに並ぶように、乳歯は永久歯に順序良く生えかわっていきます。乳歯から永久歯への交換は、とても精巧で感心します。

永久歯はというと、昔は、50年もてば良かったのですが、今は寿命が延び、70年以上使います。以前より、歯を長く持たせるためには、定期検診や、クリーニングなどのメインテナンスがとても重要になってきます。

定期的な検診とクリーニングを続けることで、むし歯や歯周病を早期発見して、神経や、健全歯質(健康な歯)をより多く保つことが大切になります。

永久歯の寿命は、乳歯よりはるかに長いです。根も長くしっかりしています。エナメル質は厚く長年の摩耗に耐えるようになっていると考えられます。

しかしながら、食いしばりは、歯に対する負担が大きいです。ナイトガード(夜間寝るときに使うマウスピース)の使用は、歯の摩耗や歯の破折を防ぐのに役立ち、歯の寿命に影響を与える因子と考えられます。当院のナイトガードはうすく、違和感が少ないです。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

かみ合わせ(犬歯誘導)

犬歯誘導(けんしゆうどう)について

犬歯誘導はかみ合わせの中でも、とても重要な役割を担っていると言えます。

犬歯(糸切り歯)の裏側の傾斜を使って、あごを横にずらした時に、上の奥歯と下の奥歯が干渉しない(ぶつからない)ように機能するのが、犬歯誘導です。

犬歯誘導は、奥歯を守るための大切な機構です。

犬歯がすり減ったり、かけたり、またははじめから、八重歯等で、上と下の犬歯があたらないかみ合わせだったりして、犬歯誘導が機能していない場合があります。

l02-10犬歯誘導は奥歯を守っているため、それがないと、くいしばりや歯ぎしりなど強い力が奥歯にかかった時に、奥歯の負担が過重になり、かけたり、折れたり、痛みがでたり、しみたりという症状や異常がみられることがあります。

歯が折れてしまうと抜歯を余儀なくされることもありますので、咬合力(かむ力)が強いことが疑われるときなどは、夜寝るときだけ、マウスピースをした方が、歯を守れます。睡眠中など、無意識の状態では、100kgを超える力が歯にかかることもあります。

当院のマウスピースは、非常に薄く、違和感が少ないと言われます。前にマウスピースを作ったけれども、分厚く違和感があり、眠れなかった方もこれなら違和感がないと使っていただいております。

 

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

予防医学:口内菌の管理

Bacteria Therapy バクテリアセラピーで口内菌管理始めませんか?

予防医学の先進国からやってきたバクテリアセラピーのご紹介です。

バクテリアセラピーとは、ヨーロッパで新しく誕生した予防医学で、優れた善玉菌を摂取することにより、体の中にいる菌のバランスを変え、体質を変えていく細菌療法の事を言います。世界63カ国と地域の医療機関に導入されています。

もともとヒトの体に住んでいる善玉菌を摂取していただきますので、副作用などの体に害を与えることのない、体に優しい治療法です。

通常の歯科治療やメインテナンスに加えて、善玉菌(L.ロイテリ菌)を摂取していただくだけで、お口や体全体が健康になっていきます。

L.ロイテリ菌とは、ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌です。天然の抗菌物質を産生すると同時に、ヒト免疫システムの調整を行いながら、様々な疾患の予防・治療に働きかけます。

L.ロイテリ菌を続けて摂ると、こんないいことが・・・。

虫歯の原因菌を減らす:2週間の連続摂取で、虫歯の原因菌が約80%減少

歯周病の原因菌を減らす:歯科医院での専門的ケアと組み合わせで効果は倍増、歯周病菌が90%減少

胃のピロリ菌を減らす

口臭を減らす:1週間の摂取で不快感(ベタベタ感など)が軽減、口臭が気にならなくなったと実感できたとのこと。

⑤アレルギー症状を軽減

摂取方法:ラムネのようなタブレット錠剤でイチゴ味やミント味があり、お菓子感覚で食べられます。シュガーレスですので、虫歯のリスクはありません。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

予防歯科

日本ヘルスケア歯科学会では、予防ケアとメインテナンスの大切さを説明します。悪くなってからの治療では、治療を繰り返すだけです。

小さい虫歯は、1回で詰めるだけで終わりますが、神経まで達したむし歯は、根の治療になり、被せるため歯を削る量が増えたり、治療回数や費用もかなり違います。大きな虫歯を放置すると、神経が死に、根の先に膿がたまると、1か月から3カ月くらいの治療が必要なこともあり、ますます負担が増えます。歯を残せなくなるリスクも出てきます。それをさらに放置すると、歯を失い、インプラントまたはブリッジ、入れ歯などの欠損歯の治療になります。

歯肉炎や軽度歯周病の段階で治療しておくと、骨があまり減っていないので、根の露出も少なく、歯ブラシによる清掃も簡単にすみます。容易に掃除ができるので、悪化することも少ないです。

一度悪くなり、骨が溶け、歯の根が出てしまうと、歯の根というのはかむ力を支えるため、湾曲した複雑な形をしているため、清掃は、一段と難しくなります。精巣が難しいため、プラークが残り、炎症がおこりさらに悪化するという悪循環におちいることもあります。

予防は、歯を末永く残すために、実は 重要な役割を果たしています。

歯を削る前に、歯を強くしたり、クリンプロの再石灰化歯磨き剤を使って、初期の虫歯を修復したりします。歯槽膿漏になる前に、定期的にお掃除をすることで、歯の周りの骨が溶けるのを防ぎます。

定期健診に通っていない方がいたら、すぐ歯科医院の予約をおすすめします。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

朝の歯磨きは、食後?食前?(歯のはなし12)

<<朝の歯磨きは、食前か食後のどちらがいいのでしょうか?>>

夜、寝ている間に、細菌数は増え、朝にはピークに達すると言われています。

お口の中に菌が沢山いるのに、菌を食べてしまうのは、あまり好ましくありませんから、朝起きたら、歯磨きをして、菌数を減らしてから朝食をとった方がいいでしょう。朝食前に、せめてうがいはした方が気持ちいいと思います。

★歯磨きは、いつしたらいいのでしょうか?

答:毎食後です。食べたら磨いて、砂糖、しょ糖、食べカスは、落とした方がいいでしょう。

朝食後も、歯みがきをした方が好ましいと思われます。

どちらか1回しか磨けない方がいたなら、食後の方が、虫歯予防・歯周病予防の点からすると好ましいです。食前は、うがいまたは、軽くブラッシングをして、食後は、しっかり歯ブラシを使って糖分を磨き落とすといいですね。

砂糖がついていると、細菌が分解して、酸を出し、歯を溶かしたり、口臭の原因になったりします。虫歯・歯槽膿漏(歯周病)の原因になってしまいます。

〒167-0051東京都杉並区荻窪5-28-4Bosco荻窪1F/荻窪駅南口徒歩1分/0歳から120歳までご家族一緒に通える歯医者/荻窪まうな歯科医院

Mauna Dental Clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし and tagged

歯のはなし11

歯周ポケットって?

歯と歯ぐきの間に、隙間があります。この、歯と歯ぐきの境目の溝のことで、健康な人でも、2mmくらいはあります。 ←生理的ポケット

この溝が深くなると、歯周ポケットです。

それが、5mm以上になると、歯周病が進行している状態です。

10mmになる人もいます。

歯の植わっている骨が歯の周りにあれば、歯周ポケットは深くなりません。

骨が溶けている人は、溝(歯周ポケット)が深くなっています。

(プラークは、たいていある。歯ブラシは難しいのである!)

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯のはなし

メール相談・予約