TOP

電話

中断してはいけない歯科治療って?

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さんの疑問:中断してはいけない歯科治療って?

Q:中断してはいけない歯科治療とは、どんなものがあるのでしょうか?(優先順位の高い順)

No1:根の治療の中断

中断すると最も抜歯になりやすい治療です。中断すると、歯の寿命はかなり短縮します。失った歯の数や場所により、インプラントや取り外しの入れ歯になるリスクもあります。

根の治療中は、歯の中心部に穴がいており、根の先とつながっており、仮詰めが取れた時に、ばい菌が根の先に行き、膿がたまりやすい状態です。一度根の先に膿がたまると、根の治療の成功率は大きく落ちてしまいます。

また、仮詰めが取れて、歯の中央部が露出すると、象牙質で比較的柔らかい歯の中心部からの虫歯の進行が早く、神経もないため、気づいた時には、残った歯が小さすぎて、抜歯になるくらい虫歯が進んでしまうこともよくあります。

根の治療中は中断してはいけません。その歯を失う覚悟が必要です。歯を残すために1ヵ月以内には受診しましょう。

 

No2:型どりをしてから仮詰めの中断

型をとれば、次回できてきたものを入れて治療完了になります。今までしてきた治療が、完了する大事な治療です。あと1歩でその歯の治療が終わろうとしているところです。治療完了しますと、その歯は、安定します。

最後の1回を行かずに、中断すると、型をとったら、すぐ外してそのまま入れられるよう、くっつきやすい物などで簡単にとれる仮詰めなので、もちません。型を取ってから時間がたつと、せっかく作った詰め物が合わなくなります。

1か月以内には、出来上がったものを入れるのが理想です。

 

 

No3:虫歯の治療前の中断

治療をまだしていない虫歯がある場合、早いほど、歯を削る量が少なくすみ、歯の寿命が長くなります。

神経を残せる歯は、すぐに治療して、1回か、2回で治療を完了させ、歯の寿命を延ばしましょう。神経まで達していても、神経が腐って歯が膿をもつ前ならば、治療回数が比較的少なくすみます。根の先に膿がたまると、長期治療が必要になってしまいます。

できるだけ歯を削らない治療をおすすめしますので、早期治療がよいでしょう。

 

No4:入れ歯の調整中の中断

義歯の調整中は、まだ入れ歯にあたりがあったり、かみ合わせの細やかな調整が必要な時期です。不調は我慢せず、かめるようになるまで、調整してもらいます。

 

No5:痛い時の放置・我慢

 

No6:腫れ

 

歯科治療放置しても大丈夫ですか?答えはこちらから。

荻窪まうな歯科医院/中断してはいけない歯科治療

荻窪 まうな歯科医院|荻窪駅徒歩1分

日付:   カテゴリ:お知らせ, 歯のはなし and tagged

 

メール相談・予約