TOP

電話

お知らせ

子供の口腔崩壊 東京で3校に1校

口腔崩壊と考えられる児童がいた学校の割合が、東京歯科保険医協会が都内で調べたところ 38%と、3校に1校で、口腔崩壊している児童が存在しました。理由は、経済的困窮や病院に行く時間がないことなどが考えられます。

口腔崩壊とは、虫歯が10本以上あったり、歯の根しか残っていない未処置歯が何本もあったりする状態を指します。学校現場でも問題になっています。

全国でも、口腔崩壊の子がいた小学校は、40%、中学校は33%、高校50%、特別支援学校は45%くらいでした。検診で要受診となっても病院に行けない子どもの割合は小学校52%、中学校66%、高校84%程で、受診していない児童・生徒は約26万人に達していました。担当者はせっかくの検診が早期発見、治療に役立っていないと分析しています。

乳歯は生えかわるから虫歯を放置してもよいと誤解をしている人がいたり、歯がおれて、歯ぐきだけで食べている児童もいるといいます。乳歯が虫歯になっていると、お口の環境が悪いので、永久歯も虫歯になりやすいです。同じお口の環境では、永久歯も、同様に虫歯になり、口腔崩壊にいたる確率が高まります。小さい虫歯のうちに、治しておくと、痛みもなく、治療される本人も楽です。年齢により、お子様だけでの通院も可能です。

定期健診についてはこちらをご覧ください

~東京新聞~

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき

患者さん日記:左下の奥歯が3日前痛かった

荻窪の歯医者 荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:左下の奥歯が3日前から痛かったので、ご主人様の紹介で荻窪駅前にあるまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の奥から2番目の歯の後ろ側の歯と歯の間に穴があいていました。レントゲンで、神経に近い大きさの虫歯であることが分かりました。神経をできるだけ残す治療を行います。神経に近い虫歯があると、虫歯の菌が神経にすでに入っているため、神経を残せないリスクがあります。特殊なお薬を使用して、殺菌力のある薬で神経を保護するようにして、セメントをつめ、できるだけ神経を残すように治療します。大きな虫歯になってしまった場合、100%神経を残せるとは限りませんが、できるだけ残すよう試みます。

できるだけ痛くないよう表面麻酔を塗布してから、あたためた麻酔液で麻酔をして、虫歯の治療を行います。できるだけ無痛治療を心がけています。虫歯が神経までは達していなかったので、神経を残せると思われました。ドックベストセメントを使用して、殺菌力と神経を保護するせめんとを用いて、セメンをと詰めました。

大きな虫歯の場合、かぶせものになることもありますが、今回は、かぶせず、アンレーという詰め物で歯をできるだけ削らずに治療することにしました。かぶせると、歯の全体を覆うので、丈夫なのですが、歯の全体を一層、削らなければならないという欠点があります。一度削ってしまった歯は2度と戻せませんから、極力削らない治療をおすすめします。

子供のころに入れた保険の銀歯を白くしていきたいとのことでした。銀歯は、外して、白い詰め物に変えていくことができます。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

ファイバーコア

グラスファイバーの土台:ファイバーコア

根の治療が終わった後入れる土台は、歯の穴を埋め、補強し、かぶせるための大事な基礎になります。グラスファイバーで作る土台は、丈夫です。

土台は、以前は歯より硬くて強いからと言って、金属で作っていましたが、歯より硬い金属で作ると、過度な力がかかった時に金属が折れず、歯が割れると抜歯になってしまいます。そこで、歯より弱いレジンを使うようになりました。土台が折れるのでまた土台からかぶせを作りなおすことができます。しかし、レジンでは弱く土台自体が折れてしまうので、レジンより強い、グラスファイバーの土台(ファイバーコア)で作るようになりました。

グラスファイバーは丈夫で、歯と同じ弾性係数なので、歯とたわむ具合が近似しており、歯の方も折れにくく、今はグラスファイバーの土台が主流になりました。歯との接着もよく歯と一体型になるので、より丈夫な土台と言えます。グラスファイバーはメタルフリーで、白い色なので、金属色が歯ぐきに透ける心配もなく、ジルコニアセラミックなど土台が透けるかぶせ物にも向いています。

杉並区荻窪まうな歯科医院/ファイバーコア/グラスファイバー

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科 and tagged ,

患者さん日記:右下の奥歯が腫れた

荻窪の歯医者 荻窪まうな歯科医院の患者さん日記:2週間前から、右下の奥歯が腫れて、他も、痛い気がすると、友人の紹介でまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみると、右下の奥から2番目の歯がの頬側の歯ぐきが腫れて、膿の袋ができていました。5年前に根の治療をしたことがあるとの事です。

歯は痛みが無く、かんでも痛くありませんが、歯ぐきを触ると痛い状態でした。レントゲンで診査してみると、根の先に膿があるようで、透過像(黒くうつるレントゲン像)がみられ歯の根の先のあたりの骨が溶けていました。歯の中に埋めてある土台が、歯の根の深いところまで入っており、土台を取るのが難しそうでした。根の治療をするには、かぶせを外し、土台を外して、以前根の中につめたものをすべて取り除き、感染歯質をとりのぞき、消毒しなければなりません。

根の治療は、根の治療の専門医にご紹介することもできます。専門医は、根の治療だけを行うドクターで、他の虫歯の治療等は行いません。根の治療だけを専門にしており、保険では抜かなければならないような難症例の根の治療を自費で行っており、全国の歯科医師の先生からの紹介の患者さんを担当します。まうな歯科医院では、チーム医療を行っており、ご希望の場合は、根の治療の専門医の先生と連携しております。通常の保険での根の治療も行っております。

根の治療の専門医にかかりたいとの事でしたので、連携している根の治療の専門医の先生をご紹介しました。根の治療が終わった後は、こちらで、土台とかぶせもをの入れます。歯のクリーニングもご希望でしたので、クリーニングもしていくことになりました。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:右下の詰め物がとれた

荻窪の歯医者 まうな歯科医院 患者さん日記:右下の奥歯の詰め物がとれた。

1週間前に、右下の奥から2番目の銀歯の詰め物がとれたと、荻窪のまうな歯科医院に来院されました。お口の中を拝見してみますと、右下の奥から2番目の歯は、黒くなって、穴が開いていました。レントゲンで確認しますと、神経までは達していない虫歯のようでした。

虫歯になったために、10年以上前に入れた銀歯が外れてきたようです。虫歯がありましたので、虫歯をとると、古い詰め物は合わなくなるた、新しく作ることになりました。

できるだけ痛くないように、表面麻酔を使用し、麻酔液をあたためて麻酔をしました。

麻酔が効いてから、古いセメントをとり、う蝕検知液で、染まったところだけを、必要最低限、取り残さないように、虫歯の感染歯質だけをていねいに除去していきます。

検知液で赤く染めては、水洗し、赤く染め出された感染歯質のみを除去する治療を繰り返し、虫歯の菌が感染している部分だけをとりのぞいたところ、神経は残せました。殺菌作用のあるドックベストセメントををおいて、神経保護するお薬をおいて、セメントで神経を保護します。ドックベストセメントができない症例はこちらをご覧ください。

形を整えて、型を取ります。虫歯を除去した日は、神経の近くを刺激するので、麻酔が切れたころに、少し痛みが出やすい状態です。これは、神経が充血して、圧力が高まるためですが、充血がおさまると、痛みが引きます。痛みが治まれば、神経は残せます。

次の予約で出来上がった白い詰め物をつめて治療終了になります。

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:前歯が取れたが、恥ずかしくて歯科医院に行けない

まうな歯科医院 患者さん日記:

左の前歯がとれてしまい、勇気を出してまうな歯科医院に来院されました。お口の状態がひどく汚いと思い、恥ずかしくて3年間歯医者に来れなかったそうです。

お口の中を拝見してみますと、左上は、歯がない部分があり、いくつか治療が必要な個所はありましたが、恥ずかしいというほどひどい状態ではないとこをお話ししました。もっと早くこれば良かった。もし今回、前歯が取れなかったら、ずっと行けないところだった、とのことでした。

前歯は、土台ごと折れてしまっていました。残った歯は小さく、通常、抜かなければならないかもしれない状態でした。

とれた前歯を応急的につけ審美的に回復させました。つけるだけでは、土台ごと折れていましたので、きちんとかめる状態にするには、土台からやり直し、かむ力に耐えられる強い土台を入れてから、かぶせることになります。歯が小さいので、そのままでは土台を入れられない大きさでした。

土台を入れるために、歯を引っ張り出して(エクストルージョン)、歯茎が覆いかぶさってしまった小さな歯をだして、精密な型をとれるようにします。隣りの歯に、ワイヤーなどで固定し、少しづつ引っ張り出します。丈夫な土台をいれてから、かぶせなおします。

できるだけ歯を削らない治療について>>

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:左下の詰め物がとれて歯の間にはさまる

荻窪の歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:左下の詰め物が3日前にとれて、歯と歯の間につまってしまい気になるとのことで、奥様のご紹介で荻窪のまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、左下の一番奥の歯は、親しらずで、親知らずの詰め物がとれて、詰め物が取れたすき間に、食べ物が詰まっていました。取れたものはなくしてしまいありませんでした。親知らずは、抜く場合もありますが、この親知らずは、まっすぐに生えており、上には入れ歯が入っていて、噛んでいました。親知らずを抜きたくないとのことで、再度、詰め物を新しくいれることにしました。形を整え、型を取り、新しく詰め物を作ることになりました。大きな虫歯はなく、セメントがあり、少し形を整えるだけで、麻酔がなくても、しみませんでした。かぶせると、歯を削ってもったいないので、かぶせずに、詰めるだけにします。この親知らずは、保存し、残せます。今まで、腫れたり、痛みが1度もなかったことと、歯ブラシがきちんとあたっていて、プラークコントロール・清掃性も良好だったことも、親知らずを残せた一因です。

後日、型を取った歯に、新しくできてきた小さい詰め物をいれて、親知らずの治療は2回で終了しました。

自分では、どうしても磨き残してしまう部分がありますので、治療終了後は、定期的な専門的な歯のお掃除をおすすめします。クリーニングの頻度は、個人差がありますが、4か月に1度が理想と言われています。

詰め物が取れて荻窪のまうな歯科医院へ

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

患者さん日記:右下でかむと痛い

荻窪まうな歯科医院 患者さん日記: 右下の奥歯でかむと痛い。

右下の奥から4番目の歯で噛むと、激しい痛みがあり、歯の下の歯ぐきを押すと、痛みがありました。押すと痛い場所は、奥から4番目の歯のちょうど根の先あたりで、膿がたまっている可能性があります。

レントゲン検査をしてみますと、右下の奥から4番目の歯の周りには、黒い影(透過像)がうつってみえました。黒い影は、本来骨があるところの、骨がなくなっており、黒く映ります。黒い影が、根の先にある場合は、根の先の膿がうつっている状態です。さらに、とんとんたたいて痛い打診痛もあり、歯の根の先の痛み(根尖部圧痛)もあったため、根の治療を行うことになりました。

神経はすでに無いので、麻酔しなくてもしみることはありません。

歯をできるだけ削らないように、歯の上に小さな穴をあけて、神経の入っていた細い管に到達すると、やはり、膿が出てきました。膿のにおい、腐敗臭がします。洗浄し、細い器具を使って、根の治療をていねいに行います。根の治療は、歯を保存するための治療で、膿が止まるまで行うため、何回か回数がかかります。数回で終わることもありますし、膿が多量の時は、時間がかかることもあります。

根の治療についてはこちらをご覧ください。

まうな歯科医院の根の治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

大田黒公園 紅葉見頃

杉並区の大田黒公園が報道ステーションで11月24日に紹介されました。

大田黒公園は、木の立派な門を入ると、銀杏並木が続き、黄色の絨毯のようになり、中に入ると、まさに赤で、見事な紅葉です。日本庭園のようで、川の流れや池があり、錦鯉が泳いでいます。中央線荻窪駅前のまうな歯科医院から徒歩10分弱です。

2017年は、12月3日まで、夜間ライトアップが行われていました。12月3日、黄色の銀杏も、赤い紅葉も、見頃でした。

まうな歯科医院    D3DFE767-63A7-4D68-8C8D-16B997A1CA69

お近くにお越しの際は、是非、紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

普段は、朝 9:00から16:30まで公開しており、無料です。

近くの角川庭園と合わせて、お気に入りスポットです。

まうな歯科医院

東京都杉並区荻窪まうな歯科医院/テレビで紹介/報道ステーション大田黒公園

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:歯科医のつぶやき

患者さん日記:しみる

荻窪のまうな歯科医院 患者さん日記:全体がしみる。

寒い季節になると、口の中、全体がしみる感じがしてくるとのことで、歯周病も心配で、ご主人の紹介で、荻窪で歯周病治療を行っているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、全体的に歯石やプラークがついており、歯茎の腫れもみられました。虫歯が出来ていて、しみる場合もありますが、プラークがついているとしみることもあります。虫歯が無くてしみる知覚過敏の可能性もあります。

プラーク(歯垢)や歯石がついていると、虫歯が隠れてしまって見えない場合がありますので、はのクリーニングをして、歯をきれいにして、虫歯がかくれていないか確認します。虫歯が無いのにしみている場合は、プラークが原因の場合があります。プラークが原因の場合は、クリーニング後、不思議としみなくなります。プラークは、ばい菌のかたまりですので、砂糖がくると、酸を出し、しみることがあります。

知覚過敏は、歯のエナメル質の下の象牙質が露出している場合に、虫歯と思うくらい、キーンときつくしみることもあります。知覚過敏の処置で、薬でコーティングすることでしみなくなることが多いです。しみるのが強い場合は、白い詰め物で、詰める方法もあります。

知覚過敏についてはこちらをご覧ください

歯周病の予防は、定期的なクリーニングを行い、、歯ぐきの下に歯石がたまっている場合は、歯肉縁下という歯ぐきの中の歯石をとる歯周病治療を行います。

知覚過敏/まうな歯科医院

 

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約