TOP

電話

荻窪患者さん日記:左上の奥歯が時々腫れる

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左上の奥歯の内側の歯ぐきが、時々腫れて、腫れた時は歯みがきをすると痛いとのことで、できるだけ歯を削らない治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左上の奥歯には、金属のかぶせ物が入っていました。確かに内側の歯茎は、ぶよぶよとした感じで、最近腫れたあとがありました。

レントゲン検査をしてみますと、この歯は過去に神経の治療がしてあり、神経のない歯でしたが、根の先に黒い影がうつっており、根の先の骨が吸収してなくなっているため、膿がたまっている可能性がありました。根の先の膿が歯茎に出てくると、豆のように、膿の出口ができて、歯茎が腫れることがあります。その場合は、根の治療をやり治す根の再治療が必要になります。根の中の細い管を全て消毒して、感染源を除去することで、症状が改善します。根の形は複雑なため、このように、神経を取った後、歯茎から膿が出てくることもあります。根の再治療は膿がなくなるまで続けるため、何回かかかります。一度根の治療をしているのに、うまくいかなかった歯であるため、治療は困難なこともありますが、うまく膿がとまりますと根の治療が完了し、またかぶせます。

根の治療の症例はこちらから。

まうな歯科医院/根の治療

荻窪 まうな歯科医院|荻窪駅徒歩1分

日付:   カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記

 

メール相談・予約