TOP

電話

'

タグアーカイブ: ドックベストセメント

患者さん日記:右下の詰め物がとれた

荻窪の歯医者 まうな歯科医院 患者さん日記:右下の奥歯の詰め物がとれた。

1週間前に、右下の奥から2番目の銀歯の詰め物がとれたと、荻窪のまうな歯科医院に来院されました。お口の中を拝見してみますと、右下の奥から2番目の歯は、黒くなって、穴が開いていました。レントゲンで確認しますと、神経までは達していない虫歯のようでした。

虫歯になったために、10年以上前に入れた銀歯が外れてきたようです。虫歯がありましたので、虫歯をとると、古い詰め物は合わなくなるた、新しく作ることになりました。

できるだけ痛くないように、表面麻酔を使用し、麻酔液をあたためて麻酔をしました。

麻酔が効いてから、古いセメントをとり、う蝕検知液で、染まったところだけを、必要最低限、取り残さないように、虫歯の感染歯質だけをていねいに除去していきます。

検知液で赤く染めては、水洗し、赤く染め出された感染歯質のみを除去する治療を繰り返し、虫歯の菌が感染している部分だけをとりのぞいたところ、神経は残せました。殺菌作用のあるドックベストセメントををおいて、神経保護するお薬をおいて、セメントで神経を保護します。ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

形を整えて、型を取ります。虫歯を除去した日は、神経の近くを刺激するので、麻酔が切れたころに、少し痛みが出やすい状態です。これは、神経が充血して、圧力が高まるためですが、充血がおさまると、痛みが引きます。痛みが治まれば、神経は残せます。

次の予約で出来上がった白い詰め物をつめて治療終了になります。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

ドックベストセメントができない症例

ドックベストセメントができない症例:

1 ズキズキ強い痛みがある症例:

3日前からズキズキ痛くて眠れません。ドックベストセメントで神経を残せるでしょうか?ズキズキ強い痛みのある歯は、歯髄炎(神経の炎症)をおこしてしまっているので、根の治療をすることで、猛烈な痛みがとれます。痛みを我慢して無理に残しても、後日神経が死んでしまうことがあります。後日、根の治療になる可能性が高く、おすすめできません。

2 神経が死んでしまっている症例:

神経が死んでいるということは、神経が腐っているので、ドックベストセメントは神経を残すために歯(象牙質)の殺菌を行うので適応ではありません。ドックベストセメントではなく、根の治療をして、歯を保存する治療になります。

3 虫歯が歯茎の下まで進んでいる症例:

歯茎の下まで虫歯が進んでいると、セメントが詰められず、密閉できないので、適応ではありません。歯茎の下の程度にもよりますが、あまりお勧めできません。

4 刺激に強い反応がある症例:

水を飲んでも痛くて、息を吸っても痛い。水が飲めないくらい痛い。うがいができないくらい痛い。これらの症状は、既に虫歯の菌が神経に入っていて、歯髄炎(神経の炎症)をおこしている可能性があります。後日、根の治療になる可能性があります。

強くしみる場合でも、知覚過敏でしたら、知覚過敏の治療が可能ですのでご相談ください。

5 歯が割れてしまっている症例:

割れ方にもよりますが、縦に二つに根の先まで割れてしまうと、歯が保存できないこともあります。小さく欠けただけで、神経が出ていない場合は、ドックベストセメントの適応になることもあります。

6 着色のみの表層だけのむし歯:

小さすぎる表面だけの虫歯の場合、ドックベストセメントをつめるスペースがないので、歯を削るのはもったいないです。再石灰化を期待し、クリンプロ歯磨き粉やフッ素が適応になります。

 

◎ドックベストセメントは、何も刺激がないときに痛みがなく、神経がでていないむし歯の殺菌・神経の保存に効果的です。ドックメスとセントについてはこちらから。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから。

東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F/まうな歯科医院/ドックベストセメントができない症例

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科 and tagged

荻窪患者さん日記:左上の奥歯の銀歯がとれてなくしてしまった

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の奥から2番目の歯の銀歯が食事中にとれ、なくしてしまい、できるだけ歯を削らない治療をしているからと、まうな歯科医院を妹さんに紹介され、来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥から2番目の歯には、穴があり、真っ黒になっていました。レントゲン検査で、虫歯は大きいのですが、神経には達していないようでした。できるだけ痛くないよう表面麻酔をしてから麻酔をして、虫歯になったため歯のやわらかくなってしまった部分を除去し、健康な歯を保存するよう、虫歯を染め出す「う蝕検知液」で赤く染めて、ていねいに虫歯だけを除去しました。深いところは、高速の器具ではなく、回転数のゆっくりで、神経にやさしいエンジンにかえて、虫歯を除去します。ゆっくりな分、ゴトゴト響きますが、発熱が少なく神経に優しいです。妹さんのすすめで、ドックベストセメント治療をご希望されましたので、神経をできるだけ残すように、神経を保護する薬(ドックベストセメント)を置いてから、硬いセメントで覆いました。

ドックベストセメントが使えない症例はこちらから。

型を取って、穴の部分を白い詰め物で治しました。神経はできるだけ残すことをお勧めします。

歯をできるだけ削らない治療はこちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:長い間歯医者に行っていない

まうな歯科医院 患者さん日記: 長い間歯医者に行けていなかった。 70代男性

長らく歯医者に行っていなかったので、お孫さんをいつも連れてきてるまうな歯科医院 に、お孫さんのおじい様が来院されました。長い間、歯科医院を受診していないので、歯石もあるし、むし歯もあるかもしれないので、検診とクリーニング、歯石取り、前歯の茶色い着色とりをご希望されていました。

お口の中を拝見してみますと、下の前歯の裏側に、たくさん歯石が付いていました。右下の奥から2番目の歯が、むし歯でかけていました。ご本人は、かけているのに気がつかなかったそうです。歯がかけているのが、右下の一番奥と2番目の歯の間の、ほっぺた側(外側)で、舌があたらないので、気がつかなかったようです。

レントゲン検査で、確認したところ、まだ神経が残せるくらいの虫歯でしたので、虫歯を取り、神経を残す薬(ドックベストセメント)を使用し、神経を残して、つめものの型どりをしました。

歯石や着色はクリーニングできれいになります。歯周病がみられましたが、まだ中等度以上の歯周病はみられず、歯周病で抜かなければいけない歯はありませんでした。定期的なお掃除をして、歯歯周病で歯の周りの骨がとけて、進行するのを防ぐことをおすすめいたします。

クリーニングについてはこちらをご覧ください。

荻窪南口まうな歯科医院/ドックベストセメント//

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:ドックベストセメント治療をやりたい

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯にドックベストセメント治療を希望され、東京でドックベストセメント治療をおこなっている女医さんの歯医者を探してまうな歯科医院に来院されました。左上の奥から3番目の歯に2年前、関西でドックベストセメントの治療をしたところが、痛みは無かったのですが、かけてしまい、東京に転居していたので、近所の歯医者にいったところ、ドックベストセメントをやっていなかったそうです。虫歯になったら神経とると言われ、ダメなら神経を抜くしかないと半年前に言われたそうです。時々しみるのと、かむと痛いのと、舌で触ると、上に空洞がある感じがするのが気になるとの事でした。

レントゲン検査をしますと、かなり大きな虫歯でしたが、神経に達していない可能性がありました。症状があるので、中をあけて、もう一度ドックベストセメントで再治療することになりました。

ズキズキ痛みがある歯は、ドックベストセメントの適応になりません。

ドックベストセメントができない例はこちら。

詰め物を取り、虫歯を神経に優しい低速のエンジンを使用し、ウショク検知液で虫歯を染めだしながら、丁寧に取り除きます。ウショク検知液を使用すると、健康歯質を削ることなく、虫歯の取り残しも防げます。ドックベストセメントで殺菌することで、神経を保護し、殺菌力が持続することで、また虫歯になりにくくする効果を期待します。

ドックベストセメントについてはこちら。

まうな歯科医院/ドックベストセメント虫歯治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右下の歯がかむと痛い

患者さん日記:かむと右下の歯が痛いと、できるだけ削らない歯科医院を職場の方に紹介されて、まうな歯科医院に来院されました。

右下が、3週間前から、食事でかむと、ズキンと痛みがあり、いつも、奥から2番目あたりでかむと、痛みが出るようになりました。少ししみるとの事でした。

お口の中を拝見してみますと、奥から2番目と3番目に銀歯がありました。レントゲン検査の結果、奥から2番目の歯の銀歯の中に、神経にちかいくらい大きく進行した虫歯があるのが分かりました。

痛みもあり、本日からむし歯治療をご希望されました。

痛みを極力和らげるために表面麻酔をしてから、あたためた麻酔液を使用し麻酔をしました。ご希望の方には、麻酔の前にレーザーを照射します。銀歯を外してみますと、中はむし歯でやわらかくなり、感染していました。うしょく検知液で、虫歯のすみかになっている感染歯質を赤く染めだして、必要最低限を、取り残さないようにしっかり除去していきます。神経に近いため、神経を保護するドックベストセメントを使用し、神経をできるだけ残せるように治療しました。ドックベストセメントで詰めた後は、予後が良ければ、型を取り、白い詰め物を入れることもできます。

ドックベストセメントについてはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:セカンドオピニオンで来院

まうな歯科医院 患者さん日記:他の歯科医院で、10か所虫歯だと言われ、不信に思い、娘さんの紹介で、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

ずっとかかりつけの歯科医院だったのですが、担当の先生がいなくなってしまい、すごく若い先生に変わったとの事でした。半年前に以前の先生に診てもらったときは、虫歯はないからもう来なくていいといわれたのに、半年の間に10か所も虫歯ができるのか不信になってしまったとのことでした。そこの医院の歯科衛生士が10か所虫歯があると言い、若い先生が「そうだ」と言ったとのことでした。

お口の中を拝見してみますと、前歯に2本黒くなっている歯があり、左下の奥歯の頬側の面にも少し黒くなっている虫歯が2本あり、計4本のはっきり分かる虫歯がありました。4本は、いずれも、白いもので詰めるだけで治療が1回で終われそうでした。できるだけ削らない治療をご希望されていましたが、ドックベストセメントを使用して神経も残せそうでしたし、まだ大きな虫歯ではなくあまり削らない治療が可能であると思われました。

左の上の親知らずの銀歯は、隙間があり、中が虫歯の可能性がありました。大きい詰め物が入っていましたので、レントゲンにうつらない部分が虫歯の可能性があります。

緊急ですぐ治したほうが、歯を残すためにいい虫歯4本から治療することになりました。虫歯を放置しますと、前歯が欠けてしまったり、神経まで達してしまったりします。経過観察なのか、治療をするタイミングが大事です。

まうな歯科医院/セカンドオピニオン

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:親知らずの隣りの歯が虫歯

まうな歯科医院 患者さん日記

3日前に、他の医院で親知らずを抜歯し、隣の歯に、大きな虫歯ができていることを指摘され、親知らずを抜くのに時間がかかり、むし歯の治療は後日することになり、仮の詰め物をしてもらっていたところが、取れてしまい、痛みがあり、まうな歯科医院に来院されました。

右下に、ズキズキとした痛みがあり、親知らずを抜いた痛みなのか、むし歯の歯が痛むのかわからないとの事でした。ドライソケットについても心配されていました。ドライソケットは、抜歯した後、骨が露出してしまい、痛みが長引くつらい状態です。お口の中を拝見してみますと、抜歯したあなは、きちんと、血餅(かさぶた)で覆われ、骨の露出はありませんでした。隣りの虫歯の方も、洗浄しても、全くしみておらず、痛みが出ている状態ではありませんでした。おそらく、親知らずを抜歯して、まだ3日目の朝でしたので、傷口が痛んで、鈍痛があったと思われました。親知らずの抜歯後は、通常でも痛みが出ることがありますが、2,3日をピークに和らいでいきます。

親知らずの隣りのむし歯は、レントゲンで診ますと、神経には達していないようですが、かなり大きいものでした。親知らずと重なって、磨けないところから、むし歯が進んでいました。親知らずを抜いたので、治療がとてもやりやすくなっていました。神経を残せれば、詰め物で治せますので、最短2回で治療が終わります。このように、神経の近くまで達する大きなむし歯では、神経を保護するお薬(ドックベストセメント等)を使用して、むし歯の治療を行います。

ドックベストセメントについてはこちら>>

荻窪まうな歯科医院/患者さん歯医者日記

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約