TOP

電話

'

タグアーカイブ: 口内炎

舌がん(舌癌・悪性腫瘍)

○癌(ガン)と口内炎の違い

初期は、潰瘍で似ていますが、口内炎は1~2週間でほとんどの場合が治ります。1か月治らない口内炎、またはひどくなる潰瘍は、悪性を疑った方がいいでしょう。治らない口内炎は、歯科医院を受診しましょう。

必要があれば、すぐに大学病院にご紹介致します。紹介状をもらったら、すみやかに、大学病院を受診しましょう。仕事を優先していてはいられない緊急な場合もあります。

○頻度

がんの中で、お口の中にできる口腔癌(こうくうがん)は、1%だけです。

お口にできるがんである口腔癌は、進行が目に見えて分かり、目や、顔など、大事な部分に進行していくため、審美障害が出やすく難治性のがんの一つと言われています。

○良性腫瘍

お口の中には、歯牙腫、粘液腫、ガマ腫など、良性の腫瘍もあります。丸かったり、境界が明瞭で、年単位でゆっくりと大きくなるので、あまり大きさの変化はないように感じます。

○舌癌 zetsugan

口腔癌のうち、舌(べろ)にできたがんを舌癌といいます。 動かすところなので、痛みがあると食事できなくなったり、影響が出やすい部位です。潰瘍ができ、境界が不明瞭なものもあります。カリフラワー状など、デコボコしているものは、あまりよくない傾向です。

○口腔外科

舌癌や、口腔癌は、口腔外科にいる歯科医師が診断、治療しています。口腔外科では、腫瘍の治療を行っているため、舌癌などの口腔癌の手術も行います。舌を切除すると、食事や発音に障害が出るため、皮膚を移植して、機能回復する手術が行われます。歯科医院では、一般歯科治療や矯正治療を専門とする歯科医師が多いですが、口腔外科では抜歯や、手術など口腔の外科治療を専門としています。

まうな歯科医院/舌ガン

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科 and tagged

患者さん日記:舌の口内炎が痛い

まうな歯科医院 患者さん日記:舌の先に直径8mm程の大きな口内炎ができてしまい、痛くて食べるのもつらい状態で、口内炎の治療をしている歯科医院を検索して、来院されました。まうな歯科医院がレーザー治療を行っていることなども調べて来られました。

3日前に舌をかんでしまい、その後、口内炎が出きて、大きくなってしまいました。

自然に治ることもありますが、舌にできた口内炎は、小さいものでも、チクチクと強い痛みがあります。我慢せず、早めに受診して楽になってください。

口内炎によく効く薬を塗りました。この薬だけでも、

次の日には、半分くらいになり かなり楽になります。即効性があり、塗った時から痛みが軽減します。ご希望により、レーザーも当てます。つらい方には、さらに、塗り薬を上から塗り、家でもつけられる口内炎用の塗り薬を処方します。口の中に塗り薬をつけてもすぐ取れてしまうので、あまりお口を動かさない「寝る前」にしっかりぬるのがおすすめです。濡れていると取れやすいので、水分をふき取るなどして、綿棒等で、塗り薬をつけると、留まりやすいです。

口内炎の症例はこちら>>

東京都杉並区荻窪南口まうな歯科医院/荻窪の歯医者/口内炎

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左の唇の角が切れて治らない

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左の唇の角が切れて治らない。50代女性

左の唇の角が切れて痛く、1か月治らないので、荻窪南口駅前にあるまうな歯科医院に来院されました。

お口を拝見してみますと、左の唇の角の部分が切れて、かさぶたになり、また口を開けると切れてしまい、痛い状態になっていました。これは、口角炎です。ビタミンBの不足も原因の一つですが、炎症がいつまでも続くとつらいものです。疲れがたまった時や、乾燥する冬にもよくみられます。専用の薬を塗って、早く楽にします。時々、薬をつけると早くよくなります。あまり大きな口を開けないようにし、手で触らないようにして安静にします。炎症を抑え、傷の治りをよくします。

つらい、口内炎や口角炎は、早めに、歯科医院を受診することをお勧めします。

口内炎の治療はこちらから

口内炎や口角炎は自然に治ってしまうこともありますが、なかなか治らないときもあります。我慢せず受診して、薬を塗ってもらってください。休養が必要なサインでもあることもあります。ゆっくり休んで、ビタミンBの錠剤(チョコラBB®)の服用も併用するのもいいですし、できれば栄養と睡眠を十分にとれるといいです。

まうな歯科医院の症例集はこちら

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:口内炎再発

まうな歯科医院 患者さん日記: 口内炎ができた

以前に、とても大きな口内炎ができた時に、まうな歯科医院で薬をぬってすぐ治ったので、今度は舌に口内炎ができてしまい、しみて、痛くてつらいので、お母さんと一緒に「また同じ薬をぬってほしい」と、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、舌の先の方に直径5mmくらいの口内炎ができていました。お食事をするのにも痛く、しょう油などもしみて、ヒリヒリし、歯ブラシが当たっても痛く、つらいとのことでした。即効性のよく効く薬を塗りました。皮膚科でもらったケナログをお持ちですが、舌なので、すぐ取れて、治らなかったそうです。確かに、濡れていて、動くので、塗り薬はすぐとれてしまい、塗布が難しいです。

つらいときは、我慢せず、歯科医院を受診するのがおすすめです。

口内炎の症例>>

レーザーによる口内炎の治療もあります。大きな口内炎や、痛い場所にできた口内炎、複数個できてしまった口内炎などは、早めに受診して楽になってください。

お口の中を拝見しますと、磨き残しが多かったので、歯科衛生士さんと一緒に、歯ブラシの練習もしていかれました。べっとりと付いたプラークを取るにはコツがあります。

荻窪南口の歯医者まうな歯科医院/口内炎/まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:口内炎

舌の先と上あごがヒリヒリして痛くなり、荻窪南口駅前にあるまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、喉の奥が赤くなっていました。火傷のあとのような症状がみられました。特に火傷をした覚えはなかったようですが、もしかしたら、熱いの物を飲食した時に、気づかずに火傷をしていたのかもしれません。口内炎かと思って来院され、ひりひり痛むので、薬をつけました。鑑別としては、三叉神経の走行に添って発疹ができるヘルペスウィルスによる帯状疱疹があります。

舌が痛くて来院されましたが、左上の奥から3番目の歯には、むし歯があり、穴が開いていました。虫歯の歯が欠けて、歯がとがっていると舌に当たって痛いこともあります。

虫歯の治療も希望されましたので、左上の奥から3番目の歯に表面麻酔を塗布してから、あたためた麻酔液を使用した無痛麻酔をし、麻酔が効いてから虫歯の治療を始めました。虫歯をう蝕検知液で赤く染めだし、必要なところだけを、取り残さないように必要最低限取り除き、健康な歯質を残して、できるだけ削らないよう虫歯の治療をしました。虫歯の深いところがありましたので、セメントで丁寧に埋めて、外部からの刺激を遮断し、最終的な詰め物を入れるための型を取りました。

できるだけ削らない虫歯治療はこちら>>

東京都杉並区荻窪南口まうな歯科医院/女医の歯医者まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約