TOP

電話

'

タグアーカイブ: 歯周病治療

患者さん日記:歯肉が腫れ、血が出た

左下の歯ぐきが腫れ、出血するため、奥様と、娘さんたちが通っている歯医者を紹介され、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、犬歯の後ろがぷっくりと腫れていました。診査したところ、神経があり、根の先が膿んでいる様子はなく、歯周病と診断されました。歯ぐきの中に歯石(歯肉縁下歯石)があるため、腫れていました。原因となっている歯ぐきの下にかくれて潜って見えない歯石を除去すると、歯肉の腫れは引きます。出血も徐々に止まってきます。

歯ぐきの中の歯石は、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)が深くなると、歯ぐきの中にも歯石がたまってきます。たくさんたまると、全体的に歯の周りの骨がとける病気である歯周病が進行します。歯周病の予防には定期的お掃除が欠かせません。歯石をとり、やわらかいプラーク(しこう)を毎日ブラッシングでとるプラークコントロールをして、歯の周りの骨が溶けないようにします。歯の周りの骨は、プラークの中の最近(歯周病菌)が歯と歯茎の間の溝から侵入していき、細菌が毒素を出すことで、歯の周りの骨を溶かしていきます。歯周病はSilent disease(忍びよる病気)と言われ、自覚症状がなく、知らない間に進むことがおおいので定期的チェックが大切です。

歯周病の症状についてはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:左下の歯ぐきが腫れて痛い

左下の歯ぐきが腫れて、顔も腫れ、痛くなり、前からばねのないおしゃれ入れ歯に興味があり、まうな歯科医院に来院されました。

今日は痛みのある左下の歯ぐきの治療をご希望されていますが、上の歯がぐらぐら揺れていて、他院で抜歯と言われているので、抜かずに済むかと、入れ歯の相談も今後していきたいとの事でした。

他院で抜歯と言われた歯は2本あり、左上の奥から3番目の歯は、根の先まで骨がなく、抜歯の適応でしたが、右上の奥から3番目の歯は、まだ歯周病の治療、骨再生療法の適応の可能性が残っていました。1本だけ抜いても、今使ている金属床の入れ歯に歯を足して使うことができる場合があります。

左下の顎は、少し膨らんで、腫れていました。お口の中を拝見してみますと、左下の一番奥の歯が揺れていて、痛いのは、左下の奥から2番目の歯でした。歯に少し振動を与える打診を見ると、一番奥の揺れている歯に痛みは無く、左下の奥から2番目の歯が、痛みがあり、歯肉もほほ側に腫れがみられました。炎症が強く、波動(指で触れると中で液が動く反応)がありましたので、麻酔をして切開することになりました。

炎症は放置すると、のどの方に広がったり危険な状態になりますので、早めの対応が大事です。消毒して、レーザーで炎症を抑え、抗生物質を投与します。

歯周病治療はこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:歯と歯の間が腫れた

3日前から左上の歯と歯の間の歯ぐきが腫れたと、奥様の紹介でまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥から2番目の歯と3番目の歯の間の歯ぐきが腫れ、膿がたまっていました。

レントゲン検査と歯ぐきの診査を行ったところ、左上の奥から2番目の歯のあたりは、中等度の歯周病で、歯周ポケットが深くなって歯の周りの骨がとけ、膿がたまっていました。

歯周病の原因は、プラークの中に数億匹いると言われている歯周病菌で、細菌が歯周ポケットから侵入し、毒素を出し、歯の周りの骨を少しづつ溶かしていきます。Silent Disease(忍び寄る)病気と言われ、知らない間に進み、自覚症状のないことがほとんどです。

プラークが付着する原因になる歯石を除去し、ブラッシングで、歯と歯茎の溝が深くならないように、炎症を取り除くことが大切です。

左上の奥歯は中等度歯周病になっていますので、まずは歯ぐきの上の歯石をとり、歯ブラシが左上によくあたるように改善し、菌叢(菌の種類)を悪玉菌からよい菌に変化させ、炎症がおさまったら、今度は、歯茎の中にある黒い歯石をお取りしていきます。歯周ポケットが浅くなり炎症がおさまると膿が止まります。

 できるだけ歯を残す治療 歯周病編はこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:左上の歯がうずく

昨日のお昼頃から左上の歯が痛み、むし歯ではないかと思い、できるだけ削らない治療をしている荻窪まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右上の奥には、銀歯が2本入っていますが、大きな穴が見られませんでした。しみたり、かんでいたいこともありませんでしたが、うずく感じがたまにするそうです。

精密な画像のレントゲン検査をしてみると、とくに痛むような象牙質に達する大きな虫歯は確認されませんでした。大きな虫歯はありませんが、歯ぐきのキワの、少し歯ぐきの中の部分に、歯石が確認されました。歯のクリーニングをしてみると、歯ぐきの中、歯ぐきの少し下のあたりの歯と歯の間から、大きな歯石が超音波の振動で浮き上がって出てきました。大きな歯石があると、うずくことがあります。歯石は硬くて歯ブラシで自分で落とすことは不可能です。歯石をお取りしますと、歯ぐきが引き締まり、ピンクの健康な歯ぐきに戻り、痛みもなくなります。

PMTC

歯石は、一度お取りしても、再度付着しますので、歯を永く持たせるためには、定期的なお掃除のメインテナンスが大切です。

歯周病についてはこちら>>

東京都杉並区荻窪南口駅前1分まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

ひどい歯槽膿漏:重度歯周病の治療例 30代男性

35歳男性

ひどい歯槽膿漏で、歯のほとんどがぐらぐら揺れていて、出血も見られました。初診時、揺れているので、前歯が固定されている状態でした。ぐらぐらしているので歯がすべて抜けてしまうのではないかと心配になり来院されました。

ストレスが多く、くいしばりや歯ぎしりが多く、歯の負担も過大なものとなっていました。

 

初診時    初診時   重度歯周病

多量の歯石がついているので、見た目も黒く、むし歯のように見えました。黄色い歯石とプラークで覆われた歯は黄ばんで見えます。膿も出ていました。

 

白い歯に

mauna dental clinic

 

クリーニングの初期治療から始め、歯ブラシが上達し出血がなくなってから、どうしても残せない歯を抜歯し、被せ物による かみ合わせの総合的治療を行いました。必要な部分には、外科的歯周病治療を行いました。垂直性骨欠損部には骨組織再生治療を行います。

エムドゲインを使用した歯周組織の再生治療があります。

くいしばりに対しては、マウスピースを使用することで、歯やあごを過大な力からコントロールしています。

歯周病治療についてはこちらをご覧ください

ドクターへのメール相談>>

 

 

リスク:マウスピースを使用しないと歯根破折リスクがあり、治療効果には個人差があります。治療には適応があります。

(費用と注意事項)

荻窪(東京)まうな歯科医院/歯周病治療まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪BOSCO荻窪1F

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:症例集 and tagged

患者さん日記:歯周組織再生療法

歯周病で、前歯がゆれているため、歯周病治療、歯周病再生療法、歯周病で溶けてしまった骨を再生する手術をおこなっている歯科医院を検索して、荻窪にあるまうな歯科医院に来院されました。

歯ぐきの腫れがひどい状態でしたので、全体的にプラーク(歯垢)・歯石を除去する初期治療を行い、出血がなくなってから、歯周病再生治療をすることになりました。歯ぐきをあけて、歯ぐきの中の炎症物質を完全にきれいにし、骨を作る細胞を誘導するタンパク質(エムドゲイン)と人工骨を入れ、歯周組織の再生をはかる歯周病の外科手術(骨再生療法)を行いました。

エムドゲイン

エムドゲインは、歯周病によって溶かされた骨を再生させます。歯の周りの骨を作る細胞を誘導し、骨の再生を助ける特殊なたんぱく質です。歯の表面の汚れを取り、溶けた骨の部分にエムドゲインを入れることで、骨を再生させます。

骨は再生するのに時間がかかり、骨が再生する前に歯ぐきが入り込んで、骨が再生する隙間がなくなってしまいます。エムドゲインは、歯ができる時のエナメルタンパクでできており、骨を再生するスピードが早いため、骨の上に歯ぐきが入り込む前に、骨を再生させます。

1週間後に抜糸をし、メインテナンスを行っていきます。

メインテナンスはこちら>>

歯茎の腫れについて詳しくはこちら

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右上の歯がかんだ時に痛い

まうな歯科医院 患者さん日記  「右上の歯がかんだ時に痛い」

中央線で、吉祥寺、西荻窪、荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺の近くの歯医者を探し、荻窪南口30秒のまうな歯科医院に来院されました。

1週間前から、右上の奥から3番目の銀歯でかむと、少し痛くなりました。少し前に、その周囲が少し炎症があり、その炎症はおさまり、かむと少し痛くなりました。

お口の中を拝見してみますと、奥から3番目の歯は、銀のかぶせで、奥から4番目の歯は、白いかぶせ物が入っており、その歯と歯の間が、赤くなり、出血がみられました。銀のかぶせがしてある歯は、神経がない歯でした。

噛んで痛いということは、根の先に膿がたまっている可能性と、かみ合わせのによる咬合の痛みの可能性があります。レントゲンで検査してみますと、根の先に透過像はなく、膿は見られませんでした。トントンとたたく、打診は、少しだけ痛みがありました。かぶせ物の診査をしてみますと、銀の歯は、歯と歯の間がゆるく、食べ物が入って、歯肉に突きささっていました。

食べ物がいつも入ると、歯ぐきに炎症をおこし、痛みが出ることがあります。歯間がゆるいかぶせものは、外して、かたをとり、新しい白いかぶせにすることで、食べ物がつまらなくなり、歯ぐきが改善します。放置すると歯周病が進行することもあります。

歯周病についてはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:歯槽膿漏治療・歯周病治療

歯ぐきの調子が悪く、歯周病学会認定医を検索し歯周病治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

歯ぐきの中の、歯の根の部分に歯石がついていて、歯周ポケットが深くなっていました。まず歯ぐきの上の歯石をすべて取り除き、歯ぐきの急性症状がなくなるのを待ちました。歯ぐきの上の掃除をし、ブラッシングが上達すると、出血が減ります。出血がなくなると歯ぐきの中の歯石も見えやすく、取りやすくなります。

歯周病歯ぐきの上の歯石が取れ、症状が治まってから、今度は、何回かに分けて、歯ぐきの中に潜っている歯石の除去を始めます。

今日は、歯ぐきの中の歯石取りの1回目でした。右上の奥歯の歯石をとるため、右上に表面麻酔を塗り、麻酔をして、歯ぐきの中の歯石を、超音波スケーラーと手用スケーラーを使い、手指の感覚をとぎすませて、歯石のざらつきを取り除きます。歯の根っこの表面をツルツルにして、歯石を取り除きます。歯周ポケットから器具を入れて歯石をとるので、縫合の必要はありません。

一時的にしみる場合もありますが、落ち着くと、歯ぐきは引き締まり、健康なピンクの歯ぐきを取り戻します。あとは、定期検診で定期的なお掃除を継続すれば、腫れを繰り返すことがなくなります。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:歯がぐらぐら揺れて痛い

2015年9月16日   歯がぐらぐら揺れて噛むと痛い。

70代女性

2か月前に歯がゆれて痛いので、他院に行ったが、掃除をしただけで終了となり、痛い歯は、そのままでした。息子さんに「噛んでずっと痛かった歯が治った」と聞いて、まうな歯科医院に来院されました。

レントゲン等で診査したところ、重度歯周病の末期で、歯がぐらぐら揺れていました。歯を支えている骨が、吸収して無くなってしまっていて、根の先端まで歯の周囲の骨が全てなくなっていました。2か月の間、噛むと痛いのが続き、最近は歯ぐきが腫れて膿が出ていたそうです。

この歯は、残念ながら残すことができない状態でした。抜歯をご希望されましたので、抜いたところ、痛みもなくなり、腫れも落ち着きました。お正月までに歯を入れたいとのことで、新しい歯を入れることになりました。他の歯も歯周病で少し揺れがあり、まだ再生治療等で、残せる状態であったため、他の歯は、歯を残すための歯周病治療をすることになりました。

歯周病治療はこちらから→>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

第58回 日本歯周病学会

平成27年9月13日アクトシティ浜松にて、第58回秋季日本歯周病学会学術大会がありました。

大会テーマは「健康長寿延伸のための歯周病治療(高齢歯周病学の確立に向けて)」でした。

歯周病が、生活習慣病を中心とする種々の全身疾患と関連性があるという多数の研究報告がある一方、この生活習慣病に罹患している多くの高齢者では、現在歯数の増加に伴う歯周病罹患歯率の増加が問題となっています。今後、健康寿命延伸のためには、歯周病治療による生活習慣病の改善効果、介護予防としての高齢者に対する歯周病の研究、高齢歯周病学の確立をめざします。

歯周病治療はこちら>>

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会 and tagged

メール相談・予約