TOP

電話

ひどい歯槽膿漏:重度歯周病の治療例 30代男性

35歳男性

ひどい歯槽膿漏で、歯のほとんどがぐらぐら揺れていて、出血も見られました。初診時、揺れているので、前歯が固定されている状態でした。ぐらぐらしているので歯がすべて抜けてしまうのではないかと心配になり来院されました。

ストレスが多く、くいしばりや歯ぎしりが多く、歯の負担も過大なものとなっていました。

 

初診時    初診時   重度歯周病

多量の歯石がついているので、見た目も黒く、むし歯のように見えました。黄色い歯石とプラークで覆われた歯は黄ばんで見えます。膿も出ていました。

 

白い歯に

mauna dental clinic

 

クリーニングの初期治療から始め、歯ブラシが上達し出血がなくなってから、どうしても残せない歯を抜歯し、被せ物による かみ合わせの総合的治療を行いました。必要な部分には、外科的歯周病治療を行いました。垂直性骨欠損部には骨組織再生治療を行います。

エムドゲインを使用した歯周組織の再生治療があります。

くいしばりに対しては、マウスピースを使用することで、歯やあごを過大な力からコントロールしています。

歯周病治療についてはこちらをご覧ください

ドクターへのメール相談>>

 

 

リスク:マウスピースを使用しないと歯根破折リスクがあり、治療効果には個人差があります。治療には適応があります。

(費用と注意事項)

荻窪(東京)まうな歯科医院/歯周病治療まうな歯科医院/東京都杉並区荻窪BOSCO荻窪1F

荻窪 まうな歯科医院|荻窪駅徒歩1分

日付:   カテゴリ:症例集 and tagged

 

メール相談・予約