TOP

電話

'

タグアーカイブ: ドックベストセメント

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:歯科治療がこわくなって放置した歯がかけた

 

 

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:成人してから20年近く歯科医院に行っておらず、5年前に左下の歯科治療をしたら痛くて、そのまま行けなくなり、放置してしまっていた歯がかけました。全部治したいが、5年前の治療がトラウマになり、こわくて歯医者に行けなくなっていました。

ホームページを見て、こわがりの人もたくさん来て、通えるようになっているのを知り、是非、全部の歯を治療したいと思い、まうな歯科医院に来院されました。

左下の一番奥の歯が、大きく欠けていました。まだ仮の詰め物はついていました。

虫歯になっている部分を取り除き、根の先にある膿がなくなるまで、根の消毒をする治療をして、歯を保存することになりました。

5年ぶりの歯科医院は、こわくて仕方なかったから、「こわいです。」と告げられました。勇気を出して、来て、えらいです。せっかく一度来れた患者さんが通えるように応援しています。

初回は、根の治療の恐怖が強かったため、1回目の根の治療をしてみて、痛みが無いことを体験し、次から通いやすいよう、少し根の治療を始めました。

根の治療を中断すると、歯を抜かなければならないリスクがあります。根の治療はできるだけ中断しないのが歯を残すために大事です。

根の治療が終わると、歯を補強して強くする土台を入れて、かぶせの白い歯をいれました。左下に虫歯が1本ありましたが、これは、神経が生きていたので、神経を残し、詰め物で治しました。左下は、ドックベストセメントを使用し、神経が残せたので、型を取り、2回の治療でした。歯をあまり削らない、詰め物にしました。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯に穴があいた

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:30代女性  左上の歯に穴があいた。

2年前に他の歯科医院で親知らずを抜歯したときに痛くて抜けず、歯科医院がこわくなってしまいました。音もこわくなり、なかなか歯医者に行けずにいたところ、左上の歯に穴かあき、黒くなってしまったので、あわてて知り合いの紹介で、歯科恐怖症でも優しく対応してくれると聞いて、まうな歯科医院に来院されました。

まず、歯科医院の何が苦手かをお聞きし、できる限り、苦手なものを配慮いたします。音と痛みがこわいとのことでしたので、極力無痛治療で、治療の練習から始めました。

お口の中を拝見してみますと、左上の糸切り歯(犬歯)の後ろ側に穴が開き、歯が真っ黒になっていました。歯が残せるか、ひどいことになっているのではないかと、緊張されていました。レントゲンで検査しますと、神経を残せる可能性が高く、ドックベストセメントで神経を保護して、1回でつめて治すことになりました。

神経が出てしまった場合は、成功率は下がりますが、MTAセメントが適応になる場合もあります。

 神経を出さない方が、予後がいいことから、できるだけ神経がでないように、慎重にう蝕検知液で赤く染め出しながら、虫歯を除去していきます。

一番深い所には、ドックベストセメントを詰めて、次に強度のある硬いセメントをつめて、殺菌力が持続するドックベストセメントを保護します。

痛みが出なければ、神経を残すことができ、根の治療にならずに済み、治療回数も少なくなります。

ドックベストセメントができない症例はこちらから。

ドックベストセメントについてはこちらから。

荻窪南口まうな歯科医院/ドックベストセメントの最新治療

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:10年ぶりに歯科受診

 

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:10年ぶりに歯科医院を受診され、歯科恐怖症で、ひどく緊張されておりました。

お口の中を拝見してみますと、虫歯が数本ありましたが、抜歯になりそうな歯はまだありませんでした。レントゲン検査をしてみますと、虫歯は神経まで達しておらず、今治療すれば、つめるだけで治せる状態でした。神経を残せるようドックベストセメントによる治療をご希望されました。ドックベストセメントは弱い殺菌力が持続しますので、再発防止にもなります。

今まで歯科医院に来なかったことを後悔されておられましたが、今日来たことをほめるべきです。今日来たことで、神経も、歯も残すことができたのです。今、虫歯になっている多くの歯を残すきっかけになりました。小さい虫歯でも、穴があくと虫歯の進行が早くなる傾向があります。小さい穴も放置すれば、個人差がありますが、神経まですすみ、歯を抜かなければならなくなることもあります。

初診時は練習やクリーニングをして、次回から、すぐに、今治療すれば神経がぎりぎり残せそうな歯を優先して、治療していきます。健康な歯はできるだけ削らない治療をおすすめしております。

痛みが苦手のことで、無痛治療をご希望されました。麻酔はできるだけ痛くないように配慮しています。歯茎に塗る表面麻酔を使用し、人肌にあたためた麻酔液ですと、痛みがやわらぎます。麻酔が怖くて前日に泣いていたという女の子も、麻酔が痛くなかったと喜んでくれました。個人差がありますが、できる限り痛くなく、治療するように努めております。

荻窪まうな歯科医院/無痛治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がズキズキ痛い

 

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がズキズキ痛い

左側が上下痛く、歯科治療がとても苦手なのですが、会社の人の紹介でまうな歯科医院に来院されました。会社の人も歯科恐怖症ですすめられました。

お口の中を拝見してみますと、左上の歯に穴が開いていました。歯の色が白濁し、グレーで大きな虫歯の可能性がありました。左下の歯は、詰め物が1本とれたままになっていたため、歯が大きくなくなっていました。右下の歯は、2本の詰め物がとれたままになっていました。

レントゲン検査をしてみますと、左下は、虫歯が神経まで達しておらず、まだ型を取り、詰め物で2回で治療できそうでした。左上の穴が開いていた歯は、穴の大きさよりは、虫歯がずっと大きく、虫歯が神経まですすんでいました。左上の奥から2番目の歯は、根の治療をして、歯を保存することになりました。左下の歯は、神経に近かったのですが、神経まで達しておらず、弱い殺菌力が持続するドックベストセメントを使用して、神経を保護することになりました。ドックベストセメントには適応があります。

将来のためにも、できるだけ健康な歯を削らない治療がおすすめです。

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記/左上の歯がズキズキ痛い/ドックベストセメント

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

ドックベストセメント:最新虫歯治療法

doc’s best cement (ドックベストセメント)は、銅イオンと鉄イオンの殺菌力で、虫歯菌を無菌化する方法です。 Cu+、Fe+のコンビネーションの殺菌力で、むし歯を無菌化するため、必要以上に歯を削らなくてよいなど利点があります。

ドックゲストセメント

従来の虫歯治療では、神経を取らなければならない大きい虫歯で、神経を残す治療として、注目されています。ドッグベストセメントを使うことで、殺菌し、神経をとらないですむ可能性が高くなり、歯の寿命を延ばし、QOLの向上にもつながると考えられます。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから→>>

ドックベストセメント

ドックベストセメントの治療法:

銅イオンを豊富に含むドックベストセメントを使い、虫歯の穴を封鎖します。銅イオンの殺菌力で、むし歯が無菌化されるのを期待します。100%無菌化されることをお約束するものではありません。できるだけ、むし歯を除去し、深いところに、神経を保護するように、神経が出ないように、ドックべストセメントを使用し、歯を保存する方法です。

虫歯を全く削らない治療法ではありません。神経がすでに露出していたり、自発痛があるときなどは適応にならない場合があります。ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

ドックベストセメントを含む虫歯の治療には、後日、痛みが出た場合、根の治療が必要な場合があります。痛みが出ず安定していれば、セメントの表面の形を整え、最終的な丈夫な金属やセラミックに置き換えます。11000

東京都杉並区荻窪南口徒歩1分まうな歯科医院ドックベストセメントまうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科, 診療内容 and tagged ,

荻窪患者さん日記:ドックベストセメント治療希望

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:1週間前に左上の奥歯の詰め物がとれてしまい、前からやりたいと思っていたドックベストセメント治療を希望され、虫歯治療でドックベストセメントを使用できる歯科医院をネットで検索して、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の一番奥の歯の詰め物がとれており、レントゲンでみますと、神経に近いところまでセメントがつめてあるようでした。神経には達していないようでしたが、神経が死んでいる可能性もありました。診査したところ、神経は生きていました。痛みもなく、この歯は、ドックベストセメント治療の適応だったので、ドックベストセメントを使用して、虫歯の治療をすることになりました。

ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

虫歯はあまり大きくなく、神経は残せました。古いセメントをすべて除去し、虫歯を染め出す検知液で確認し、虫歯を除去し、消毒して、一番深いところにドックベストセメントを詰めることで、弱い持続的な殺菌力が続くことで、再発を予防する目的で、神経を保護するようにドックベストセメントをつめました。その上に、硬いセメントと、樹脂で補強しました。痛みが出なければ、次回、型を取って、かぶせ物や詰め物を作って入れます。

できるだけ歯を削らない治療は、こちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:前歯がかけた

まうな歯科医院 患者さん日記  前歯がかけた

右上の真ん中から2番目の前歯の一部がかけてしまい、鋭利にとがっているのが気になっていたのですが、そのままにしていたところ、最近痛みがでてきたとのことで、友達に紹介され、まうな歯科医院に来院されました。

できるだけ削らない治療をご希望でした。前歯がかけると、詰めるだけで治せれば、ほとんど歯を削ることはありませんが、神経がある歯にかぶせて治療する場合は、歯を大きく削らなければならない場合もあります。

お口の中を拝見し、診査したところ、虫歯になって前歯がかけていました。虫歯は、神経に達していなかったので、神経を保護する薬(ドックベストセメント)をおいて、つめて治療することになりました。前歯は目立つ場所で、見た目が大事ですので、色と耐久性にすぐれたアステリアの材料を使用し、1回で白くつめるのをご希望されました。

アステリアについてはこちら>>

アステリアは、1回で終了し、従来のコンポジットレジンより、見た目がきれいで、長持ちするのが特徴です。治療後は、定期検診に通っていただき、着色を除去し、カラーメインテナンスを行います。

荻窪まうな歯科医院/歯をできるだけ残す治療/歯をできるだけ削らない治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:ドックベストセメント希望

まうな歯科医院 患者さん日記

虫歯になってしまいましたが、できるだけ削りたくないため、ドックベストセメントを希望されて、ドックベストセメントを使用した治療を行っている まうな歯科医院に来院されました。

doc’s best cement (ドックベストセメント)は、銅イオンを豊富に含み、主に銅イオンの殺菌力で、むし歯が無菌化されるのを期待します。

お口の中を拝見してみますと、右下の詰め物が2本取れてしまっていました。2週間前に取れたとのことで、とれた詰め物をご持参いただきました。2本のうち、前の金属のつめものは、あい具合も良く、虫歯になっていなかったので、そのまま消毒して、装着しました。

後ろの方の詰め物は、虫歯になっており、詰め物を合わせると、歯と詰め物の間に大きな穴がありました。後ろの詰め物1本だけ、新しく作りなおすことになりました。

できるだけ歯を削りなくないとのことで、虫歯の治療をし、ドックベストセメントを使用して、むし歯の穴を封鎖しました。セラミックの白い詰め物をご希望されましたので、型を取り、セラミックの詰め物をつくり装着しました。神経を残せましたので、かぶせず、部分的な詰め物ですみました。痛みのある歯には使用できないなど、適応があります。ドックベストセメントは虫歯を全く削らない治療ではありません。

ドックベストセメントについてはこちら>>

まうな歯科医院/歯を削らないドックベストセメント/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:奥歯の詰め物が取れたまま2年

まうな歯科医院 患者さん日記: 30代 4歳児の母  2年前に左上の奥歯がとれてしまい、そのままになっていました。

息子さんが、おじいさんに連れられてまうな歯科医院に通っていたところ、おじいさんも通院するようになり、昨日、ご主人様の詰め物がとれて、ご主人様も来院することになり、一緒についてきて まうな歯科医院に来院されました。歯科治療はとてもこわく、詰め物がとれても2年間歯科医院に行くことができなかったそうです。家族の皆が、「痛くないよ、大丈夫だよ。」と背中を押してくれ、連れてきてくれたので来られたとの事でした。無痛治療についてはこちらをご覧ください。

お口の中を拝見してみますと、2か所詰め物が取れており、神経には達していないようでした。つめものがとれたまま数年、放置してしまうと、すぐに治療した時と比べ、神経に菌が入ってしまっていて、神経にダメージが出てしまうリスクが出てきます。できるだけ神経を残すように殺菌力のあるドックベストセメントを詰めて治療します。右下に一か所、虫歯が出来ていましたが、こちらも神経を残せ、つめもののやりかえですみました。

麻酔はできるだけ痛くないように、表面麻酔を使用し、麻酔の液は温めてから、痛みを極力感じにくいような様々な配慮をしております。

ドックベストセメントについてはこちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右下の詰め物がとれた

荻窪の歯医者 まうな歯科医院 患者さん日記:右下の奥歯の詰め物がとれた。

1週間前に、右下の奥から2番目の銀歯の詰め物がとれたと、荻窪のまうな歯科医院に来院されました。お口の中を拝見してみますと、右下の奥から2番目の歯は、黒くなって、穴が開いていました。レントゲンで確認しますと、神経までは達していない虫歯のようでした。

虫歯になったために、10年以上前に入れた銀歯が外れてきたようです。虫歯がありましたので、虫歯をとると、古い詰め物は合わなくなるた、新しく作ることになりました。

できるだけ痛くないように、表面麻酔を使用し、麻酔液をあたためて麻酔をしました。

麻酔が効いてから、古いセメントをとり、う蝕検知液で、染まったところだけを、必要最低限、取り残さないように、虫歯の感染歯質だけをていねいに除去していきます。

検知液で赤く染めては、水洗し、赤く染め出された感染歯質のみを除去する治療を繰り返し、虫歯の菌が感染している部分だけをとりのぞいたところ、神経は残せました。殺菌作用のあるドックベストセメントををおいて、神経保護するお薬をおいて、セメントで神経を保護します。ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

形を整えて、型を取ります。虫歯を除去した日は、神経の近くを刺激するので、麻酔が切れたころに、少し痛みが出やすい状態です。これは、神経が充血して、圧力が高まるためですが、充血がおさまると、痛みが引きます。痛みが治まれば、神経は残せます。

次の予約で出来上がった白い詰め物をつめて治療終了になります。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約