TOP

電話

MTAセメントができない症例

荻窪駅南口まうな歯科医院:MTAセメントのデメリット

 

MTAセメントのデメリット>

拍動性の痛み(自発痛)があるときは、使用できません。

神経が痛んでしまう歯髄炎を起こしてしまうと、神経をとらなければならないことがあります。

MTAセメントは100%神経を残せる薬ではありません。

効果の持続性がドックベストセメントに劣る。

色が不透明。

MTAセメントには、適応があります。

 

<<MTAセメントができない症例>>

1 ズキズキ強い痛みがある症例:

MTAセメントで、ズキズキ痛くて眠れない歯の神経を残せるでしょうか?

ズキズキ強い痛みのある歯は、歯髄炎(神経の炎症)をおこしてしまっているので、根の治療をすることで、猛烈な痛みがとれます。痛みを我慢して無理に残しても、後日、神経が死んでしまうことがありおすすめできません。

2 神経が死んでしまっている症例:

神経が死んでいるということは、神経がくさってしまっているので、MTAセメントは生きた正常な神経を残すための治療のため適応ではありません。MTAセメントではなく、根の治療をして歯を保存する治療になります。

3 歯が割れてしまっている症例:

割れ方にもよりますが、縦に二つに根の先まで割れてしまうと、歯が保存できないこともあります。小さく欠けただけの歯は、MTAセメントの適応になることもあります。

4 虫歯が歯茎の下まで進んでいる症例:

歯茎の下まで虫歯が進んでいると、MTAセメントが詰められず、密閉できないので、適応ではありません。歯茎の下の程度にもよりますが、あまりお勧めできません。

5 刺激に強い反応がある症例:

水を飲んでも痛くて、息を吸っても痛い。水が飲めないくらい痛い。うがいができないくらい痛い。これらの症状は、既に虫歯の菌が神経に入っていて、歯髄炎(神経の炎症)をおこしている可能性があります。後日、根の治療になる可能性があります。

強くしみる場合でも、知覚過敏でしたら、知覚過敏の治療が可能ですのでご相談ください。

6 着色のみの表層だけのむし歯:

小さすぎる表面だけの虫歯の場合、MTAセメントをつめるスペースがないので、歯を削るのはもったいないです。再石灰化を期待し、クリンプロ歯磨き粉やフッ素やレーザーが適応になる事があります。

 

MTAセメントは、「何も刺激がないときに痛みが無い歯」の神経の保存に効果的です。

MTAセメントについてはこちらから。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちらから。

 

荻窪南口まうな歯科医院/MTAセメント

荻窪 まうな歯科医院|荻窪駅徒歩1分

日付:   カテゴリ:情報 and tagged ,

 

メール相談・予約