TOP

電話

'

タグアーカイブ: ひどい虫歯

患者さん日記:奥歯がかけた

荻窪の歯医者 荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左下がお昼ご飯を食べていたら、かけた。29歳 女性

左下の奥から2番目の歯が、お昼ごはんを食べている時に、かけてしまい、荻窪駅南口すぐにあった女医さんが治療しているまうな歯科医院に来院されました。左下の奥から2番目の歯は、今までに2回ほど腫れたことがある歯でした。腫れは、しばらくすると引いて、疲れた時などに、腫れていたので気になっていた歯が、今回かけてしまいました。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯の手前側の歯との間がかけて、大きな穴があいていました。レントゲン検査をしてみますと、神経の治療が以前にしてあり、神経のない歯でした。根の治療は小学校のころにしたままだそうです。中が虫歯のため、歯が欠けてしまいました。根の先に膿があり、腫れを繰り返しているので、根の治療をして歯を残すことになりました。

詰め物を外し、虫歯を取って、根の治療を始めました。根の中を診査してみると、手前の頬側の根管(MB根:神経の入っている細い管の1つ)に知覚が残っていて、一部生きていました。細い管に細菌が感染してしまっているので、根の先に膿がたまり、それが、時々歯茎に出てきて、腫れる状態でした。根の中を消毒して、感染の原因をきれいにすると、根の先の膿がなくなり、歯茎の腫れもおさまります。今回は、虫歯で歯が欠けたのをきっかけに、根の治療もして、根本的に治しました。

根の治療については、こちらをご覧ください。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:根の治療のセカンドオピニオン

まうな歯科医院 患者さん日記 : 左下の何度もやりなおしている根の治療についてのセカンドオピニオンをご希望され、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯の頬側の歯ぐきが腫れて膿が出ていました。

7年前に神経をとる治療をしてありましたが、数年前に腫れ、根の治療を再度行いました。2か月前から、また歯ぐきが腫れ、歯が浮いたような感じがしてきました。

近所の歯科医院に行ったところ、今すぐに根の治療をもう一度やる必要があると言われました。

もしくは、抜いてブリッジにすると言われました。

 

根の治療は、長時間かかり、首が後ろ向きに倒れ、唾がたまり、苦しい思いをしたことがあるので、苦手で、根の治療をしなくてもなんとかならないかと、セカンドオピニオンに来院されました。噛んでも痛みがないので、そのままにしておいてもいいものかどうか、また再発の恐れはないのかとの不安があったそうです。

精密なレントゲン検査をしてみますと、根の治療をした跡があり、根の先に膿がたまっている透過像がありました。根の二股に分かれている部分(分枝部)にも黒い影が認められました。

根の治療は、繰り返すほど、成功率が落ちます。保険の根の治療を何度もやっても駄目な場合、また再発するリスクは高まります。根の治療についてはこちらをご覧ください。

そういうリスクの高い根の治療の場合は、根の治療の専門医に根幹治療をお願いすると、歯を残せる可能性、成功率が高まります。再発が不安な場合、通常の根の治療では残せない難治性の歯を残したい場合、ご希望の方は、根の治療の専門医をご紹介いたします。

根の治療の専門医まうな歯科医院/荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

荻窪患者さん日記:前歯のまん中が黒くなって気になる

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:上の前歯のまん中が黒くなってきて、気になるので、優しく、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口に中を拝見してみますと、前歯が黒ずんでいました。古い詰め物が変色して、虫歯にもなっていました。まず1番黒くなっている右側の前歯を1本新しい白い詰め物で1回で詰めなおし、きれいにしました。まん中の歯、2本は、裏から詰めてありましたので、表側はけずらず、裏から治療することになりました。裏から治療する方が、難しいのですが、表側を1度削ってしまうと、そのうち、詰め物が変色すると、歯が、つぎはぎしたように見え、審美性が劣るので、長期間美しさをできるだけ保てるよう、表側に虫歯がなければ、歯の裏から治療をしています。

前歯の上の方に、小さい豆のようなものがありました。これは、フィステル(ろうこう)と呼ぶもので、神経が死んでいる時にみられる事があります。レントゲンで確認してみますと、前歯の根の先に2本、黒い影(透過像)がうつっていました。前歯の神経が死んで、腐ってしまい、根の先に膿がたまり、膿の出口が、歯ぐきのところに豆のようにできていました。これは、歯の裏から根の治療をして、腐ってしまった神経の入っていた管を掃除して、消毒しきれいにします。膿がなくなると、歯ぐきの豆のようなもの(フィステル)も消失します。裏から、詰め物をして、治療完了となります。

神経が腐ってしまっていたのに、気づかずにいたのですが、歯科医院で見つかりました。神経が腐っていると、麻酔をしなくても、しみません。麻酔がなくても、全く痛みを感じない状態になっています。噛むと痛い等の症状が出る場合もあります。

まず、黒ずみの前歯の虫歯をきれいに治してから、歯の裏から、根の治療を開始しました。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:虫歯で悩んでいる

まうな歯科医院 患者さん日記:虫歯が多く、悩んでいる  20代 男性

虫歯が多く、悩んでいたため、ひどい虫歯の治療を行っている荻窪まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、神経まで達する虫歯が複数本あり、虫歯で過去に2本抜歯して、抜いたままになっているところもありました。ひどい虫歯を放置していると、怒られる歯医者があるそうですが、勇気を出して来院されたのですから、ほめられるべきです。来院を無駄にしないよう、歯を1本でも多く残せるよう、極力削らないですむように、治療していきます。

一番気になるのは、上の前歯が真っ黒で、無くなってしまっていることでした。真ん中の左側の前歯は、ひどくしみて痛みがありました。物が当たると、ひどく痛みがあり、神経まで虫歯が達していたので、歯を保存するため、根の治療をすることになりました。表面麻酔をしてから、痛みをできるだけ感じないよう麻酔の液をあたため、麻酔をしました。

無痛治療についてはこちらをご覧ください>>

根の治療と同時に、虫歯を除去してその日のうちに、詰め物で、審美的に気にされている見た目を回復させました。前歯がなかったので、白い詰め物で、仮に作りました。仮の詰め物を施しながら、根の治療を行います。

奥歯にも複数の虫歯がありましたので、歯を保存できそうなところ、神経を残せそうな歯から、優先的に、虫歯の治療を進めていきます。少しでも、歯を残せるよう、治療を進めます。

荻窪まうな歯科医院/ひどい虫歯の治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:前歯がない

まうな歯科医院 患者さん日記       30代女性 前歯が無い

歯科医院に行くと放置したことを怒られるのが怖くて、歯科医院に行けず、5年前から前歯が無いままになっていました。

レントゲン等で、検査したところ、上の前歯のうち、2本は虫歯が歯茎の下から、さらに骨まで達していて、歯が小さすぎて、保存不可能と思われました。ほかの前歯は、神経が死んでいましたので、根の治療をして、歯を残せば、土台を立てて、かぶせられそうでした。

下の前歯は、すべて虫歯ですが、白い詰め物で1回でつめるだけで 治療できそうでした。残せる歯は、できるでけ歯を残し、神経が残せる歯は、できる限り神経を残して、治療します。

すべての歯が虫歯ですと、どこから始めていいか分からない方が多いのですが、一番効率のいい、見た目を早く回復できる方法をご提案させていただきます。上の前歯から始め、その後は、神経を残せる歯を優先的に治療していき、歯をより良い状態で残せるよう治療を進めます。

まずは上の前歯から虫歯の治療と、歯を保存するための根の治療を行いました。

できるだけ歯を削らない治療はこちらをご覧ください>>

東京荻窪南口まうな歯科医院/前歯がない/ひどい虫歯の治療/無痛治療/東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:ひどい虫歯

患者さん日記:ひどい虫歯で前歯がかけた。

ひどい虫歯でついに前歯がかけたとの事で、ご友人の紹介で無痛治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

こわがりで、削る音などこわくて仕方がないとのことでした。はじめは練習からスタートし、慣れてきてから治療に入ります。

お口の中を拝見してみますと、右上の真ん中から2番目の前歯がかけて、穴があいていました。神経には達していないようでしたので、1回で詰めるだけですみそうでした。ほかの歯を診てみますと、左上の犬歯の裏側に大きな穴があき、レントゲンで診査すると、神経に達する大きさのむし歯でした。犬歯の一つ後ろの歯も、歯と歯の間に穴があいていました。お話を伺うと、大きな穴のある犬歯の方が、痛みがあるとのことでした。痛くならないと、怖くて歯医者に行けないとのことで、すぐ行くと軽く、早く終わるのは分かるのですが、怖くてなかなか来れない方は意外に多いものです。せっかく来院されたのですから、この際、むし歯をすべてなおして、残せる神経や残せる歯は、1本でも多く治すことをおすすめします。

まうな歯科医院では、怖がりでも通える環境を提供したいと考えております。マイペースで通っていただければと思います。

ひどい虫歯の治療例>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

ブリッジとは?

ブリッジとは、なんでしょうか?

固定式で、前後の歯を削って被せて、歯のないところ(欠損)に新しい歯をつける方法です。

<<入れ歯との違い>>

①取り外さない。

②固定式で、自分で外すことはない。

③入れ歯のように大きくないので違和感が少ない。

④前後に歯がなければできないなど、適応がある。

⑤固定源になる歯を削る必要がある。

⑥自分の歯に近い形態のため、自然である。

⑦インプラントのような手術がいらない。

 

ブリッジは、セラミックなど白い物を使用すれば、見た目も自然で、歯が無いとは分からない審美的に満足のいくものも可能です。審美歯科では、ブリッジは、治療期間が短く、選択されることもあります。型を取って、合わせて(試適して)、完成になるので、小さいブリッジは2,3回で治療が完了する場合もあります。日常的に、歯のないところを、美しく治す方法としてよく使用されています。オペがいらないので身体の負担が楽で、入れ歯のような違和感や痛みが無いのも、人気の理由です。虫歯がなければ、神経を取らずに、かぶせることが可能なこともあります。

保険のブリッジは、銀を使用するため、審美的には劣りますが、費用面をあまりかけず、歯のないところを修復することができます。保険のブリッジは、保険制度に沿って、歯を削る本数が決まります。

前後の歯もひどい虫歯の場合などは前後の歯をかぶせるので、前後のかぶせとつなげるだけで3本の歯が入り、ブリッジの適応となります。

ブリッジは、歯を失った人が最も多く選択しています。

最近では、自由診療のインプラントや入れ歯、ウェルデンツ、ヒューマンブリッジなども選択肢になりました。入れ歯もばねの目だたないおしゃれ入れ歯があります。

東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1階まうな歯科医院/ブリッジとは

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科 and tagged ,

メール相談・予約