TOP

電話

カテゴリ: 歯科医のつぶやき

診療しております

まうな歯科医院

通常診療時間内、診療しております。

ご来院前、ご自宅からマスクの着用をお願いしております。

予約制となっております。

03-5335-7915

当院は引き続き感染防止のための最善の対応を徹底しながら診療を継続することを、ここにご案内させて頂きます。

以前より実施している感染対策を更に徹底し、より患者様に安心してご来院いただけるように努めております。

COVID-19感染症対策についてはこちらから

まうな歯科医院の新型コロナウィルスに対する対応

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged

ユニクロ流接遇セミナーに参加

ユニクロのここがすごい。

「全店・全スタッフが、同じことを徹底する力がすごい。」

細かいサービスを全員が実践できるように、全社員に徹底されている。ベテランの人も、新人アルバイトまで、全員がサービスできるようシステムが出来上がっている。

なるほどと参考になる講習会でした。歯科医院とユニクロは共通点があるそうです。久保先生ありがとうございました。早速、朝礼で、スタッフに一部を伝えました。

電話応対や対面応対で、不快感を与えることなく、快適に過ごしていただける最高のサービスを目指します。まだまだ至らないですが、日々、上を目指して、レベルアップを目指したいと思います。お気づきのことは、shika@maunadental.com まで是非お知らせください。

快適な空間、癒される空間の歯科医院を提供するべく努力します。

ユニクロ流接遇

最高のサービスを目指して

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会 and tagged ,

院内感染防止対策講習会

院内感染防止対策委員会の講師によるの感染症の予防対策講習会を受講してきました。

今年も、最新の感染症予防対策を勉強し、院内を見直し、新しい対策を取り入れていきます。

渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて。

ご希望の方には、使い捨ての新品の器具(ディスポーザブルの器具)をご用意しております。

タービンはただ滅菌すればいいとは言えません。タービンの中の水は、しっかり出し切って、管の中もきれいにしてから、消毒する必要があります。手間をかけ、しっかりと、毎回、タービンに水を通し、水を出してから、外して、器具の消毒・滅菌作業に入ります。国立感染症センターの講師から、タービンの有効な消毒方法を教わりました。

まうな歯科医院/感染症対策/消毒講習会受講

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会, 感染予防 and tagged

高濃度フッ素配合 歯磨き粉の時代

厚生労働省は、フッ素濃度1000ppm以上で、1500ppm以下の製品を医薬部外品として2017年3月に承認しました。それまで国内で販売できる歯磨き粉は、ISO国際標準化機構の基準値1500ppmを大きく下回る 1000ppm以下に規制されていました。

8020達成者が51.2%と多数の歯が残る高齢者が急増しており、新しい高濃度フッ素配合の歯磨き粉は、虫歯予防に心強い助けとなります。20年前は8%しか達成者がいなかったことを考えると大きく改善されてきていることが分かります。

1970年代から80年代、フッ素が入っている歯磨き粉が普及してから、先進国では子供たちの虫歯が急減するという傾向がみられました。日本では、1996年47%のとどまっていたが、2016年フッ素入りの歯磨き粉のシェアは、91%に達しました。

今回の承認にともない、国内で、1450ppmの高濃度フッ素配合の歯磨き粉が新しく発売されました。

フッ素は歯を強くし虫歯になりにくくします。

虫歯は虫歯の菌が出す酸で歯がとけて穴があきます。フッ素の作用で歯の耐酸性が増す(酸にとけにくい歯になる)ことで、虫歯につよい歯になります。

フッ素について詳しくはこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

日本国際歯科大会

2018年10月5日~7日横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜にて、日本国際歯科大会がありました。

歯内療法のScience&Art

スポーツマウスガード

健康長寿大国ニッポンを支える歯科医療

歯の保存に徹底的にこだわる!歯周組織再生療法を成功に導く治療・・ 他

ワールドデンタルショー2018も開催されました。

荻窪まうな歯科医院研修

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会 and tagged

東京デンタルショー2017

「口腔から全身の健康を科学する」

東京から発信!最新の歯科医療!!

TOKYO DENTAL SHOW 2017

2017年11月11日~

東京ビッグサイト東2~3ホール

最新の機材と情報満載のデンタルショー
今年も東京デンタルショーに参加しました。
2017年11月11日土曜日の診療終了後に東京ビックサイトへ行きました。歯科関連の業者の方々から、新製品や、使用している機器や材料をより活用する方法を聞いたり、興味深い情報が沢山ありました。とても濃い一日となりました。患者様に還元していきたいです。
東京荻窪まうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会 and tagged

子供の口腔崩壊 東京で3校に1校

口腔崩壊と考えられる児童がいた学校の割合が、東京歯科保険医協会が都内で調べたところ 38%と、3校に1校で、口腔崩壊している児童が存在しました。理由は、経済的困窮や病院に行く時間がないことなどが考えられます。

口腔崩壊とは、虫歯が10本以上あったり、歯の根しか残っていない未処置歯が何本もあったりする状態を指します。学校現場でも問題になっています。

全国でも、口腔崩壊の子がいた小学校は、40%、中学校は33%、高校50%、特別支援学校は45%くらいでした。検診で要受診となっても病院に行けない子どもの割合は小学校52%、中学校66%、高校84%程で、受診していない児童・生徒は約26万人に達していました。担当者はせっかくの検診が早期発見、治療に役立っていないと分析しています。

乳歯は生えかわるから虫歯を放置してもよいと誤解をしている人がいたり、歯がおれて、歯ぐきだけで食べている児童もいるといいます。乳歯が虫歯になっていると、お口の環境が悪いので、永久歯も虫歯になりやすいです。同じお口の環境では、永久歯も、同様に虫歯になり、口腔崩壊にいたる確率が高まります。小さい虫歯のうちに、治しておくと、痛みもなく、治療される本人も楽です。年齢により、お子様だけでの通院も可能です。

定期健診についてはこちらをご覧ください

~東京新聞~

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき

大田黒公園 紅葉見頃

杉並区の大田黒公園が報道ステーションで11月24日に紹介されました。

大田黒公園は、木の立派な門を入ると、銀杏並木が続き、黄色の絨毯のようになり、中に入ると、まさに赤で、見事な紅葉です。日本庭園のようで、川の流れや池があり、錦鯉が泳いでいます。中央線荻窪駅前のまうな歯科医院から徒歩10分弱です。

2017年は、12月3日まで、夜間ライトアップが行われていました。12月3日、黄色の銀杏も、赤い紅葉も、見頃でした。

まうな歯科医院    D3DFE767-63A7-4D68-8C8D-16B997A1CA69

お近くにお越しの際は、是非、紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

普段は、朝 9:00から16:30まで公開しており、無料です。

近くの角川庭園と合わせて、お気に入りスポットです。

まうな歯科医院

東京都杉並区荻窪まうな歯科医院/テレビで紹介/報道ステーション大田黒公園

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき

女医による丁寧できめ細かな治療

女医さんによる丁寧できめ細かい治療を行う まうな歯科医院

荻窪南口まうな歯科医院は、女性院長 歯科医師渡辺あかねをはじめ、歯周病認定医櫻井なな、歯科医師高垣あずさ、歯科医師瀧口陽子と女医(女性歯科医師)の歯科医院です。

歯科医師、歯科衛生士、スタッフも含め、全て女性が優しく担当しますので、小さいお子様から歯科恐怖症の方も、安心して来院できます。

0歳からお子様を連れて来院される方も多いです。小さいお子様も大歓迎です。特に午前中は、子育て中のママ スタッフ・歯科衛生士が多く在籍しています。お母さま、お父様とお子様の同時予約の診療も可能です。

女性ドクターによる丁寧できめ細かい治療を行う荻窪南口まうな歯科医院は、女医の歯科医院です。(2019年4月現在)

優しい女医さんを探して、まうな歯科医院に来院される方も多くおられます。

患者様の声はこちら>>

荻窪南口の女医の歯医者/まうな歯科医院女性歯科医師

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:情報 and tagged ,

定期的なメインテナンスを受けていますか?

以前は、何か歯にトラブルがあると、歯科医院に行っていたが、今は、気になることがなくても、予防するために、歯科医院に通う人が増えてきている。しかしながら、まだ歯の定期健診に通っていない人が少なからずいるため、定期的な検診・メインテナンスの重要性についておさいしておこうと思う。

スウェーデンでは、80歳で20本の歯が残っているという 「8020運動」を達成している。予防大国、国民の9割が、自費での3か月に1回のメインテナンスを受診しているという。

日本人は治療をうけて、それが再発し、歯を失う悪循環を繰り返してきた。10年前の岡山大学のデータでは、詰め物は平均10年もたずに、脱落したり、再治療になっている。

日本人は80歳で2本の歯が残っているのは4割くらいに限られる。以前は80歳で4本しかのこっていなかったのに比べると、かなり改善してきている。

今は、新しい歯科材料や、接着技術の進歩で、詰め物の寿命は改善されているかもしれないが、一度治療すれば大丈夫とは言えないということには変わりない。

日本人は80歳で20本の歯が残っている人は4割くらいである。20年前は、80歳で4本しか残っていなかったのに比べると2011年では14本とかなり改善してきている。今の80歳は、歯の数が増えたせいか、若々しくみえる。

スウェーデンは、予防重視の姿勢が徹底されている点が、残存する歯の数の差につながっていると思われる。定期的なメインテナンスは、自分の歯を残すために必須である。

まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき and tagged

メール相談・予約