TOP

電話

'

タグアーカイブ: ひどい虫歯

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:ひどい虫歯で前歯が折れた症例

 

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:ひどい虫歯で前歯が折れて、無痛治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の真ん中の歯がひどい虫歯で折れてしまっていました。

小さい歯でも特殊な治療で残すことができますが、歯茎の下まで虫歯が進むと抜歯しなければならないこともあります。

長い間、歯科医院に行くことができずにいましたが、勇気を出して来院されました。

虫歯を放置してしまうと、先生から怒られるのではないかと余計に行けなくなり、見せるのが恥ずかしい状態になり、悪循環でした。

今回治療すれば、まだ神経を残せる歯や、抜歯しないですむ歯がありましたので、残せる歯から治療開始していきます。

右の茶色い前歯は、1回の治療で、つめて白い歯にできました。

全体が虫歯の方は全部治療と思うと大変そうですが、簡単にできる治療もありますので、一つ一つ、治療していけば、まうな歯科医院に来院される度に、歯が良くなっていくことを実感できれば、通いやすくなると思っております。

歯医者に行くと、自分の歯がきれいに変わるということで、モチベーションも大切にしています。根の治療は、歯の中がきれいになるのですが、治療中は仮の詰め物のままなので、治療が進んだ実感が得にくいので、理解が必要です。1回しか来れなくても、来ただけ、1本でも残せる歯を増やすことを心がけています。歯を1本失うと、どうしてもデメリットがあります。失う歯を少なくするために、歯をできるだけ削らない治療を実践し、神経をできる限り残すよう努力をし、歯を保存するようにしています。

神経をできるだけ残す治療には、ドックベストセメントMTAセメントなどがあります。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q:保険診療は行っていますか?

A:はい。各種保険取扱・急患随時受付けております。

当日は必ず保険証をお持ちください。保険証は毎月確認させていただきます。

保険診療は健康保険制度に沿って行います。初診時は五千円前後(3割負担、治療内容により異なります)

ご予約がない場合、ご予約の方が優先となりますので、予約状況によってお待たせする場合がございます。お時間、ご予定のある方は、あらかじめお声かけ下さい。

ご予約はこちらから。     03-5335-7915

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

まうな歯科医院 評価

杉並区在住 女性:

治療でとてもこわい思いをしてから20年以上歯科には

来ていませんでした。

私の口腔内はボロボロ。HP(ホームページ)を見て、ここならと思い

勇気を出してお願いしました。

7か月通いましたが、おかげさまですっかり良くなり、

ホワイトニングもお願いしたので、ボロボロだった私の口腔内は

見違えるようになりました。

自分の歯で、しっかりかめるって すばらしい。

ありがとうございました。

IMG_3935-e1576656921195-1024x554のコピー

まうな歯科医院の評価/口コミ

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院の評価 and tagged ,

荻窪患者さん日記:全部虫歯で歯がほとんどない

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:重度のひどい虫歯で、歯がほとんど無くなってしまいました。歯を見られるのが恥ずかしくて、ますます歯科医院に行けなくなってたところ、友人の紹介で、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、上の前歯3本、奥歯1本、下の前歯3本ほどは、歯の形がありましたが、他の歯はすべて、残根といって、根だけになってしまっていました。歯科治療が恐くて、歯科医院に行けず、だんだん奥歯から歯を失っていき、前歯も徐々にかけて、無くなっていきました。最近、さらに前歯がかけて、折れてしまったので、とても気になっていました。

重度ひどい虫歯

とりあえず、仮の入れ歯を入れると、歯は早期に回復します。その後、治療を相談の上、決めて行きます。どんなに歯がなくても、入れ歯は作製できます。残せない歯は抜いておいた方が、安定します。歯の根だけになっていても、残せる歯は、根の治療をして、被せて残します。

インプラントができないと言われた方でも、インプラントの専門医では、骨を増やして、インプラントができる可能性もあります。ご相談してみてもいいと思います。

奥歯が何本か残せれば、固定式のブリッジができる場合もあります。

ひどい虫歯は、早い方が、入れ歯にならない可能性があります。来院された方は、何かできることがあると思います。保険治療、自費治療に関わらず、放置よりは、治療を開始した方が、残せる歯を残すようにし、QOL(生活の質)をあげられる可能性があります。勇気を出してご相談ください。

ドクター渡辺へのメール相談はこちらから→>>

ご予約はお電話またはメールにて受付ております。

当日のご連絡やお急ぎのご連絡はお電話にてお願い致します。 03-5335-7915

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:左上奥歯のひどい虫歯

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:40代妊婦 左上奥のひどい虫歯

左上の奥歯がひどい虫歯で歯医者が苦手で、放置してしまい、妊婦になり、右上の真ん中の前歯が欠けてしまい、夫と姉と父の紹介で、まうな歯科医院に来院されました。

今まで歯科医院で、一度も優しい先生に当たったことがなかったそうで、家族に、優しいと説得され、頑張ってまうな歯科医院に来院されました。

前歯は大きくかけていましたが1回で白いつめものを詰める治療になりました。

左上に奥歯は、神経ぎりぎりでしたので、できれば神経を残して型を取るタイプの詰め物になります。

左下にも、大きな虫歯があり、根の治療をして、歯を残す治療をします。

右下の前歯にも虫歯がありましたので、1回でつめる治療になります。

早く来院すると、簡単な治療で済む歯が多く、少しでも楽になり、歯を残せる確率も上がります。今まで来れなかったことを後悔するのではなく、今から治療すれば、この先放置するよりずっといいのです。今回、治療の1歩を踏み出せてよかったと思います。

歯をできるだけ削らない治療はこちらから。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:歯医者にこわくて行けない

 

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:歯医者がこわくて10年ほど、歯医者に行けずに、虫歯を放置してしまっていました。前歯が折れたため、こわくない歯医者さん、怖くても通えそうな歯医者さんを調べてまうな歯科医院に来院されました。

まずの目的は、歯科医院に通えるようになることです。長年放置した虫歯は、1回では治りませんので、残せる歯を残すためには、ずっと歯科医院に通えるようになるために、歯科恐怖症の恐怖心や、心配事を和らげるよう、信頼関係を作っていきます。もし万が一痛かったら、我慢しないことが大事なことをお話ししました。我慢すると、通えなくなります。通えるようになるために、できるだけ快適に過ごしていただけるよう、痛みは極力おさえます。

お口の中を拝見してみますと、前歯が2本折れていました。折れていても、ある程度の歯質が残っていれば、虫歯を取り除いて、根の治療をして、土台を立てて、歯を残せる場合もあります。どうしても土台が作れず、抜歯になる歯もありましたが、治療することで、残せる歯をたくさんあります。

通院すれば、前歯を入れることも可能です。通院して、1回で治せる小さい虫歯もあります。残せる歯から、治療を進めていきます。残せない歯は、後回しにして、残せる歯、前歯が霧になる場合は、優先して治療していきます。虫歯のひどい方こそ、QOL(生活の質)の向上を目指します。

通えるようになることで、歯が少しづつきれいになり、噛めるようになっていきます。

ひどい虫歯の治療は、保険も、自費もあり、選べます。保険治療でも何かできることがありますから、お力になれればと思っています。

初回は、検診と練習からでも大丈夫ですので、マイペースで通えます。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

 

Dr渡辺への相談はこちらから。

荻窪南口まうな歯科医院/歯医者にこわくて行けない

 

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:上の前歯がかけて無い

 

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:

30代女性:上の前歯がかけて、無い。

歯科恐怖症で、歯医者に行けず、年数がたってしまい、前歯がなくなってしまいました。

お口の中を拝見してみますと、前歯のうち、残せそうな歯もありましたので、レントゲンで検査して、根の先に膿がたまった歯は、まず根の治療をし、土台をたてて、白い歯をかぶせることにしました。残せる歯は、抜歯しないで、できるだけ残します。

白い歯をみせて笑えるようになるよう基礎治療からきっちりしていきます。

どうしても残せない、小さい歯だけは、抜歯し、できるだけ入れ歯にならないよう極力考慮します。

 

 

ひどい虫歯

こわがりの方は、最初は練習から、徐々に慣れて、通えるようになるよう応援します。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

ひどい虫歯の症例/荻窪南口まうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪南口まうな歯科医院の患者さん日記:ひどい虫歯、歯周病

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:50代 女性 ひどい虫歯と歯周病

ひどい虫歯で、かえって歯科医院に行きづらくなってしまい、20年ぶりに歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、奥歯は小さい根だけになっており、前歯も何本か小さくなり、ほとんどすべての歯が虫歯になっていました。

まだ残せる歯がありましたので、抜歯よりも先に、今なら残せる歯や、今なら神経を残せる歯の治療から始めました。抜歯の歯は、数年後に来ても抜歯という治療内容は変わりませんが、ぎりぎり残せる歯を今回治さなければ、抜歯しなければならない歯になってしまうかもしれません。残せる歯は、早期に治療開始する必要があります。

 

ひどい虫歯と歯周病

 

歯磨きもうまくできていないようでしたので、プラーク(磨き残し)がべったりついており、新たな虫歯を作ってしまう状態でした。どうしたら歯に歯ブラシがあたってプラークが取れるかを少しづつお伝えしていきます。歯肉の腫れは、正しい歯ブラシでも、かなり改善します。歯のクリーニングも行っています。

真ん中の右上の前歯は、今は、前歯があるように見えますが、虫歯があり、ほっておくと、隣の前歯のように折れてしまう可能性が高い歯でしたので、治療の優先順位が高く、見た目にも一番目立つ歯で、神経を残せ、1回でつめるだけですむ歯だったので、まず、真ん中の右上の前歯から、白い詰め物で詰める治療から始めました。

1本でもきれいになると、モチベーションが保て、治療完了に向けて、がんばれる一歩になると思いますので、最初の治療は、大切だと思っております。

1回できれいに治る歯もあれば、数か月根の治療がかかる歯もあります。いきなり数か月の治療を始めると、終わりが見えない感じがします。ある程度、進んでから、時間のかかる治療にとりかかるように工夫しています。

すぐ抜歯してもいいと思っている方、抜歯は怖くて相当抵抗のある歯科恐怖症の方、人それぞれですので、お話しして、できるだけご希望に沿って治療を進めていきます。

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:前歯が虫歯で大きな穴があいた

 

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:前歯が虫歯で大きなあなが開いてしまった。

歯医者が苦手で、怖くてずっと行けなかったところ、前歯が虫歯になり行かなくてはとうい気持ちになり、検索して、歯科恐怖症の人も通っているまうな歯科医院に来院されました。

初診時は、口を開けて笑うこともできない状態で、左の差し歯がなくなり、放置していて、右の歯も虫歯でかけ、なくなってしまったとのことでした。ひどい虫歯のうち、歯の上の部分が完全になくなっていて、歯茎の中に埋もれてしまっている小さい歯は抜歯になりそうでした。奥歯は左右3本づつ歯がないのですが、インプラントは嫌で、金属のばねがついた入れ歯も抵抗があったので、ウェルデンツか金属のばねがないおしゃれ入れ歯(ノンクラスプデンチャー)など、を検討されていました。

 

お口の中を拝見してみますと、前歯は、まだ残せる状態で、レントゲンで、神経には達していない虫歯でしたので、前歯は大きくかけて、黒くなっていますが、1回でつめるだけで、見た目を回復できる状態だと診断しました。前歯を1回で自然にきれいに詰めるには、アステリアの詰め物がよいです。

とにかく痛いのが苦手で、麻酔も痛みがこわいとのことでした。できるだけ痛みがないよう、表面麻酔を塗り、麻酔液はあたためて、痛みを感じにくいように配慮しています。

こわがりの方、初回は、検診から気楽にご相談にいらしてください。

Dr渡辺への相談はこちらから

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左上の前歯がとれた 53歳女性

荻窪駅南口まうな歯科医院の患者さん日記:左上の前歯がとれた。53歳女性

歯医者が大変苦手で緊張しやすく、痛みに弱いため、なかなか歯科医院に行けずにいたところ、左側の真ん中の前歯がとれてしまい、怖がりでも通える優しい歯医者さんと聞いてまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の前歯は土台ごと、根の中にさしてある心棒ごと、とれてしまっていました。前歯は虫歯で、茶色くなってしまっていました。左下の奥歯も穴が開いていました。歯医者に行かなくてはと思いながら、行けず、さらに怒られるのではないかと、行きにくくなっていました。

勇気を出して、来院されたので、これをきっかけに、虫歯を治せるよう、通えるよう応援します。いつもピンチはチャンスとお話しします。前歯がとれたピンチをきっかけに、他の歯も歯を治せ、歯を残せるチャンスになるのです。

こわがりの方でも、練習しながら、マイペースで通えるので大丈夫です。お声掛けしながら、ゆっくりだんだん慣れてきます。いままで歯医者に通えなかったのに、初めて歯医者に通えるようになったという方が多くおられます。頑張りを応援し、サポートします。

 

ひどい虫歯がありましたが、歯を残せそうでしたので、虫歯を染め出す検知液で染めながら丁寧に取り除き、新しい土台をつめて、土台の型を取り、かぶせて、前歯を作ります。

前歯は、目立つので、セラミックの前歯でしたら、透明感があり、自然で違和感が少ないものです。ジルコニアセラミックは丈夫できれいです。

荻窪南口まうな歯科医院/歯科医院苦手でも通える/歯科恐怖症

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

メール相談・予約