TOP

電話

'

タグアーカイブ: 歯科恐怖症

よくある質問:Q&A

Q:歯医者さんに行くのがこわいのですが歯科恐怖症でも大丈夫ですか?

A:はい。歯科治療がこわい方は沢山来られます。音が苦手な方、麻酔が苦手な方も多いです。練習から始め、慣れてからゆっくりマイペースで治療に入れますので、ご安心ください。今まで歯科医院に通えなかった方も、通えるようになって、治療を初めて完了できた方も多く来院されています。初診時に冷汗をかいておられた方が、慣れてくると治療中に寝てしまう方もおられます。

痛みに配慮したできるだけ痛くない治療・無痛治療を行うようにしております。

無痛治療についてはこちらをご覧ください。

一度、歯科検診にいらしてご相談ください。1回目に治療をするかしないかは、ご希望によります。

早い方が、早く治療がすみます。長期間歯科医院に行けず、そのままにしていた方、今、ご相談ください。小さい虫歯は1回ですみます。早い方が、治療も楽にすみます。早くきれいになりましょう。応援いたしております。

ドクター渡辺へのメール相談はこちらから→>>

ご予約はお電話またはメールにて受付ております。

当日のご連絡やお急ぎのご連絡はお電話にてお願い致します。03-5335-7915 荻窪まうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

まうな歯科医院 評価

杉並区在住 女性:

治療でとてもこわい思いをしてから20年以上歯科には

来ていませんでした。

私の口腔内はボロボロ。HP(ホームページ)を見て、ここならと思い

勇気を出してお願いしました。

7か月通いましたが、おかげさまですっかり良くなり、

ホワイトニングもお願いしたので、ボロボロだった私の口腔内は

見違えるようになりました。

自分の歯で、しっかりかめるって すばらしい。

ありがとうございました。

IMG_3935-e1576656921195-1024x554のコピー

まうな歯科医院の評価/口コミ

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院の評価 and tagged ,

荻窪患者さん日記:全部虫歯で歯がほとんどない

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:重度のひどい虫歯で、歯がほとんど無くなってしまいました。歯を見られるのが恥ずかしくて、ますます歯科医院に行けなくなってたところ、友人の紹介で、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、上の前歯3本、奥歯1本、下の前歯3本ほどは、歯の形がありましたが、他の歯はすべて、残根といって、根だけになってしまっていました。歯科治療が恐くて、歯科医院に行けず、だんだん奥歯から歯を失っていき、前歯も徐々にかけて、無くなっていきました。最近、さらに前歯がかけて、折れてしまったので、とても気になっていました。

重度ひどい虫歯

とりあえず、仮の入れ歯を入れると、歯は早期に回復します。その後、治療を相談の上、決めて行きます。どんなに歯がなくても、入れ歯は作製できます。残せない歯は抜いておいた方が、安定します。歯の根だけになっていても、残せる歯は、根の治療をして、被せて残します。

インプラントができないと言われた方でも、インプラントの専門医では、骨を増やして、インプラントができる可能性もあります。ご相談してみてもいいと思います。

奥歯が何本か残せれば、固定式のブリッジができる場合もあります。

ひどい虫歯は、早い方が、入れ歯にならない可能性があります。来院された方は、何かできることがあると思います。保険治療、自費治療に関わらず、放置よりは、治療を開始した方が、残せる歯を残すようにし、QOL(生活の質)をあげられる可能性があります。勇気を出してご相談ください。

ドクター渡辺へのメール相談はこちらから→>>

ご予約はお電話またはメールにて受付ております。

当日のご連絡やお急ぎのご連絡はお電話にてお願い致します。 03-5335-7915

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:歯医者にこわくて行けない

 

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:歯医者がこわくて10年ほど、歯医者に行けずに、虫歯を放置してしまっていました。前歯が折れたため、こわくない歯医者さん、怖くても通えそうな歯医者さんを調べてまうな歯科医院に来院されました。

まずの目的は、歯科医院に通えるようになることです。長年放置した虫歯は、1回では治りませんので、残せる歯を残すためには、ずっと歯科医院に通えるようになるために、歯科恐怖症の恐怖心や、心配事を和らげるよう、信頼関係を作っていきます。もし万が一痛かったら、我慢しないことが大事なことをお話ししました。我慢すると、通えなくなります。通えるようになるために、できるだけ快適に過ごしていただけるよう、痛みは極力おさえます。

お口の中を拝見してみますと、前歯が2本折れていました。折れていても、ある程度の歯質が残っていれば、虫歯を取り除いて、根の治療をして、土台を立てて、歯を残せる場合もあります。どうしても土台が作れず、抜歯になる歯もありましたが、治療することで、残せる歯をたくさんあります。

通院すれば、前歯を入れることも可能です。通院して、1回で治せる小さい虫歯もあります。残せる歯から、治療を進めていきます。残せない歯は、後回しにして、残せる歯、前歯が霧になる場合は、優先して治療していきます。虫歯のひどい方こそ、QOL(生活の質)の向上を目指します。

通えるようになることで、歯が少しづつきれいになり、噛めるようになっていきます。

ひどい虫歯の治療は、保険も、自費もあり、選べます。保険治療でも何かできることがありますから、お力になれればと思っています。

初回は、検診と練習からでも大丈夫ですので、マイペースで通えます。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

 

Dr渡辺への相談はこちらから。

荻窪南口まうな歯科医院/歯医者にこわくて行けない

 

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:前歯がひどい虫歯

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:埼玉県在住 40代男性

ひどい虫歯で、前歯が外れたままになっていて、前歯が折れた。

痛みに弱く、歯医者が苦手で、前歯がとれてもなかなか歯医者に行けずに、かえって歯医者に行きにくくなっていました。お口の中を拝見してみますと、上の前歯がとれてしまい、下の前歯は、ひどい歯周病でした。

クリーニングと、虫歯の治療が必要でした。抜かなければならない歯もあるかもしれない状態でしたが、できるだけ歯を残すよう治療開始しました。

ひどい虫歯

初めは、練習からして、慣れてきてから、治療に入れます。個人差がありますので、治療開始時期は、様子を見て、マイペースで大丈夫です。早く治療をやりたい方は、すぐやりますし、緊張が強い方は、少し慣れてから、簡単で効果の高い治療からお勧めしていきます。

歯茎に強い炎症がありますと、触ると痛みがあるだけでなく、出血が多く、きれいに治療しずらいこともありますから、練習兼ねて、クリーニングからして、歯茎の状態を改善し、虫歯なのか、歯石なのか、着色なのか、はっきりさせて、診断してきます。

この方の下の前歯の黒い色は、歯石でしたので、クリーニングで、白い歯になりました。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:歯科が苦手で避けてきた

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:歯科が苦手だが左上が痛くて来院 37歳男性

恥ずかしいですが、歯科が苦手で避けてきましたが、改善し通い続けないと思い来院されました。左上の奥から3番目の歯が痛くて、歯科治療が苦手な人でも通えるまうな歯科医院を調べて来院されました。痛みが苦手で、歯科治療は非常にこわいとのことでしたが、頑張って来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上に虫歯がありました。神経に達していなかったので、ドックベストセメントを使用して、神経を残す治療をしてみることにしました。

左上に麻酔をして、虫歯治療をすることにしました。前歯が1本なくなっていましたので、そこも入れたいとのご希望でした。

左上の虫歯の治療は、痛みが少ないように、まず表面麻酔を塗って、表面を麻痺させてから、あたためた麻酔液を使用して、麻酔します。虫歯の治療は、削る量を最小限にするMI治療で、うしょく検知液という、虫歯のある所だけが赤く染まる薬を何度も使用し、虫歯をすこしづつ取り除きます。神経に近い大きい虫歯の時は、神経にやさしい、響くけれども回転数がゆっくりの器具も使用しています。

神経まで達していなかったので、ドックベストセメントを置いてから、硬いセメントで保護し、型を取って詰め物をつめました。神経は残すことができました。

痛みが苦手でしたので、特に痛みに配慮して、リラックスして治療できるようにさせていただきました。いままで歯医者に通えなかった方や、トラウマのある方も通えるよう応援しています。

まうな歯科医院の患者さんの声はこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:奥歯がとれて長期放置し奥歯がない

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:奥歯がとれたまま長期間放置し、左右の奥歯がなくなった。    32歳女性

海外留学中に奥歯がとれたまま、長期間放置してしまったとのことで、来月から就職することになり、まうな歯科医院に来院されました。右上の奥から2番目の歯と、4番目の歯と、左上の奥から2番目の歯は、虫歯が進行し、歯の頭の部分が全くなく、小さくなり、歯に埋もれていましたので、3本だけは、抜歯になりそうでした。

右上の奥から3番目の歯は、まだ歯の上部があり、小さい虫歯でしたので、また歯がなくなる前に、虫歯の治療を優先して行うことになりました。残せる歯も、放置すると、抜歯しなくてはならない虫歯に進行してしまうことがあります。

特に神経の残せる可能性のある歯は、急いで治療する必要があります。神経が残せる歯の治療は、治療回数が1回から2回と少なくすむこともありますし、その歯を失うと、入れ歯になってしまい、QOL(生活の質)に大きく影響が出る場合もあります。

 

ひどい虫歯が複数ある場合は、まず、神経を残せる歯の治療を優先し、次に根の治療で残せる歯の治療をし、抜歯は、少し後からにし、1本でも歯を残せるようにすすめていきます。少しでも、早いほうがいいので、思い立った時に来院していただくと自分のためになると思います。いつになっても、遅すぎるということはありません。歯医者では、何かしらの治療はできますので、躊躇せず来院していただけたらなと考えています。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:歯科治療がこわくなって放置した歯がかけた

 

 

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:成人してから20年近く歯科医院に行っておらず、5年前に左下の歯科治療をしたら痛くて、そのまま行けなくなり、放置してしまっていた歯がかけました。全部治したいが、5年前の治療がトラウマになり、こわくて歯医者に行けなくなっていました。

ホームページを見て、こわがりの人もたくさん来て、通えるようになっているのを知り、是非、全部の歯を治療したいと思い、まうな歯科医院に来院されました。

左下の一番奥の歯が、大きく欠けていました。まだ仮の詰め物はついていました。

虫歯になっている部分を取り除き、根の先にある膿がなくなるまで、根の消毒をする治療をして、歯を保存することになりました。

5年ぶりの歯科医院は、こわくて仕方なかったから、「こわいです。」と告げられました。勇気を出して、来て、えらいです。せっかく一度来れた患者さんが通えるように応援しています。

初回は、根の治療の恐怖が強かったため、1回目の根の治療をしてみて、痛みが無いことを体験し、次から通いやすいよう、少し根の治療を始めました。

根の治療を中断すると、歯を抜かなければならないリスクがあります。根の治療はできるだけ中断しないのが歯を残すために大事です。

根の治療が終わると、歯を補強して強くする土台を入れて、かぶせの白い歯をいれました。左下に虫歯が1本ありましたが、これは、神経が生きていたので、神経を残し、詰め物で治しました。左下は、ドックベストセメントを使用し、神経が残せたので、型を取り、2回の治療でした。歯をあまり削らない、詰め物にしました。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がズキズキ痛い

 

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左上の歯がズキズキ痛い

左側が上下痛く、歯科治療がとても苦手なのですが、会社の人の紹介でまうな歯科医院に来院されました。会社の人も歯科恐怖症ですすめられました。

お口の中を拝見してみますと、左上の歯に穴が開いていました。歯の色が白濁し、グレーで大きな虫歯の可能性がありました。左下の歯は、詰め物が1本とれたままになっていたため、歯が大きくなくなっていました。右下の歯は、2本の詰め物がとれたままになっていました。

レントゲン検査をしてみますと、左下は、虫歯が神経まで達しておらず、まだ型を取り、詰め物で2回で治療できそうでした。左上の穴が開いていた歯は、穴の大きさよりは、虫歯がずっと大きく、虫歯が神経まですすんでいました。左上の奥から2番目の歯は、根の治療をして、歯を保存することになりました。左下の歯は、神経に近かったのですが、神経まで達しておらず、弱い殺菌力が持続するドックベストセメントを使用して、神経を保護することになりました。ドックベストセメントには適応があります。

将来のためにも、できるだけ健康な歯を削らない治療がおすすめです。

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記/左上の歯がズキズキ痛い/ドックベストセメント

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪南口まうな歯科医院の患者さん日記:ひどい虫歯、歯周病

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:50代 女性 ひどい虫歯と歯周病

ひどい虫歯で、かえって歯科医院に行きづらくなってしまい、20年ぶりに歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、奥歯は小さい根だけになっており、前歯も何本か小さくなり、ほとんどすべての歯が虫歯になっていました。

まだ残せる歯がありましたので、抜歯よりも先に、今なら残せる歯や、今なら神経を残せる歯の治療から始めました。抜歯の歯は、数年後に来ても抜歯という治療内容は変わりませんが、ぎりぎり残せる歯を今回治さなければ、抜歯しなければならない歯になってしまうかもしれません。残せる歯は、早期に治療開始する必要があります。

 

ひどい虫歯と歯周病

 

歯磨きもうまくできていないようでしたので、プラーク(磨き残し)がべったりついており、新たな虫歯を作ってしまう状態でした。どうしたら歯に歯ブラシがあたってプラークが取れるかを少しづつお伝えしていきます。歯肉の腫れは、正しい歯ブラシでも、かなり改善します。歯のクリーニングも行っています。

真ん中の右上の前歯は、今は、前歯があるように見えますが、虫歯があり、ほっておくと、隣の前歯のように折れてしまう可能性が高い歯でしたので、治療の優先順位が高く、見た目にも一番目立つ歯で、神経を残せ、1回でつめるだけですむ歯だったので、まず、真ん中の右上の前歯から、白い詰め物で詰める治療から始めました。

1本でもきれいになると、モチベーションが保て、治療完了に向けて、がんばれる一歩になると思いますので、最初の治療は、大切だと思っております。

1回できれいに治る歯もあれば、数か月根の治療がかかる歯もあります。いきなり数か月の治療を始めると、終わりが見えない感じがします。ある程度、進んでから、時間のかかる治療にとりかかるように工夫しています。

すぐ抜歯してもいいと思っている方、抜歯は怖くて相当抵抗のある歯科恐怖症の方、人それぞれですので、お話しして、できるだけご希望に沿って治療を進めていきます。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約