TOP

電話

お知らせ

荻窪患者さん日記:妊娠中の歯科治療

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:マタニティ歯科

妊娠中に、親知らずが痛くなり、妊婦さんの友達に話を聞いて、まうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右下の親知らずの周りの歯茎が赤く腫れてただれたいました。

妊娠中は、妊娠性歯肉炎といい、ホルモンバランスの変化から、歯周病菌が増殖し、歯肉炎をおこしやすい状態になることがよくあります。いつも以上に、定期的なクリーニングを行うことが妊娠性歯肉炎を予防につながります。つわりで歯ブラシを奥に入れられない、酸っぱいものが食べたくなることなどの影響もあります。

妊娠中の歯科治療で大切なことは、治療中、痛みや、気分が少し変だったりしたときに、我慢しないことです。妊娠中は、お腹の赤ちゃんに最大限の配慮が必要です。基本的に確認のためのレントゲンや、全体のレントゲンの撮影は、極力控えています。母子のために、安定期の治療をおすすめしますが、やむおえず痛みや腫れなどでお困りの時は、診療しています。臨月で、詰め物がとれることもあります。必要があれば対応しています。妊娠中は、不必要な薬の服用も極力控えることをおすすめします。薬が必要な場合は、かかりつけの産婦人科の先生に服用してもよいかどうか伺います。薬が積極的に使えないので、抜歯はしないことが多いです。

通常の局所麻酔は使用できることが多いです。安定期に、虫歯や、応急処置は行えます。

精神的にストレスをかけない方がいいので、極力、無痛治療にし、精神的、身体的に負担の少ない治療をリラックスしていただいて、無理せず、我慢せず、行います。

右下の親知らずは、汚れがたまり、炎症を起こしていましたので、親知らずの周りをきれいにクリーニングしました。通常は抗生物質を服用するのですが、妊娠中でしたので、消毒に頻繁に通ってもらい、薬を使わず、消炎処置を行いました。抗生物質は殺菌しますが、お口の中の細菌を減らすことも有効ですので、全体のクリーニングも行います。特に、親知らずの周りを清潔にし、必要があれば、かみ合わせもみます。上の歯が下の親知らずの周りの歯茎に食い込んで痛いこともよくあります。この場合は、上の歯が歯茎にささらないよう処置します。

荻窪まうな歯科医院/マタニティ歯科/妊婦検診/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q : 歯をあまり削らない治療法はありますか?

A :はい。ドックベストセメントを使用した治療、3MIX-MP法など特殊な薬剤を使用した治療法があります。

ドックベストセメントについては、こちらから

その他、つめるか、かぶせるかなど、選択肢があるとき、できるだけ歯を削らない方法をお勧めしています。一度、かぶせた歯は、もう戻すことはできません。歯の全体を削るのは、虫歯が大きいためつめられない時、歯の破折のリスクがあるとき、歯質が小さ過ぎるためかぶせるしかない場合の最終手段と位置付けています。前歯が黒くなっていても、かぶせずにつめるだけで治せる場合は、まずはつめるだけの歯を極力削らない方法をお勧めしています。健康な歯はできるだけ削らない方がおすすめです。

できるだけ歯を削らない治療についてはこちらから

荻窪南口まうな歯科医院/よくある質問

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

患者さん日記:詰め物が取れたままの歯が痛くなった

まうな歯科医院 患者さん日記:

右上の歯の詰め物がとれたまま放置していた歯が5日前からしみ始め、一昨日から激痛があり、歯医者がとても苦手なのですが、会社の歯医者嫌いの同僚に相談して、まうな歯科医院の先生は優しいと紹介され、勇気を振り絞って来院されました。

お口の中とレントゲンを拝見してみますと、右上の奥から3番目の歯の詰め物がとれ、とれた所から虫歯が進み、大きな虫歯になってしまい黒くなっていました。打診といって、とんとんすると、右上の奥から3番円の歯だけ、痛みがありました。上の歯と下の歯をかみ合わせるだけでも痛いそうです。何もしなくてもズキズキ激しく痛んでいました。

痛みをとりたいとのご希望でしたので、無痛麻酔をして、麻酔が良く効いてから、虫歯の治療をはじめました。虫歯は神経まで達しているため、痛んだ神経を消毒し、根の治療をすると、楽になります。

麻酔は、まず表面麻酔の塗り薬を塗布してから、通常より細い針を使い、温めた麻酔液を使用し、極力痛みがないように施術します。

根の治療は、歯を残すための治療です。根の治療を中断すると、今度は歯を抜かなければならなくなることもあります。

根の治療について>>

虫歯が神経まで達していなければ、ドックベストセメントなど特殊な薬を使って、神経を残せる場合もあります。

ドックベストセメントについてはこちらをご覧ください。

歯をできるだけ削らない治療まうな歯科医院/

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q:歯医者さんに行くのがこわいのですが歯科恐怖症でも大丈夫ですか?

A:はい。歯科治療がこわい方は沢山来られます。音が苦手な方、麻酔が苦手な方も多いです。練習から始め、慣れてからゆっくりマイペースで治療に入れますので、ご安心ください。今まで歯科医院に通えなかった方も、通えるようになって、治療を初めて完了できた方も多く来院されています。初診時に冷汗をかいておられた方が、慣れてくると治療中に寝てしまう方もおられます。

痛みに配慮したできるだけ痛くない治療・無痛治療を行うようにしております。

無痛治療についてはこちらをご覧ください。

一度、歯科検診にいらしてご相談ください。1回目に治療をするかしないかは、ご希望によります。

早い方が、早く治療がすみます。長期間歯科医院に行けず、そのままにしていた方、今、ご相談ください。小さい虫歯は1回ですみます。早い方が、治療も楽にすみます。早くきれいになりましょう。

ドクター渡辺へのメール相談はこちらから→>>

ご予約はお電話またはメールにて受付ております。

当日のご連絡やお急ぎのご連絡はお電話にてお願い致します。03-5335-7915

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

患者さん日記:銀歯を白くしたい

20代 女性:銀歯を白くしたい

特に痛みはないのですが、銀歯が笑うと光って気になっており、白いかぶせ物に変えたくて、母親にまうな歯科医院を紹介され、来院されました。ホワイトニングにも興味があるとのことでした。

お口の中を拝見すると、犬歯の隣の銀歯が目立ってしまっていました。銀歯は年齢が上に見えてしまい、アンチエイジングの逆の効果が出てしまう事もすくなくありません。銀歯が外せないと思ってあきらめていたそうですが、お母さまが白い歯になり、できれば天然の歯のように白くしたいとご希望でした。

銀歯は、確かに自分では外せませんが、歯科医院では、いつでも外せます。

土台や中の歯がむし歯などのトラブルがなければ、型を取り、次のときには白い歯が出来上がってきて入れることも可能です。仮歯が必要な時は、先に仮歯をおつくりしてから、治療に入ります。ご希望に沿って治療開始いたします。

詰め物で治すとき、かぶせ物で治すときなど、お口の中を拝見して、できるだけ歯に優しい治療をご提案させていただいております。材質もハイブリッド、セラミック、ジルコニアなど、審美性の高い材質をお選びいただけます。

審美歯科はこちらから→>>

東京荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

患者さん日記:数十年ぶりに歯科受診

職場の歯医者が苦手な友人にまうな歯科医院を紹介され、20年ぶりに歯科医院に来院されました。

まうな歯科医院の症例集はこちらから。

お口の中を拝見し、レントゲンなどで診査してみると、神経に近いくらい大きな虫歯が複数と、中等度の歯周病がみつかりました。

神経に近い虫歯は、神経に達していなければ、神経を残すことができます。神経を残せると、1回から2回で治療ができ、歯を削る量も最小限で済みます。できるだけ神経を残せるよう、ドックベストセメントや3MIXーMP法などの特殊な治療を用いて、神経を保護する薬を置いて神経を残すことを試みます。痛みが落ち着きましたら、神経を残して、詰めるだけですむことがほとんどです。神経に近い虫歯は早めに治療すると神経を残せる可能性が高まります。(ドックベストセメントについてはこちら

痛みが出てしまったり、神経まで虫歯の菌が入ってしまっていたら、根の治療をして、歯を残す治療を行います。根の治療は、1回では終わらず、何回かかかります。根の治療を中断すると、残せるが歯が残せなくなることもありますので、根の治療中は、1か月以内に通院し、中断しないようにすることが、歯を残すために重要です。

同時に、歯ぐきの治療を行いました。

歯ぐきの検査をしたところ、上の奥歯に歯周病で歯の周りの骨が溶け始めているところがありましたので、これ以上進行しないよう、歯を残せるよう、歯のお掃除、歯周病治療をむし歯治療と同時に行うことしました。年数が経ちますと歯石がとても硬くなり、歯ぐきに炎症が起きていることが多いです。炎症のある腫れた歯ぐきは触れると痛いので、痛くないよう、とても優しい超音波を使用し段階的にクリーニングします。

クリーニングはこちらから。

歯ぐきが熟れた苺のように赤く腫れていると、掃除の器具が触れるといたいため、歯ぐきの上の歯石だけを1回目にとり、ブラッシングも行ってもらい、発赤(歯ぐきの赤み)がとれて、炎症が引いてから、歯ぐきのキワのお掃除をします。その後、歯ぐきの下の歯石(歯肉縁下歯石)がある場合は、歯ぐきが引き締まって、歯石が見えてきてから、そっと除去すると、痛くなく歯周病の原因になる歯石を取り除けます。

歯ぐきの腫れについてはこちらから

超音波も30段階の調整が可能な最新式のものですので、優しく歯石除去が可能です。

歯周病治療はこちらから

歯科検診についてはこちらから

よくある質問はこちらから

東京都杉並区荻窪5-28-4BOSCO荻窪1F/荻窪南口まうな歯科医院

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

よくある質問:Q&A

Q: ホワイトニングはどれくらいの期間がかかりますか?

A: 歯のホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類あります。

*ホームホワイトニングは、家でご自分でトレーに薬を入れて2時間ほどトレーを装着していただきます。個人差がございますが、毎日装着するとだいたい1か月くらいで効果が出ます。

*オフィスホワイトニングは、2~3回のご来院で効果が出ます。

*コンビネーションは、1回オフィスホワイトニングをしてから、ホームホワイトニングを始めますと、効果が早くでて、早くホワイトングが終了します。お急ぎの方は、ホームとオフィスのコンビネーションをご用意しております。

ホワイトニングの治療例はこちらから

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:よくある質問 Q&A and tagged ,

患者さん日記:前歯がかけた

まうな歯科医院 患者さん日記  前歯がかけた

右上の真ん中から2番目の前歯の一部がかけてしまい、鋭利にとがっているのが気になっていたのですが、そのままにしていたところ、最近痛みがでてきたとのことで、友達に紹介され、まうな歯科医院に来院されました。

できるだけ削らない治療をご希望でした。前歯がかけると、詰めるだけで治せれば、ほとんど歯を削ることはありませんが、神経がある歯にかぶせて治療する場合は、歯を大きく削らなければならない場合もあります。

お口の中を拝見し、診査したところ、虫歯になって前歯がかけていました。虫歯は、神経に達していなかったので、神経を保護する薬(ドックベストセメント)をおいて、つめて治療することになりました。前歯は目立つ場所で、見た目が大事ですので、色と耐久性にすぐれたアステリアの材料を使用し、1回で白くつめるのをご希望されました。

アステリアについてはこちら>>

アステリアは、1回で終了し、従来のコンポジットレジンより、見た目がきれいで、長持ちするのが特徴です。治療後は、定期検診に通っていただき、着色を除去し、カラーメインテナンスを行います。

荻窪まうな歯科医院/歯をできるだけ残す治療/歯をできるだけ削らない治療

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

ユニクロ流接遇セミナーに参加

ユニクロのここがすごい。

「全店・全スタッフが、同じことを徹底する力がすごい。」

細かいサービスを全員が実践できるように、全社員に徹底されている。ベテランの人も、新人アルバイトまで、全員がサービスできるようシステムが出来上がっている。

なるほどと参考になる講習会でした。歯科医院とユニクロは共通点があるそうです。久保先生ありがとうございました。早速、朝礼で、スタッフに一部を伝えました。

電話応対や対面応対で、不快感を与えることなく、快適に過ごしていただける最高のサービスを目指します。まだまだ至らないですが、日々、上を目指して、レベルアップを目指したいと思います。お気づきのことは、shika@maunadental.com まで是非お知らせください。

快適な空間、癒される空間の歯科医院を提供するべく努力します。

ユニクロ流接遇

最高のサービスを目指して

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:勉強会 and tagged ,

患者さん日記:学校検診で乳歯の抜歯が必要

まうな歯科医院 患者さん日記:小学校の検診で、むし歯はなかったのですが、乳歯の後ろから永久歯が生えてきているため、乳歯の抜歯が必要と言われたとのことで、女医さんが小児歯科を行っていると同級生に聞いて、まうな歯科医院に来院されました。検診では、歯ぐきの炎症も見てもらうように記載があったとのことでした。

お口の中を拝見しみてますと、右上の奥から3番目の乳歯の下から、永久歯が生えてきていました。下に永久歯が生えてきているのに、乳歯がいつまでも抜けないと、永久歯が、曲がって生えてしまったり、歯並びが悪くなる不正咬合の原因となることもあり、抜けない乳歯を抜歯する必要があります。

バナナの香りの表面麻酔を塗り、時間をおいてから少し麻酔をしました。その後は、すぐに乳歯はとれました。少し出血するので、ガーゼをかんで止血確認して終了となります。

乳歯の根っこが片側だけ残っていたりしますと、根の無い方に永久歯が傾いていき、曲がって生えてしまうことがあります。

歯ぐきの炎症は、プラークがべっとりついていましたので、まうな歯科医院の歯ブラシで、専門の歯科衛生士さんと一緒に磨き方を練習し、クリーニングをし、歯石や着色をきれいに落としました。歯ブラシ指導のときは、新しい歯ブラシの色を選んでいただき、使用後は差し上げています。

定期検診はこちら>>

mauna dental clinic  ogikubo maunashika

荻窪 歯医者/歯科【まうな歯科医院】荻窪駅南口 徒歩 1分

日付:  カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged

メール相談・予約