TOP

電話

'

タグアーカイブ: 削らない・抜かない

できるだけ歯を削らない治療

歯を極力保存することは、歯の寿命を延ばすことにつながります。 当院では、できるだけ歯を削らないように治療を進めています。 感染してしまった部分は、虫歯の菌がいるので取り除かなければ、虫歯が進んでしまいます。虫歯の菌のいない着色だけの部分は、虫歯を染めだす検知液を使用し、染め分けて、不必要に削らないようにします。

 

神経に近い虫歯 また、特殊な薬剤を使用し、除菌して、再石灰化をうながし、神経をとらずにすむ場合は、できる限り、神経を残すように努めています。100%神経を残せると限りませんが、当院では、かなりの確率で、神経を残せていると思います。神経をとると、もろくなり、被せることになるので、歯を削ることが多くなります。 歯が薄くなると、弱くなったり、取れやすくなったりします。必要最小限を、適切な時期に削り、できるだけ、歯を残せるようにアドバイスさせていただきます。 定期健診により、適切な時期に、早期発見、早期治療が可能になります。

できるだけ歯を残す治療はこちらから。

スウェーデンの薬を使用した歯を削らない治療:カリソルブはこちら>>

殺菌力のある薬剤:ドックベストセメント最新虫歯治療はこちらから。

荻窪(東京)南口徒歩1分/〒167-0051東京荻窪まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1階/東京・荻窪の歯医者まうな歯科医院/できるだけ歯を残す治療の歯医者/できるだけ神経を残す治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, 情報, 歯科医のつぶやき and tagged ,

患者さん日記:歯を抜いたところにウェルデンツを入れたい

まうな歯科医院 患者さん日記:ウェルデンツを入れたい

2週間前に奥歯を抜いて、歯をあまり削らない方法で、歯のないところを治療したいとのことで、前後の歯2本を削って固定するブリッジはご希望ではありませんでした。インターネットで検索し、ウェルデンツをしているまうな歯科医院に来院されました。

ウェルデンツは、取り外しのブリッジと言われ、歯の上の角を少し形態修正するくらいでほとんど削らずに型を取るだけで、次の時には出来上がります。入れ歯と違い、床の部分がなく、小さいので違和感が少ないです。左下の奥から2番目の歯を抜いたとのことで、一番奥に歯があるので、歯のスペースもあり、ウェルデンツの適応でした。ウェルデンツは白い材料で作り、少し押し込む感じで装着します。毎食後外して洗うのは同じですが、入れ歯とは見た目が違います。ウェルデンツは奥歯の1本欠損の時に、一番最適です。一番後ろに歯があることなど、条件があります。

歯を抜いた場合、歯を補う治療には、入れ歯、インプラント、ブリッジの3つがあります。どれも利点・欠点があり、どうしても歯を削りたくなくて、インプラントもやりたくないという方に、ウェルデンツは一定のニーズがあります。自費のブリッジに比べ安価で型を取るだけと簡単なのもあり、気軽にできます。

ウェルデンツについてはこちら>>

まうな歯科医院/ウェルデンツ/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

前歯の正中離開

前歯の隙間を埋める方法はいくつかあります。

今回は、歯を削らない1日で治療する方法を選択しました。かぶせる方法もありますが、歯を削りたくないので、今回は詰めるだけで治しました。

Before

After   削らないコンポジットレジン

歯を削らずにできるので、歯の負担が少ない治療です。

治療期間:1日(約1時間)

まうな歯科医院の症例集へ

Ogikubo Mauna Dental Clinic/ダイレクトボンディング/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:症例集 and tagged ,

極力削らないMI治療

MIとは、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション)の頭文字で、最小限の治療を行うことで、余分に削らない、できるだけ歯を残す、天然歯を残すようにすることを大切にする考え方です。

MIは、できるだけ歯を削らない治療、できるだけ歯を抜かない治療で、天然歯を残す治療をめざすことで、QOL 生活の質 Quality of Life の向上につながると思います。

QOLの向上は、人生の幸福度があがることにつながります。人生の質が上がる、社会的な生活の質があがることで、様々なことにチャレンジできるチャンスが長く続くことから、幸福度や満足感がアップします。

QOLを支えているのが、体、体に直接かかわってくるのが、お口の環境及び歯の状態です。健康志向の人は、歯を大切にします。

白い歯は、おしゃれにもかかせませんが、毎日食べることに使っています。話すのにも歯が必要です。よく噛むと健康につながるといいます。胃腸への負担が減ります。

詰め物やかぶせ物などの処置歯(治療した歯)が多い人ほど、かみ砕く能力が減ると言います。歯並びのいい天然歯は、効率よくかみ砕けます。できるだけ治療しないですむように、予防していくことは、QOLの向上につながります。虫歯になってしまうことは誰でもあり得ますが、その際は、荻窪まうな歯科医院では、MIで、できるだけ小さい詰め物、できるだけ削らずにすむ治療法を第一選択にお勧めします。歯が薄いと、かむ力で割れることもありますので、割れてしまってはいけないので、リスクを相談して、迷ったら、MIの必要最小限の治療を選択することをお勧めしています。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちら

所在地:東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1階まうな歯科医院/MI

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯科 and tagged ,

まうな歯科医院 評価

東京都杉並区 小野節子 様

今まで歯が痛くなったり、異常を感じた時のみの歯医者の利用でした。

近所の歯科(個人医)に通っていた為、歯科治療の日進月歩にまうな様に伺ってビックリ!!状態です。

先生始め、関係者の方達のゆきとどいた応対や治療、アドバイスに感銘をうけています。

歯は大切です。一生大事にしてゆきたいと思っておりますので、すてきな歯医者様に出会い感謝しております。

小野節子

まうな歯科医院 患者さんの声

まうな歯科医院の評価をもっとみる>>

まうな歯科医院クチコミ/まうな歯科医院うわさ、口コミ/荻窪の歯医者クチコミ/まうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院の評価 and tagged

荻窪患者さん日記:詰め物がとれたままになっている

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左下の詰め物が1年前にとれたままになっていて、旦那様の紹介でまうな歯科医院に来院されました。

右上の歯もかむと痛かったそうです。詰め物がとれた頃に、旦那様が骨折して、自分が歯科医院に行く余裕がなくなり、放置してしまったとのことでした。

お口の中を拝見してみますと、右上の一番奥の詰め物がとれて、黒くなっていました。取れたものは無くなっていました。右上の奥から4番目の歯は、たたくと響いて、痛みがありました。レントゲンで検査してみますと、右上の一番奥の歯は、虫歯になっていましたが、神経まで達していないため、神経は残せる可能性が高い歯で、型を取り、詰め物を作って治せそうでした。

右上の歯は、割れてしまっているため、抜歯の適応でした。歯茎が時々腫れ、膿が出ていて気になる状態でした。抜歯して、その後は、できるだけ他の歯を削らない方法をご希望されました。インプラントは、手術が必要です。ブリッジは簡単にできますが、前後の歯を削らなければならないのが欠点です。前後の歯が、すでにかぶせてある場合は、ブリッジが適応となります。前後のかぶせを外してまた被せなおすだけで、新たに歯を削らないので、問題になりにくいです。ブリッジにする時に、前後の歯の神経を残したままかぶせることもできますが、前後が2本とも天然歯の場合は、抵抗があります。

削らないブリッジと言われているウェルデンツは、取り外しのブリッジで、入れ歯との相違点は、ピンクの床の部分がない分、コンパクトであることと、外した時の見た目が、入れ歯ではなく、白い物です。小さい分、違和感も少ないです。一番後ろに歯がないと、できないので、中間部にある奥歯が1本だけない時や、単独の先天性永久歯欠損(永久歯が1本生えなかった)時に、喜ばれます。

ウェルデンツは、歯を削らず、手術もないので、後戻りのできる治療です。将来、治療の変更が可能です。迷っているときに、歯が倒れこんでこないよう、とりあえず入れて置き、いつか、インプラントにしたり、ブリッジにしたり、好きな治療法を選べます。もちろんそのままウェルデンツを使い続けることもできます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q : 歯をあまり削らない治療法はありますか?

A :はい。ドックベストセメントを使用した治療、3MIX-MP法など特殊な薬剤を使用した治療法があります。

ドックベストセメントについては、こちらをご覧ください。

その他、つめるか、かぶせるかなど、選択肢があるとき、できるだけ歯を削らない方法をお勧めしています。一度、かぶせた歯は、もう戻すことはできません。歯の全体を削るのは、虫歯が大きいためつめられない時、歯の破折のリスクがあるとき、歯質が小さ過ぎるためかぶせるしかない場合の最終手段と位置付けています。前歯が黒くなっていても、かぶせずにつめるだけで治せる場合は、まずはつめるだけの歯を極力削らない方法をお勧めしています。健康な歯はできるだけ削らない方がおすすめです。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

患者さん日記:前歯がかけた

まうな歯科医院 患者さん日記  前歯がかけた

右上の真ん中から2番目の前歯の一部がかけてしまい、鋭利にとがっているのが気になっていたのですが、そのままにしていたところ、最近痛みがでてきたとのことで、友達に紹介され、まうな歯科医院に来院されました。

できるだけ削らない治療をご希望でした。前歯がかけると、詰めるだけで治せれば、ほとんど歯を削ることはありませんが、神経がある歯にかぶせて治療する場合は、歯を大きく削らなければならない場合もあります。

お口の中を拝見し、診査したところ、虫歯になって前歯がかけていました。虫歯は、神経に達していなかったので、神経を保護する薬(ドックベストセメント)をおいて、つめて治療することになりました。前歯は目立つ場所で、見た目が大事ですので、色と耐久性にすぐれたアステリアの材料を使用し、1回で白くつめるのをご希望されました。

アステリアについてはこちら>>

アステリアは、1回で終了し、従来のコンポジットレジンより、見た目がきれいで、長持ちするのが特徴です。治療後は、定期検診に通っていただき、着色を除去し、カラーメインテナンスを行います。

荻窪まうな歯科医院/歯をできるだけ残す治療/歯をできるだけ削らない治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:前歯のひどい虫歯

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:20代男性

前歯にひどい虫歯がたくさんできていて、前歯が黒くなってしまい、とても気になっていたところ、知り合いに、女医さんが治療しているまうな歯科医院を紹介され、来院されました。

お口の中を拝見してみますと、まん中の前歯とその隣から上の前歯全体に、歯と歯の間が虫歯で黒くなっていました。

虫歯はかなり大きい歯もありましたが、できるだけ神経を残すよう治療することにしました。虫歯が大きいと、かぶせなければならないこともありますが、神経が残せるのならば、かぶせないで、できるだけ歯を削らないで詰める治療を選択しました。虫歯の部位だけを最小限に削り、白い詰め物っで詰めるので、1日できれいになります。神経を取る場合は、かぶせることが多く、治療は1回では終わりません。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちら

極力痛くないよう、温めた麻酔液で、表面麻酔を使用した無痛麻酔をして、虫歯を赤く染めだす検知液を使用しながら、丁寧に虫歯を除去していきます。無痛治療についてはこちら

虫歯を取り除いて、神経が残せた場合、殺菌力のある神経を保護するお薬:ドックベストセメントを使用しました。

その日のうちに、白い詰め物をして前歯の治療は終了しました。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

まうな歯科医院 患者さん日記:神経が死んだ前歯の変色が気になる

まうな歯科医院 患者さん日記:神経が死んだ前歯が変色した

1~2年前から、前歯が1本だけ、変色して、気になっていたところ、お母様の紹介で、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右のまん中の歯が、1本だけ、グレーと茶色に変色してしまっていました。1~2年前からですが、最近だんだん気になって来たとのことでした。

神経が死んでしまうと、歯の中の神経の入っている穴には、動脈、静脈、神経線維があり、血液で満たされているのですが、そのやわらかい組織が死んでしまうと、血液成分が腐って、歯の中に浸透し、黒く変色して、歯に沈着してしまいます。かなり黒く沢山沈着する時と、うっすら茶色くなるくらいのこともありますが、神経が死んだ場合は、すみやかに、腐ってしまった血液を含んだ組織を根の治療をして、掃除をし、取り除いたほうが、変色が少なくすみます。もし、前歯が変色したら、待たずに、すぐ、歯科医院に来院し、根の治療を早めに行うことをおすすめします。

神経が死んでしまう原因には、神経に近いくらいの大きめのむし歯があった歯や、転んで、外傷で、強い力が、根の先にかかり、根の先で神経が切れてしまった場合などに、神経が知らないうちに死んでしまうことがあります。神経の生きている歯の変色はあまりありません。

一度、色素が沈着してしまい、変色してしまった歯は、待っていても、だんだん変色が濃くなるだけです。

ホワイトニングをして、歯の中に入り込んだ血液成分や色素を、薄くしていきます。1本だけオフィスブリーチングと言って、歯科医院で、強い薬液を塗布し、光を照射し、色素を溶かして除去する方法があります。ホームホワイトニングは、全部の歯を白くしたい時に行います。ホワイトニングについて>>

ホワイトニングで完全に取れないときは、詰め物を併用することもできます。あとは、歯を削ってかぶせる方法がありますが、できるだけ削らない歯に優しい方法からおすすめしています。

荻窪南口ホワイトニングまうな歯科医院/ホワイトニングをしている歯医者/ホームホワイトニング/オフィスホワイトニング

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約