TOP

電話

'

タグアーカイブ: 神経を残す治療

荻窪患者さん日記:神経をとりたくない!セカンドオピニオンで来院

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:1ヵ月前に他院で治療した歯が時々うずくため、神経をとらないといけないかもしれないと言われ、神経を残せないかどうか、セカンドオピニオンで、まうな歯科医院に来院されました。

左下奥から2番目の歯は、1か月半前に治療し、金属が入っており、左上の奥から2番目の歯は、1か月前に近所の歯科医院で治療が完了し、白い自費の詰め物が入っていました。

時々、うずくので、中に虫歯が残っているのではないか?と不安になり、神経をとりたくはないので、セカンドオピニオンを行っているできるだけ歯を残す方針のまうな歯科医院に来院されました。

 

かぶせ物を外して中に虫歯がないか確認する方法もあるのですが、深い虫歯であった場合、どうしても歯の負担が大きくなってしまい、神経をとるリスクが増してしまう事があります。虫歯が深く、虫歯の菌が神経にすでに入っていて、神経の炎症が強い場合、神経をとると、痛みが無くなる場合があります。

新しいかぶせ物で、何もしないときには痛みがあまりなく、かんだ時や、食後のみ痛くなる時は、かみ合わせが原因のことがよくあります。

かみ合わせ治療の例はこちら。

第一選択としては、痛みがある歯の神経を残せる可能性があるとき、いきなり詰め物を外すのではなく、まず、側方運動と言って、歯をギリギリ横に動かしたときや、食事の時に自然に出る臼磨運動という、すりつぶすときのあごの動きでのかみ合わせの調整を行います。横に動かしたときだけ、痛みを感じるときは、この側方運動時のかみ合わせの調整だけで、痛みがとれることがよくあります。調整しても全くよくならないときは、詰め物を外したり、歯の中を見る必要があることもあります。  他の症例>>

歯

治療では、歯に優しい「後戻りのできる治療」から優先して行っていきます。

神経をとったり、歯を抜いたら、2度と戻せません。まずは、天然歯ではなく、人工物である、詰め物等の調整から始めます。天然歯と違い、模型上で人が手作りで作っていますので、細やかなかみ合わせは、食事などで実際使ってみてから調整がいることもあります。かみ合わせの調整というのは、紙の薄さよりも細やかで繊細で、特に顎の動きによって当たりがことなる側方運動は、何回か調整がいる方もおられます。かんで痛いのは、放置しないのがおすすめです。

左上の奥歯を調整をしたところ、かめるようになり、痛みが治まりました。今回は、かぶせを外さずに、神経も取らずにすみました。

長年かんで痛いのを我慢していた人もいます。>>

できるだけ歯を削らない治療はこちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:かんで痛い。神経をとりなくない。

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がかむと、食事の度に痛く、近所の歯医者に行ったら神経をとるかもと言われ、神経を取らずに治療できる方法はないかと調べて、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。まうな歯科医院ではドックベストセメント治療や、カリソルブ治療、3Mix-MP法などを行っているので、それが適応の場合、希望されていました。

噛んで痛い原因には、色々あり、実際にお口の中を拝見し、検査してみますと、かみ合わせの問題が発見されました。かみ合わせだけが原因で、痛みが出ている場合は、かみ合わせの治療で、詰め物を外すことなく、神経もとらずに、痛みが治ることもあります。レントゲンで、虫歯や根の先の膿などの異常が確認されない場合、まずかみあわせの治療をして、治らなければ、初めて詰め物をとってみて、中が虫歯でないかなど、異常がないか、検査していきます。かみ合わせは、高くなくても、食事の時の動き、臼磨運動という食物をすりつぶす時の動きで、顎を回転させる動きや、横に動かす動きが無意識のうちに出ています。特に横に動かした時などに、強くかみ合わせがあたり、食事の時だけ痛く感じる場合があります。

まずは、かみ合わせの横の動きである「側方運動」を調整します。それだけで、痛みが取れる人もいます。いたかった期間が、数年に及ぶ人もいました。ずっと左では噛めなかったという方が、側方運動の調整で、かめるようになる場合もありました。

かみ合わせの調整をしても治らないときは、銀歯を外すなどの、治療に入ります。できるだけ歯に優しい治療からはじめます。

噛んで痛くても、神経を取らずにすむことはよくあります。一度拝見して診て、診査してみると分かります。歯ぎしりや、かみ合わせが原因の時は、マウスピースで改善することもあります。

荻窪まうな歯科医院/かみ合わせ治療/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左下の奥歯が3日前痛かった

荻窪の歯医者 荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左下の奥歯が3日前から痛かったので、ご主人様の紹介で荻窪駅前にあるまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯の後ろ側の歯と歯の間に穴があいていました。レントゲンで、神経に近い大きさの虫歯であることが分かりました。神経をできるだけ残す治療を行います。神経に近い虫歯があると、虫歯の菌が神経にすでに入っているため、神経を残せないリスクがあります。特殊なお薬を使用して、殺菌力のある薬で神経を保護するようにして、セメントをつめ、できるだけ神経を残すように治療します。大きな虫歯になってしまった場合、100%神経を残せるとは限りませんが、できるだけ残すよう試みます。

できるだけ痛くないよう表面麻酔を塗布してから、あたためた麻酔液で麻酔をして、虫歯の治療を行います。できるだけ無痛治療を心がけています。虫歯が神経までは達していなかったので、神経を残せると思われました。ドックベストセメントを使用して、殺菌力と神経を保護するせめんとを用いて、セメンをと詰めました。

大きな虫歯の場合、かぶせものになることもありますが、今回は、かぶせず、アンレーという詰め物で歯をできるだけ削らずに治療することにしました。かぶせると、歯の全体を覆うので、丈夫なのですが、歯の全体を一層、削らなければならないという欠点があります。一度削ってしまった歯は2度と戻せませんから、極力削らない治療をおすすめします。

子供のころに入れた保険の銀歯を白くしていきたいとのことでした。銀歯は、外して、白い詰め物に変えていくことができます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:神経を取ると言われた(セカンドオピニオン)

荻窪のまうな歯科医院 患者さん日記:他院で神経をとると言われてしまい、本当にとらなければならないのか、本当に神経を残せないのか、セカンドオピニオン(他のドクターの意見も聞いてみる)の目的でまうな歯科医院に来院されました。

2週間前に右上の一番奥の歯の虫歯の治療をし、虫歯を除去する治療を行ったとの事でした。痛みはほとんどないのですが、時々、少しうずく感じがする程度で、しみることはなく、かんでも痛みを感じることがなく、食事も右でもできています。

お口の中を拝見してみますと、右上の一番奥の歯には、セメントが入っていました。硬いセメントで、削らないととれない安定した仮のセメントでした。レントゲン写真で、虫歯の状態をみますと、大きな虫歯だったようで、神経の近くまで、透過像(レントゲンで黒くなる画像)が認められます。トントンたたく打診をみると、痛みはありませんでした。これは、根の先に急性炎症がない状態で、今のところ神経は安定しているようでした。

虫歯は、神経の近くまであったようで、神経のすぐ近くまでレントゲン透過像がみられましたので、確かに、痛みが出た場合は、神経をとらなければならない可能性があります。ただ、症状がないのでしたら、神経が出ていないのであれば、神経を残せる可能性があります。特殊なお薬(ドックベストセメント等)をおいて、神経を残す方法もあることをご説明しました。ただ、2週間前に治療した時に、お痛みが出ていて、落ち着いたばかりですので、今、またさわると、刺激になり、また痛みが出る可能性があるので、今のところ、神経をとらずに、様子をみるのがいいと思われます。大きな虫歯の治療をした後は、神経が自然に死んでしまう場合もありますので、少し様子を見て、歯が安定してから、最終の詰め物をいれる方がよいでしょう。

ドックベストセメントが適応にならない時はこちらをご覧ください

荻窪南口まうな歯科医院のセカンドオピニオン

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:左上の奥歯の神経を残して治療をしたい

荻窪の歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の一番奥の銀の詰め物がとれてしまい、近所の歯医者に行ったところ、神経をとって銀歯でかぶせるしか方法はない。神経が死んでいるかもしれない。神経は残せないと言われ、少ししみるので、神経はまだ生きていると思うし、何とか神経を残す治療をやっている歯医者さんはないかと、ネットで検索して、荻窪にあるまうな歯科医院に来院されました。前の医院で一度、痛い治療を経験してから、少し歯科治療が怖くなっていたそうです。歯科恐怖症はこちらをご覧ください。

お口の中を拝見してみますと、左上の一番奥の歯は、詰め物がとれて、大きな穴が開いていました。少ししみるけれど、痛みはない状態でした。かなり大きな穴でしたので、虫歯の大きさによっては、神経を残せないこともあります。レントゲン検査をしてみますと、左上の一番奥の虫歯はかなり大きな穴が開いていましたが、神経まではぎりぎり達していない可能性がありました。神経まで虫歯が達していなければ、治療後痛みが出なければ、神経を残せる可能性が高まります。できるだけ歯を削らず、できるだけ神経を残す治療をご希望でしたので、虫歯の治療を開始することになりました。

表面麻酔をしてから、痛みが緩和されるようあたためた麻酔液で麻酔をして、虫歯を丁寧に取り除いて行きました。虫歯菌に感染した歯質をう蝕検知液という検査液で染めだして、できるだけ歯を削らないようにして、虫歯を取り残さないようにします。できるだけ神経を残すために、殺菌作用のあるドックベストセメントを使用することもあります。

虫歯が神経まで達していなかったため、神経を残せる可能性が高いです。後日、痛みが出なければ、神経は保存できます。神経を残せますと、かぶせなくても、小さい詰め物ですむことが多いです。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:左上の奥歯の銀歯がとれてなくしてしまった

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の奥から2番目の歯の銀歯が食事中にとれ、なくしてしまい、できるだけ歯を削らない治療をしているからと、まうな歯科医院を妹さんに紹介され、来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥から2番目の歯には、穴があり、真っ黒になっていました。レントゲン検査で、虫歯は大きいのですが、神経には達していないようでした。できるだけ痛くないよう表面麻酔をしてから麻酔をして、虫歯になったため歯のやわらかくなってしまった部分を除去し、健康な歯を保存するよう、虫歯を染め出す「う蝕検知液」で赤く染めて、ていねいに虫歯だけを除去しました。深いところは、高速の器具ではなく、回転数のゆっくりで、神経にやさしいエンジンにかえて、虫歯を除去します。ゆっくりな分、ゴトゴト響きますが、発熱が少なく神経に優しいです。妹さんのすすめで、ドックベストセメント治療をご希望されましたので、神経をできるだけ残すように、神経を保護する薬(ドックベストセメント)を置いてから、硬いセメントで覆いました。

ドックベストセメントが使えない症例はこちらから。

型を取って、穴の部分を白い詰め物で治しました。神経はできるだけ残すことをお勧めします。

歯をできるだけ削らない治療はこちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:歯がうがいでしみる

まうな歯科医院 患者さん日記:歯が全体的にしみるようになった。

歯がしみてしまい、水道の水でうがいがつらいとのことで、しみるのを治す治療を、できるだけ歯を削らずに行っているまうな歯科医院を調べて、来院されました。

お口の中を拝見してみますと、歯の根の部分が露出して、しみやすそうなところが複数みられました。歯茎が下がると、歯の下の方、歯の根がみえて、象牙質が露出してしまい、ひどくしみる場合もあります。

全体にしみるとのことですが、実際に、どの歯がしみているのかを、診査して、記録していきます。虫歯は無く、知覚過敏でしみていました。しみている歯には、よく効くしみ止めを塗布し、光を照射します。このしみ止めは、治療後、すぐに食事できるタイプです。しみるのが1回で治ることもありますし、ひどいしみの場合も、しみるのが弱くなり楽になります。しみ止めでもしみる場合は、樹脂(プラスチック素材)を塗ったり、つめたりします。これらの治療は、象牙質にある象牙細管というしみている原因になっている目には見えない細い管を封鎖しています。

しみ止めについて詳しくみる>>

歯茎が下がる原因は?

1、歯ブラシが強い

2、食いしばりが強い

3、年齢とともに、少しづつ、歯茎が退縮する

4、歯周病で、歯の周りの骨が減り、その後、歯茎が下がった。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:矯正治療中に前歯を治療したい

まうな歯科医院 患者さん日記 20代女性

現在、矯正治療をしていますが、前歯の真ん中から2番目の歯と3番目の歯の間に、穴があいてしまいました。矯正の先生から、前歯のワイヤーを切断した状態で、紹介され、できるだけ神経を残した治療をしてほしいと依頼されました。

レントゲンで検査してみると、神経には達していないようでしたが、かなり大きな虫歯(透過像)がレントゲンに映っていました。虫歯の部分のワイヤーは切ってありましたが、歯の表に矯正装置はついたままでした。

矯正装置がありますと、虫歯の治療は、特につめずらいのですが、できるだけ歯を残すように、虫歯を染め出す「うしょく検知液」で染め出しながら、虫歯を取り残さないよう、健康な歯を削らないように注意しながら、虫歯を少しづつ除去してきました。虫歯で歯が柔らかくなっている部分は、虫歯菌の巣の状態で、残せば広がります。虫歯で柔らかい部分は黒いとは限りません。虫歯を取り除くのですが、深い部分には歯の神経があり、神経が出ると予後が悪く、神経を取らなければならない可能性が高いので、神経は出さないよう、慎重に確実に除去します。

虫歯を除去したら、白い詰め物で1回でつめて治療終了となります。今回は、矯正装置を外さずに治療が完了しました。

できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

荻窪まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:前歯に穴があいた

まうな歯科医院の患者さん日記

50代女性 右上の前歯に穴がいて、まうな歯科医院が開業する時の内覧会に来て、院内を見学し、説明を受けて、来院したかったが、時間が合わずなかなかこれなったところ、今日はお休みで来院されました。

右上の前歯の裏側に穴があいたのと、他にも虫歯がありそうで、検診ご希望でした。お口の中を拝見し、検査をしてみますと、レントゲンで、右下の奥から3本目の歯に大きな黒い影が見えました。右下の歯は、みたところ、大きな穴はみえませんが、歯と歯の間の汚れをとると、小さな穴が確認され、色が白濁していて、歯と歯の間から始まった分かりにくいですが、むし歯が進行していました。他にも3つの穴が歯と歯の間に確認されました。右上の前歯も歯と歯の間から始まったむし歯で、白濁していました。

歯と歯の間の虫歯は、穴があいてくるまでは、わかりずらいことがあり、歯は透明なのですが、中がむし歯でとけると、光が屈折せず、白濁して見えたり、グレーに見えたりします。歯と歯の間に専用の光を当ててみると、黒く透けて見えます。

右下の奥歯の虫歯は、神経の近くまで虫歯が進んでいましたが、神経まで達していなかったので、深いところは虫歯を染め出しながら、回転数のゆっくりの器具で丁寧に虫歯を除去し、神経を保存しました。深い虫歯でしたので、神経を保護し、殺菌作用のある薬を置いて、仮のセメントでつめました。

できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

mauna dental clinic mauna shikaiin

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:親知らずの隣りの歯が虫歯

まうな歯科医院 患者さん日記

3日前に、他の医院で親知らずを抜歯し、隣の歯に、大きな虫歯ができていることを指摘され、親知らずを抜くのに時間がかかり、むし歯の治療は後日することになり、仮の詰め物をしてもらっていたところが、取れてしまい、痛みがあり、まうな歯科医院に来院されました。

右下に、ズキズキとした痛みがあり、親知らずを抜いた痛みなのか、むし歯の歯が痛むのかわからないとの事でした。ドライソケットについても心配されていました。ドライソケットは、抜歯した後、骨が露出してしまい、痛みが長引くつらい状態です。お口の中を拝見してみますと、抜歯したあなは、きちんと、血餅(かさぶた)で覆われ、骨の露出はありませんでした。隣りの虫歯の方も、洗浄しても、全くしみておらず、痛みが出ている状態ではありませんでした。おそらく、親知らずを抜歯して、まだ3日目の朝でしたので、傷口が痛んで、鈍痛があったと思われました。親知らずの抜歯後は、通常でも痛みが出ることがありますが、2,3日をピークに和らいでいきます。

親知らずの隣りのむし歯は、レントゲンで診ますと、神経には達していないようですが、かなり大きいものでした。親知らずと重なって、磨けないところから、むし歯が進んでいました。親知らずを抜いたので、治療がとてもやりやすくなっていました。神経を残せれば、詰め物で治せますので、最短2回で治療が終わります。このように、神経の近くまで達する大きなむし歯では、神経を保護するお薬(ドックベストセメント等)を使用して、むし歯の治療を行います。

ドックベストセメントについてはこちら>>

荻窪まうな歯科医院/患者さん歯医者日記

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約