TOP

電話

'

タグアーカイブ: むし歯治療

荻窪患者さん日記:ドックベストセメント治療希望

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:1週間前に左上の奥歯の詰め物がとれてしまい、前からやりたいと思っていたドックベストセメント治療を希望され、虫歯治療でドックベストセメントを使用できる歯科医院をネットで検索して、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の一番奥の歯の詰め物がとれており、レントゲンでみますと、神経に近いところまでセメントがつめてあるようでした。神経には達していないようでしたが、神経が死んでいる可能性もありました。診査したところ、神経は生きていました。痛みもなく、この歯は、ドックベストセメント治療の適応だったので、ドックベストセメントを使用して、虫歯の治療をすることになりました。

ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

虫歯はあまり大きくなく、神経は残せました。古いセメントをすべて除去し、虫歯を染め出す検知液で確認し、虫歯を除去し、消毒して、一番深いところにドックベストセメントを詰めることで、弱い持続的な殺菌力が続くことで、再発を予防する目的で、神経を保護するようにドックベストセメントをつめました。その上に、硬いセメントと、樹脂で補強しました。痛みが出なければ、次回、型を取って、かぶせ物や詰め物を作って入れます。

できるだけ歯を削らない治療は、こちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:前歯のむし歯を裏からつめてほしい

まうな歯科医院 患者さん日記:前歯の虫歯を裏からつめてほしい  40代 女性

検診で、まん中の前歯の歯と歯の間に、虫歯を指摘され、前歯の表側を削りたくなかったので、裏側からつめる治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

上の前歯の中央部のむし歯なので、一番目立つ位置です。

一度削ると、詰めた時は白くきれいなのですが、長期間経過すると、プラスチックの詰め物は変色しますので、自分の歯とつめものの境目が継ぎはぎに見えてしまったり、審美的劣化のおそれがあります。まだ削っていない歯の場合に限りますが、歯と歯の間の虫歯の治療をするときに、歯の裏側から削って、虫歯をすべて除去し、裏から詰め、歯の表側、見えるところを削らないで治療することで、詰めた所がつぎはぎにならず自然にきれいに見えます。長期間経過後の、材質の劣化による審美的問題を起こりにくくします。

歯の裏から詰めることで、天然歯の本来のエナメル質を保て、詰め物と歯の境目も表に出ません。詰め物も透けてきますので、本物のご自分のエナメル質の下に来るつめものの色調は繊細で気を使います。色と耐久性に優れたアステリアを詰めますと、より効果的です。

アステリアについて>>

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:前歯の詰め物がとれた

柿を食べたときに前歯の詰め物がとれてしまい、荻窪で女性歯科医師(女医)のいる歯医者を検索し、ホームページをみてまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の歯がとれてしまい、歯の根が1本残っていました。土台ごとかぶせ物がとれているようでした。

レントゲン検査で診てみると、左下の根は、2本あり、1本は見えていますが、もう一つ奥の歯は、小さすぎて、歯ぐきの中に隠れて見えないところにありました。

歯が小さく、歯ぐきの下まで虫歯が達していると、通常歯を残すことは困難です。手前の歯は、むし歯をとると、歯の一部が歯ぐきより下になるため、歯ぐきを下げる処置(クラウンレングスニング)をして、歯の土台をたてて、かぶせ治すことをご希望されました。歯ぐきの下になってしまった歯を残す方法は2つあり、歯を引っ張り出す方法と、歯ぐきの形を整えて、歯ぐきを下げることで、歯を出す手術をする方法(歯冠延長術)があり、どちらも適応があります。歯は一度抜いてしまうと戻せませんから、残せる可能性のある歯は、根の治療をして、できる限る残すよう尽力しています。

できるだけ歯を残す治療はこちら>>

荻窪南口歯医者まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

型どりをした後の仮の詰め物の注意について

 

歯の型を取った後は、穴を仮の詰め物で、ふたをします。  デュラシール仮封

仮の詰め物をした後は、仮のつめ物が固まるまでお食事は30分たってからがよいでしょう。飲み物はすぐ大丈夫です。

仮の詰め物は、ガムやキャラメルなどくっつきやすい物で取れやすいので注意しましょう。とれるとしみる場合があります。削った歯の面が露出して、直接刺激がいくためです。

仮の詰め物は、まだ強度がないので、硬い物で歯が欠けてしまうと、もう一度型どりになってしまいますので、硬いものはさけたほうがよいでしょう。

仮詰めは永久の物ではありません。型をとったら、遅くとも1か月以内に来院するようにしましょう。長期間あくと、合わなくなり、入らなくなる場合もあります。

仮の詰め物は、やわらかいので、かむと たわんで、痛い場合があります。痛いときは、そこでかまないようにしましょう。痛くなければ多少食べてもかまいません。

麻酔が効いている場合は、感覚がありませんので、熱いものでやけどしないよう、唇をかまないよう注意しましょう。

 

まうな歯科医院のワンポイントアドバイス まとめ

①食事は30分たってから。

②くっつきやすいもの・硬い物をさける。

③痛いときはかまない。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちらから。

まうな歯科医院の症例集はこちらから。

トップページへ

Dr.への相談はこちらから。

荻窪まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪4-8-2BOSCO荻窪1F/仮のつめものをした後の注意事項mauna dental clinic

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:診療内容 and tagged ,

患者さん日記:左下のつめ物がとれたままになっている

まうな歯科医院 患者さん日記:つめものがとれたままになっていた

左下の詰め物が1か月前にとれ、そのままになっていました。すると、右下の詰め物もとれてしまい、できるだけ歯を削らない歯科医院を検索して、まうな歯科医院に来院されました。

歯科医院は苦手で、こわくて、来なくてはならないのは分かっているのに、なかなか来れなかったそうで、女医さんの歯科医院で、歯を残す治療をしているので、決心して来院しました。

お口の中を拝見してみますと、左下の一番奥のかぶせ物が外れていました。左下のかぶせ物が外れて放置してしまうと、かみ合わせが変わり、右下が強く当たるようになります。右下の詰め物もとれてしまったのは、かみ合わせも関係している場合があります。

左下のとれたかぶせ物をお持ちいただいたので、適合とかみ合わせのチェックをしました。かみ合わせの調整をしてから、まだ適合はよかったのでかぶせ治しました。右下の詰め物は、検査液で検査したところ、むし歯がありましたので、麻酔をして、むし歯を取り除き、型を取り、新しく白いつめものを作ってセットしました。

できるだけ歯を削らない治療はこちら>>

荻窪の歯医者まうな歯科医院/荻窪南口まうな歯科医院/

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:銀歯がとれた

まうな歯科医院患者さん日記:左上奥の銀歯がとれた

左上の一番奥の銀歯が今日とれてしまったとのことで、まうな歯科医院に来院されました。

以前銀歯をつめたところ、痛みが出て、非常に大変な思いをしたことがあり、今回は、金の詰め物を希望されていました。

お口の中を拝見してみますと、左の一番奥の銀歯がとれ、穴があいていました。銀歯をはめてみますと、入りましたので、もう一度つけることも可能であることをお話ししました。銀歯は硬いので、食いしばりや歯ぎしりの非常に強い方では、側方運動といって、横に顎を滑らせる食べ物をすりつぶすときの動きでは、硬い銀歯が強く当たりすぎ、痛みが出たり、きつくしみるようになってしまう場合があります。この方は、歯ぎしりや食いしばりが強い方で、以前に銀歯をいれてから、痛みが出てしまい長期間しみてしまった経験があるので、今回は、歯と同じ硬さのゴールドの詰め物を希望されました。上の一番奥なので、見えないところでしたので、ゴールでも適応です。金歯は、見た目こそ劣りますが、硬さ、精度、密着度、適合の良さ、コロイドの殺菌作用、丈夫さなど、非常に歯によい材料であると言えます。上の一番奥には使用することがあります。下の歯は、セラミックが主流です。

かみ合わせに関する患者さんの声はこちら>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:歯の間に物が詰まって痛い

歯と歯の間によく物が挟まっていたところが、一昨日から痛み出し、できるだけ歯を削らない治療をしていると職場の人に紹介され、まうな歯科医院に来院されました。何もしないときは痛みがないのですが、食事でかむと、挟まり、詰まって右下が痛みました。噛むと痛いので、右下では食べられなくなっていました。

お口の中を拝見したところ、右下に2本虫歯がありました。

右下の奥から4番目は、ほっぺた側に大きな穴があき、歯と歯の間には、仮のセメントが詰めてありました。セメントと奥の歯の間を診査してみますと、食べ物がちょうど入りやすい隙間ができてしまっていました。仮のセメントなので、歯と歯の間がゆるんで、食べ物が入りやすい状態になっていました。

右下の奥から3番目の歯は、歯と歯の間から虫歯になっていました。上から見たところ虫歯の穴は見えませんが、歯と歯の間には穴があいているため、歯と歯の間がゆるくなり、ものが入ると、むし歯の穴に入り込み、とりずらくなり、食べ物が挟まったままになり歯茎に炎症を起こし、歯ぐきに痛みが出ていました。

まずは、クリーニングして、挟まった異物をすべてきれいに取り除き、洗浄、消毒し、むし歯の治療をし、食べ物が入り込んで歯ぐきを痛めている状態を改善させました。

神経まで達していないむし歯でしたので、神経は保存し、白い詰め物で治しました。

歯と歯の間の虫歯を放置すると、虫歯が進むだけでなく、つまったままの食べ物により歯茎が悪くなり、炎症を起こし、歯茎が腫れることもあります。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから。

クリーニングについてはこちらから。

杉並区まうな歯科医院/できるだけ歯を削らない治療まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約