TOP

電話

荻窪患者さん日記:歯を抜きたくない

荻窪駅南口にある歯医者まうな歯科医院の患者さん日記:歯を抜きたくない。

右下の一番奥の歯が、腫れて、近所の歯科医院に行ったところ、抜歯して、インプラントか、両側の歯を削ってブリッジにするしかないと言われ、できるだけ歯を残す治療をしているまうな歯科医院に来院されました。

お口の中を拝見してみますと、右下の一番奥の歯に、金属のかぶせ物が入っていました。

レントゲン検査では、根の周りの、親知らずとの間、奥の方の骨がとけてなくなっていました。歯の周りに膿があり、歯の奥の方の骨が吸収してなくなっている状態でした。このままでは、歯の保存は難しい状態でした。かぶせを外して、根の中を消毒して、掃除する根の治療を行います。根の治療は、歯を残すための保存治療です。途中で中断すると、深いところから虫歯になったり、難治性の細菌が入り込んだりして抜歯になることもありますので、通える時にやるほうが良いです。根の治療は膿が止まるまで消毒と、清掃を繰り返します。膿がとまれば、早く終わることもあります。歯により、数回から、3か月くらいかかることもあります。

根の治療をして、歯がある程度の大きさがあれば、歯を保存することができる場合があります。

できるだけ歯を削らない治療はこちらから

根の治療の症例はこちらから

荻窪 まうな歯科医院|荻窪駅徒歩1分

日付:   カテゴリ:まうな歯科医院 患者さん日記 and tagged ,

 

メール相談・予約