TOP

電話

'

タグアーカイブ: 小児歯科

乳歯の後ろから、大人の歯が生えてきた症例

6歳 男の子

乳歯が抜けていないのに、前歯の後ろから永久歯が生えてきました。

sousei

永久歯が乳歯の真下から生えてくると、乳歯の歯根を吸収して、乳歯がぐらぐら揺れ、自然に抜けますが、永久歯が生えても、抜けずに残ってしまった乳歯は、歯並びのためにも、抜歯しておいた方がいいでしょう。

今回は、少し麻酔をして抜歯しました。乳歯の抜歯はすぐ終わります。いつ抜いたのか分からないくらいです。ぐらぐらの時は、表面麻酔だけとれることもあります。

乳歯がぐらぐらしていても、まだ永久歯が生えてきていなければ、待てば自然に脱落することがほとんどなので、必ずしも抜歯する必要はありません。何か心配でしたら一度ご相談してみてください。

小児歯科についてはこちらをご覧ください。

小児の虫歯予防治療(フッ素)についてはこちらから

荻窪南口まうな歯科医院/小児歯科まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:症例集 and tagged

患者さん日記:歯の色が変わった

まうな歯科医院の患者さん日記: 歯がオレンジ色になった。 小学校5年生

前歯がオレンジ色になって、茶色もついてしまったのが気になり、歯の磨き方も分からないので教えてほしいとのことで、予防歯科のホームページを見てお母さんと、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、上の前歯6本の歯ぐきの際のところがオレンジ色になっていました。お茶などの着色もつき、下の方は茶色くなっていました。

新しい歯ブラシの好きな色を選んでいただき、まず、上の前歯の磨き方を指導しました。自分で歯ブラシを当ててみると、なんとオレンジ色は、自分で落とすことができました。いままで自分では取れなかったのですが、きちんと歯に当てられるようになると、オレンジ色は取れました。

お茶などに着色は、歯ブラシでは落とせないので、歯科医院の回転する専用ブラシで磨くと、もともとのきれいな白い歯に戻りました。標準の歯の色より白い、きれいな歯でした。その後、クリーニングをして、プラーク、歯石を取り除きました。クリーニングをすると、汚れの下から、虫歯が発見されました。左上の奥歯の内側にある小さい虫歯でしたので、白い詰め物で、1回で詰めました。

最後に、歯ブラシは差し上げています。

クリーニングについてはこちら>>

荻窪南口まうな歯科医院クリーニング/小学生/歯みがきの仕方

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:乳歯の下に永久歯が生えてきた

10歳の女の子で、上の奥から2番目の歯の乳歯の下から、永久歯が生えてきているのに、乳歯が抜けずに残っていました。

そのままにしておくと、永久歯が曲がって生えたり、位置がいがんでしまって、歯並びが悪くなる原因にもなりますので、下から白い永久歯が見えたら、早めに抜歯した方がいいでしょう。

その日に乳歯の抜歯をご希望されたので、表面麻酔をたっぷり使用し、無痛麻酔(無痛治療)で、抜歯を行い、止血確認後、乳歯ケースに抜いた乳歯をお入れしてお渡ししました。

歯の生え変わりで心配や疑問があれば、適切な時期がありますので、早めに一度ご相談ください。抜かなくていい場合もありますし、お口の状況を診断してアドバイスいたします。

治療後は、がんばったお子様に、消しゴムのプレゼントがあるかもしれません。

東京都杉並区荻窪まうな歯科医院/永久歯への生え変わり/荻窪駅南口徒歩1分/小児歯科

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

よくある質問:Q&A

Q: 何歳くらいから、歯科医院に通い始めればいいですか?

 

A: 歯が生え始めるのは、生後6カ月頃からです。個人差はありますが、まず下の前歯から生えはじめます。

歯科検診は、1歳半で受診します。

乳歯が生えそろう2歳から3歳ころから、お口をあける練習などを始めます。それより前は、歯を強くするフッ素を塗って、むし歯予防をされる方もおられます。歯にフッ素を塗るか、ジュースなど砂糖入りの飲み物を飲むかでは、歯の表面を硬くするか、溶かすか、で正反対です。酸性で砂糖が入ったものは要注意です。習慣的な炭酸飲料、乳酸飲料の摂取は、虫歯のハイリスク要因です。

歯ブラシ指導などが行えるようになるのは4~5歳になってからです。治療も可能になります。奥歯の深い溝をフッ素でコーティングするシーラントも可能になります。シーラントについてはこちらから。

歯が生え、砂糖をとり始めると虫歯のリスクがでてきます。だいたい2~3歳頃から歯科医院に通い始めれば理想的です。年に2~3回は歯科医院で定期検診を受けた方が、安心です。年齢に応じた予防歯科治療を行っていきます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged

まうな歯科医院の待合室

荻窪南口徒歩1分の歯医者:まうな歯科医院では、お子様と一緒にご来院できるよう、みんながお待ちしています。

DSC_3811

木のおもちゃや、パズル、風船等ありますので、お声かけください。

雑誌、絵本等、待ち時間にお楽しみください。

午前中はキッズ優先タイムです。午前中は比較的小さいお子様の対応が充実しております。小さいお子様や赤ちゃん連れのお母様もお待ちしております。予防治療もお気軽にご相談ください。

初めて歯科医院を受診する2歳から3歳くらいのお子様にもおすすめです。

怖がりの方や初めての方は、治療前の練習から優しくはじめられます。

パンダやテントウムシ、歯みがきベアーが待っています。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, 院内情報 and tagged ,

女医による丁寧できめ細かな治療

女医さんによる丁寧できめ細かい治療を行う まうな歯科医院

荻窪南口まうな歯科医院は、女性院長 歯科医師渡辺あかねをはじめ、歯周病認定医櫻井なな、歯科医師高垣あずさ、歯科医師瀧口陽子と女医(女性歯科医師)の歯科医院です。

歯科医師、歯科衛生士、スタッフも含め、全て女性が優しく担当しますので、小さいお子様から歯科恐怖症の方も、安心して来院できます。

0歳からお子様を連れて来院される方も多いです。小さいお子様も大歓迎です。特に午前中は、子育て中のママ スタッフ・歯科衛生士が多く在籍しています。お母さま、お父様とお子様の同時予約の診療も可能です。

女性ドクターによる丁寧できめ細かい治療を行う荻窪南口まうな歯科医院は、女医の歯科医院です。(2019年4月現在)

優しい女医さんを探して、まうな歯科医院に来院される方も多くおられます。

患者様の声はこちら>>

荻窪南口の女医の歯医者/まうな歯科医院女性歯科医師

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:情報 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q : 女医さんはいますか?

A :はい、まうな歯科医院は、女性の先生です。 女性院長、女性ドクター、女性の歯科衛生士、女性スタッフですので、小さいお子様も怖がりの方も安心して来院できます。

2019年現在、全員女性の歯医者です。

東京都杉並区荻窪南口女医による歯科診療/全員女性ドクターの歯医者まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

荻窪患者さん日記:前歯がぐらぐらする

前歯がぐらぐらすると、小学校の同級生に、女医さんが小児歯科を行っている荻窪のまうな歯科医院を紹介され、来院されました。

下の前歯は、以前、歯科医院で抜いてもらったとのことで、下の歯は、まっすぐに生えていました。1週間まえから、上の前歯がぐらぐらしてきて、気になるとのことで、おかあさんと一緒に6歳の男の子が来院されました。

お口の中を拝見してみますと、上のまん中の前歯が、2本ぐらぐらしていました。永久歯の状態をレントゲンで確認すると、すぐ下に生えてきていたので、もう抜けてもいい時期でした。

本人に聞くと、「今日、抜きたい!」 と言うので、ぐらぐら揺れている乳歯を2本抜くことになりました。

バナナの香りの表面麻酔をぬり、チョコレートのアロマのにおいをかぎながら、麻酔をしたら、上の前歯2本は、ぐらぐらの乳歯でしたので、すぐに抜けました。

抜いた後は、ガーゼをしばらくかんで、止血します。

消毒をして経過観察し、大人の歯である永久歯が生えてくるのを確認しました。

虫歯予防のフッ素塗布をしました。甘いりんごの味です。

小児歯科はこちらをごらんください

荻窪南口まうな歯科医院/小児歯科

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

親子でどうぞ

ベビーキープはお子様と一緒に来院されるママのため、取り入れました。 補助便座も入れました。

_MG_0361

化粧台とサブミラーあります。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:院内情報 and tagged

患者さん日記:前歯に穴があいた

前歯にむし歯があると1歳の女の子とお母さんが来院されました。

保健所の1歳6か月検診で、むし歯があると言われたとのことで、お口の中を拝見してみますと、上の前歯のまん中から2本目の前歯が茶色くなっていました。まだ穴はあいていない初期う蝕の状態でした。

1歳では、まだ治療ができないことが一般的ですので、砂糖の摂取はできるだけ控えることをおすすめします。

特に、砂糖入りの飲み物、酸性で砂糖が入っているものは、歯を溶かしやすいです。まだ生えた手で柔らかい歯は、簡単に溶けて、むし歯になってしまいます。飲み物は、全ての歯にいきわたり、歯の表面にくっつき、プラークを形成します。プラークになると、うがいではとれなくなります。

きちんとした歯ブラシは、まだまだ嫌がる時期ですので、できないことが多いので、あまり小さいうちに虫歯になってしまうと、重症化しやすく、痛みがでるとつらいのは、本人ですから、砂糖入りの飲食は注意が必要です。

砂糖は歯を溶かしますが、反対に、歯を石灰化して、歯を強くするのがフッ素です。まずは、フッ素を塗布し、再石灰化といい、歯の脱灰(歯の表面が溶けだした状態)を修復させます。

ふっ素塗布の症例はこちら>>

mauna dental clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約